トップページ > トピックス

UNION HEROESの最近のブログ記事

DOSHISHA SPORTS UNION HEROES ① 細見和史さん

| トラックバック(0)

相手に向かっていく気持ちを忘れない

 

同志スポーツユニオン・ウェブサイトでは、活躍された、また現在活躍中のOBOGの皆さんを紹介するシリーズ、「DOSHISHA SPORTS UNION HEROES 掲載することにいたしました。

1回は、細見和史さん(1996年商学部硬式野球部)です。現在関東同志スポーツユニオン常任幹事として活躍されていますが、皆さんご存知のとおり、1995年秋のドラフト会議横浜イスターズから1指名を受け入団したあの細見さんです。現在不動会社にお勤めです。そんな細見さんに野球との出会い、同志大学活躍された頃の話、現在心境など語っていただきました。

 

#+238.jpg小学2年生の時に2歳上の兄と一緒少年野球チームに入ったのが野球を始めたきっかけです。4年生からしか入部できないのですが、自分もどうしても入りたいとお願いして特別1人だけ2年生から入れてもらったのです。

少年野球や、中学での野球は、チームが強かったというイメージはあまりないですね。と言うより弱かったです(笑)。あまり試合で勝った記憶がありませんから。少年野球の頃は、特別練習ラウンドもなく、加茂河川でただ夢中でボールを追っかけていました。冬場になると練習は、サッカーラグビー駅伝大会でした。だから弱かったのかも・・・。でもその頃のランニンのおかげで、基礎体力がついたと思います。

勿論、小さい頃からずっとプロ野球選手になりたいと思っていました。

 

高校京都立北嵯峨高校です。甲子に行きたいという目標もありましたが、文武両道でやりたかったので公立高校を選びました。当時嵯峨甲子にも出場し、公立高校では強い学校でしたので。野球部の練習は休みが正月3が日ぐらいしかなかったのが辛かったです。でも1番の思い出は3年生の夏に甲子へ行けたことですね」。

 

1991年、高校3年の夏の京都大会で6試合登板し4完封、62三振防御0.00を記録甲子出場初戦秋田高校戦で惜しくもサヨナラ負けを喫した。

 

高校卒業後は大学進学希望でした。そんな中、光栄にも同志大学からお誘いをいただきました。断る理由はありませんでした。硬式野球部に入部した時は、1年生まで全員ベンチ入りするほど部員数が少なく、本当全員野球でした。そんな中、泥臭い野球をしていました」。

 

同志大学では通算18勝14敗、238三振防御2.02という成績を納めた。

 

硬式野球部のランニンの多さには、驚きました。恩師、チームメイトにも恵まれました。それが成績に繋がったと思います。1度だけでしたが、関西学生野球リーグで優勝を果たしたことは印象に残っています。

大学時代に知り合った人達、野球部は勿論、他部の人とも今でもお付き合いがあります。特に、ラグビー部・相撲部などは合宿が隣でしたので、非常に仲がよかったですね」。

 

1995年秋、同志大学では田尾安志さん(元プロ野球選手中日阪神楽天イーグル初代監督野球解説以来ドラフト1位指名逆指名)を受け、1996年、横浜イスターズに入団した。

 

大学年間、常にドラフト1位を目指してやっていましたので、実際指名された時は非常に嬉しかったのを覚えています。

野球を通して得たことは、ピッチャ一番大事なのが相手に対して向かっていく気持ちです。今も社会でその気持ちを忘れずにやっています。そして、小さい頃は「お山の大将」でしたが、野球を通してチームワーク大切さ、協調を学んだと思います。

硬式野球部だけではなく、同志大学体育会の皆さんには、「同志社の名を全国に轟かせてください」と言いたいです。

私は、大学卒業後ずっと関東在住ですので、なかなか同志スポーツユニオン本部のお役に立てることがありませんでしたが、私にできることがありましたら、ぜひ協力させていただきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします」。                   (談)

 

さて、ここで『週刊ベースボール』(ベースボールマガジン発行2010/5/3号に掲載された細見さんのインタビュ記事を、ベースボールマガジン社のご好意によりPDFファイル転載させていただきます。

 

細見さん記事.pdf 

 

同志スポーツユニオンの皆さんの中にも、輝かしい競技経験がありながら競技に別れを告げ、社会の中で新たなキャリアを積み上げ、新たなフィールド活躍されている方の何と多いことでしょう。

細見さんも5年前にプロ野球選手引退し、不動へと転身されました。その業界のトップを目指すかたわら、野球を通して何かをしたい、野球底辺活性したい、野球の楽しさを教えていきたいと野球への熱い思いを語っておられる細見さん、ぜひこれから頑張っていただきたいと思います。同志スポーツユニオンとして何かお手伝いできることがあれば、ぜひさせていただきたいと思います。

細見さん、お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

編集同志スポーツユニオン編集局長 鷲江京子