トップページ > トピックス

2020年12月アーカイブ

田中希美選手(スポ健3)が陸上女子5000mで東京オリンピック代表に内定

| トラックバック(0)
12月4日、日本陸上選手権・長距離種目 東京五輪代表選考会がヤンマースタジアム長居(大阪)で開催され、田中希美選手(スポ健3)が女子5000m東京五輪代表に内定しました。
関連のWEB記事により田中選手の活躍の様子を紹介いたします。
田中選手が今後さらに研鑽を積まれ、東京オリンピックで実力を存分に発揮されますよう願っております。

日刊スポーツWEB「田中希美が五輪内定 広中璃梨佳との直接対決制す」
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202012040000370.html

デイリースポーツWEB 田中希美 五輪代表内定「まだ実感わかない」
https://www.daily.co.jp/general/2020/12/06/0013917423.shtml

朝日新聞WEB 同志社大3年の田中選手 五輪内定を学長に報告
https://www.asahi.com/articles/ASNDJ71YVNDJPLZB005.html

IMG_0416.jpg

同志社大の田中選手(スポ健3)


2020年10~12月『同志社スポーツ』(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
10月2日
10/2 陸上日本選手権女子1500m決勝初優勝田中希美(スポ健3)8月に同種目14年ぶりに4分5秒27の日本新記録樹立。最初は3~4番手につけ600m付近からスパートし追随を許さない圧倒的な走りで、4分10秒21でゴール。ともに豊田自動織機所属の後藤夢(スポ健3)が3位に入り、レース後互いの健闘を讃え合った。男子400mハードル決勝進出の畑浦佑亮(スポ健4)は50.80秒で7位。
https://www.daily.co.jp/general/2020/10/02/0013750525.shtml

10月4日
10/4 近畿フィギュアスケート選手権男子優勝友野(スポ健4)、5位森口(商)、6位辻村(商3) 女子4位 籠屋(商2)、17位藤(社2)、20位吉川(商3) 9位以内は10/29開催の西日本選手権へ
10/4 西日本学生相撲選手権1部団体リーグ4位、個人3位デミデジャムツ(神2)
10/4ハンドボールSubstitute match 2020 女子19-18 立命、同男子 19-16 京産大 ともに3連勝
10/3 陸上日本選手権女子800m 4位田中(スポ健3)1500mとの2冠ならず

10月9日
在学中に西日本学生相撲選手権3位、インカレ27年ぶり団体3位などに貢献したバックトクトホ・トゥルトクトホさん(2020社卒)(モンゴル ウランバートル出身)がこの度大相撲の伊勢ノ海部屋に入門し9月に新弟子検査に合格、十一月場所でデビューします。しこ名は荒馬。皆さん応援よろしくお願いします。http://doshisha-su.heteml.jp/topics/2020/10/post-367.html
https://www.nikkansports.com/battle/column/sumo/news/202009210000132.html

10月14日
10/11 全日本ボート選手権エイト優勝 NTT東日本 櫻間達也(R1法卒)出場
10/11全日本大学自転車競技女子スプリント2位 松井優佳(スポ健3) オムニアム3位 天野壮悠(商1)
10/11関西学生ボウリング秋季個人選手権2-1近大 先週に続き近大に勝利
関西学生野球(硬式)
10/11 3-0京大
10/12 2-5 京大

10月17日
10/17 全日本大学自転車競技大会ロード男子個人競技学連の部2位天野壮悠(商1) 創部以来の快挙!
関西学生フェンシング交流試合
10/16 男子フルーレ優勝(写真)
10/17 男子エペ優勝 明日男女サーブル戦
10/17 関西学生バスケットリーグ男子 86-71 神医福大
10/17 関西大学ラグビーAリーグ交流戦 35-12 関大
10/15 関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ 7-4 立命 立命に2連勝

10月19日
10/18 関西学生フェンシング交流試合女子サーブル優勝、男子サーブル準優勝(写真)
10/18 関西学生アメリカンフットボールリーグ 13-55 関学大
10/18 関西学生バスケットボール1部リーグ 58-59 龍谷大
10/18 関西大学バレーボール女子3部リーグ 0-3 佛教大
10/17 秋季全関西学生ライフル射撃選手権 AR60M 1位前泊(商1) AP60M 1位佐藤(スポ健4)秋季全関西女子学生ライフル射撃選手権 AR60W 1位𩜙平名(社2)

10月24日
10/24 関西大学ラグビーAリーグ交流試合 54-21 近大
10/24 関西学生野球 2-1 立命 立命から2年ぶり白星
10/24 関西学生バスケットボールリーグ 65-52 関大
10/24 関西学生サッカー秋季リーグ 2-1 阪南大 今季初勝利
10/23関西学生陸上競技対校選手権 男子400mH優勝畑浦(スポ健4) 女子棒高跳3位小林(3) 男子800m 3位橋本(スポ健3) 女子七種競技800m1位坪井(心4)女子10000m 2位外所(同女4) 3位下岡(1) 男子総合4位 女子総合8位

10月25日
10/25 関西学生野球秋季リーグ1-3 立命 4勝6敗で4位
10/25 関西学生バスケットボール男子1部リーグ 75-43 大経大
10/25 関西大学バレーボール女子3部秋季リーグ 3-2 京都華頂大 男子1部秋季リーグ2-3 京産大
10/25 ソフトボール令和2年度男子統一リーグ 1-9 神戸学院大 秋リーグ3連敗
10/24 木南道孝記念陸上女子800m優勝田中希美(スポ健3)転倒しゴールに倒れ込むも勝利

10月31日
10/31 西日本学生レスリング選手権フリー男子70キロ級優勝佐長(スポ健2) フリー男子61級キロ3位市橋(法4)
10/31 西日本フィギュアスケート選手権シニア男子2位友野(スポ健4)(SP1位もフリー4位で優勝ならず) 同6位森口(商1) 同15位辻村(経3) シニア女子12位籠谷(商2)
10/31 関西学生アイスホッケーリーグ 5-2 関学
10/31 関西学生バレーボール男子1部3-0 関大
10/31 令和2年度ソフトボール統一リーグ 2-9 阪大

11月2日
11/1 全日本学生賞典障害馬術競技大会団体3位(田中・長野・高橋・武道〔写真〕)
11/1西日本学生レスリング選手権フリー男子86キロ級優勝増野(文4) 同97キロ級準優勝實諸(商4) 同79キロ級3位飯沼(スポ健3)
11/1日本学生トライアスロン選手権男子団体5位(西村・原口・粟津)
10/31 日本学生スプリントトライアスロン選手権男子3位朝山 5位岡田 チームタイムトライアル選手権女子優勝(長島・清水・平井) 男子優勝(原口・西村・越智)

11月4日
11/3 全日本学生ヨット選手権470級3位(1位早稲田、2位慶應) スナイプ級5位(1位早稲田、2位日大、3位鹿屋体大、4位東工大)総合3位(1位早稲田、2位日大)470級個人4位續木・東艇。470級は1日目7位の苦しいスタートだったが2日目4位、3日目3位と巻き返し総合3位の表彰台へ。目指した総合優勝には届かなかったが素晴らしい追い上げを見せてくれた(写真:ヨット部提供)
11/3関西学生バレーボール秋季男子 1-3 関学

11月6日
11/3 新潟・デンカビッグスタジアムで日本グランプリシリーズ(陸上)最終戦のデンカチャレンジカップが開催され、グランプリ女子5000mに田中希美(スポ健3)が出場、15分22秒39で2位だった。最後の1週で留学生に離され残念だったが、12/4の日本選手権で優勝すればこの種目での東京五輪出場が内定する。以下はYAHOOニュースWEB
https://news.yahoo.co.jp/articles/c87e024e39f34a4b97ca5d11816e5a5c3fcec63e

11月8日
11/8 全国学生相撲選手権団体8位
11/8 関西大学ラグビーAリーグ 33-31 関大
11/8 関西学生サッカー秋季リーグ0-3 京産大
11/7 関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1トーナメント 17-0 近大 今季初白星
11/7 関西学生女子サッカー秋季リーグ16-0 兵教大
11/7 関西学生ラクロス男子特別大会 29-1 大手前大学・流通科学大学合同チーム
関西大学バレーボール男子1部秋季リーグ8位で終幕

11月10日
11/8 群馬県前橋市で開催の全日本学生自転車競技選手権女子500mタイムトライアルに出場、37秒243で3位に入った(写真:日本自転車競技連盟提供)。11/6には女子スプリントにも出場したが予選5位で準決勝進出はならなかった。松井選手はナショナルBチームに所属。
11/8 関西大学バレーボール女子3部秋季リーグ7位で終えた

11月16日
11/15 全日本大会学生スポーツ射撃選手権10m60ARW優勝目羅渚(スポ健2)10m60AP男子優勝山口(グロ地2)同2位佐藤(スポ健4)10m60AP女子3位國松(文情3)50m60RW4位町田(商3)
11/15 関西大学ラグビーAリーグ53-19 立命
11/14 関西学生サッカー秋季リーグ4-2甲南大
11/14 関西学生ラクロス男子Bリーグ3-4 近大
11/9 西日本大学軟式野球選手権 7-0 (7回コールド勝ち) 記念試合1回のみ実施

11月22日
11/22 関西学生ボウリング秋季リーグ1-2京産大、トータルゲーム数で同志社優勝
11/22 関西学生アイスホッケーリーグプレーオフ最終戦3-4 関大
11/21 全日本新体操選手権男子準優勝 堀(スポ健4 写真左:日本体操協会提供)
11/21 関西大学ラグビーAリーグ49-19京産大 大学選手権出場決定
11/21 関西学生卓球新人大会女子シングルス優勝 三浦(商1)男子シングルス3位 久世(生命1)
11/21 関西学生サッカー男子秋季リーグ2-1 大院大

11月25日
11/24 全日本学生テニス選手権(三重県四日市テニスセンター開催)女子シングルス準優勝、伊藤日和(スポ健3)。11/23 準決勝 2-0(6-2、6-1)平田(慶應大3)、11/24 決勝0-2(0-6、0-6)阿部(筑波大2)。準々決勝で第1シードの松田(亜細亜大4)を、準決勝で第3シードの平田選手を破っての快進撃だった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ebaf2a7e094a6dfd8d9dfb1b2bd137259e476ca (ヤフーニュースWEB)

11月28日
11/28 グランプリシリーズNHK杯フィギュアスケート男子シングル2位 友野一希(スポ健4)SP 83.27 フリー143.35 総合226.62 1位と大差の友野「こんなところでさまよっている場合ではない」と12/24~全日本選手権での雪辱誓う
11/28 関西学生ホッケー大会秋季リーグ女子 3-1 聖泉大
11/22 関西学生氷上競技選手権A級1部男子優勝友野 2位森口(商1)
11/22 全日本実業団アーチェリーRC女子優勝 林勇気(2007商卒)

12月1日
11/29 全日本学生ヨット選手権個人戦470級 大石(社1)・三浦匠(スポ健3)初優勝
11/29 関西大学ラグビーAリーグ順位決定戦 21-54 天理大(写真:同志社スポーツアトム撮影)昨年同様2位。12/13~大学選手権へ
11/29 関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1 13-16 で京大に惜しくも競り負けた。今季1勝2敗
11/29 関西学生ホッケー秋季リーグ 8-0 神戸大。1位で順位決定戦へ

12月4日
12/4 陸上日本選手権・長距離種目 東京五輪代表選考大会女子5000m田中希美(スポ健3)が見事東京五輪代表に内定した。ともに東京五輪参加標準記録を突破した廣中璃梨佳選手に次ぐ2番目の位置に序盤から付け、ラスト1周過ぎてスパート、廣中選手を抜いて5分5秒65の記録で制した。レース後のインタビュー(写真)で「苦しい思いをして勝ち取った権利なので絶対に無駄にせず(五輪まで)力をつけていきたい」と力強く語った

12月6日
12/6 西日本学生レスリング秋季リーグ戦 4-2 大体大、4-3 天理大 4戦4勝 2部リーグ優勝 2部最優秀選手に増野駿(文4)
12/6 関西学生ホッケー男子秋季リーグ戦順位決定戦 3-1 京大 2部優勝!
12/6 関西学生ソフトテニス新人大会 準決勝 女子部田村・岩崎 1-4 竹田・近藤(関大)男子部中西・藤久 1-4 波多野・坊(関大)

12月17日
12/13 全日本空手道選手権女子形優勝大野ひかる(H27スポ健卒) 8連覇を狙った清水希容を下しての快挙。男子形3位西山走(H30スポ健卒)、女子形5位清水那月(R2スポ健卒),、同5位大内美里沙(スポ健1)(写真右大野・左西山)
12/13 関西学生ホッケー大会秋季リーグ女子7位決定戦4-0京大
12/12 関西ソフトテニス3、4年生大会男子準優勝上岡(スポ健3)・三輪(商4)

2020年7~9月『同志社スポーツ』(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
7月6日
7/4 陸上の中・長距離のトップクラスの選手が競う今季初レース、ホクレン・ディスタンスチャレンジ士別大会(北海道)で、女子1500mに出場した田中希美(スポ健3)が日本記録に0秒82と迫る日本歴代2位の好記録 4分8秒68をマークして1位となった。今後ますますの活躍に期待したい。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070400332&g=spo (時事ドットコムニュース)

7月9日
7/8 陸上ホクレン・ディスタンスチャレンジ深川大会女子3000mで田中希美(スポ健3)が8分41秒35で18年ぶりに日本記録を更新。
https://www.excite.co.jp/news/article/SportsHochi_20200708_OHT1T50326/ (スポーツ報知)
15日の同網走大会では本職の5000mで日本歴代2位の自己記録更新を目指し、東京五輪を見据える。https://hochi.news/articles/20200709-OHT1T50090.html (スポーツ報知)

7月16日
7/15 陸上ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会女子5000mで田中希美(スポ健3)が15分2秒62で優勝、自己ベスト更新はならなかったが終始レースを引っ張った。
https://www.kobe-np.co.jp/ne.../sports/202007/0013512499.shtml (神戸新聞WEB)
7月、ラグビーの松井千士選手(H29卒)がキヤノン入り、プロ選手として7人制男子東京五輪代表入りを目指す

7月22日
7/19 京都FAカップ2020第16回京都女子サッカー選手権 第42回皇后杯全日本女子サッカー選手権京都府大会2回戦がアクアパルコで行われ、同志社はバニーズ京都SC flapsと対戦し、2-1で勝利した。次回は7/26(日)10:00~宝ヶ池公園球技場で準決勝が行われ、同志社は昨年1位の明治国際医療大学と対戦する。
https://www.kyoto-fa.or.jp/wp-content/uploads/2020/07/71c68bbcc8075a037ba84e04e5d72ac5-2.pdf

7月28日
7/26 京都FAカップ2020第16回京都女子サッカー選手権 第42回皇后杯全日本女子サッカー選手権京都府大会3回戦(宝ヶ池公園球技場)が行われ、同志社は昨年の覇者、明治国際医療大と対戦、0-2で敗北し決勝進出はならなかった(写真)。しかし、8/1(土)の3位決定戦(アクアパルコ)で勝利し、関西大会への出場を掴みたいと意気込んでいる

8月1日
8/1京都FAカップ2020第16回京都女子サッカー選手権 第42回皇后杯全日本女子サッカー選手権京都府大会3位決定戦がアクアパルコで開催され、同志社は長岡京レディースと対戦し2-1で勝利。この結果、2年連続2回目の関西大会出場を決めた。
https://ameblo.jp/doshisha-soccer-girls

8月7日
10月10日(土)に開催予定の同志社校友会主催「2020年度リユニオン全同志社人ゴルフ大会」は、同志社校友会で協議の結果、各地でのコロナウイルス感染拡大対策と連動し、中止と決定されました。
また、10月25日(日)開催予定の「第17回関東同志社スポーツユニオン総会」は7月以降首都圏での新型コロナウイルス感染拡大のため感染防止の観点からやむなく中止と決定されました。いずれも、ご参加を予定されていた皆様にお詫び申し上げます。

8月24日
8/23 新国立競技場で開催の陸上セイコーゴールデングランプリ女子1500mで田中希美(スポ健3)が4分5秒27をマークし日本記録を14年ぶりに更新した。7月の3000mに続き、日本記録更新は2種目目。「来年は今日みたいにいい走りをしたい」と語った。
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202008230000337.html

9月7日
9/4~6 2020(R2)年度秋季関西学生卓球リーグ戦男子1部リーグで同志社は2008秋季リーグ以来12シーズンぶり13回目の優勝で王座奪回した(写真:関西学生卓球連盟提供)。女子1部リーグでは神戸松蔭女子大学に2対3で惜敗し4勝1敗で準優勝となった。コロナ感染者拡大の影響で開催が微妙な中、男子は3校、女子は2校が不参加となったが、試合ができる喜びを味わえた大会となった。

9月13日
9/5~6 関西学生賞典総合馬術大会で長野天祐(商3)は初日の馬場馬術で出場23選手中10位の厳しいスタート、障害飛越で8位。2日目のクロスカントリーでタイム・障害とも減点0、3競技合計で5位入賞した。関西学生複合馬術大会で幣内結衣(女子大3)が初日馬場で3位に付け、2日目の障害競技ではただ一人減点0で完走し、見事優勝を果たした(写真)。練習や調整が十分にできない中、結果を出せたことはすばらしい。

9月17日
9/11~13 日本学生対校陸上選手権が新潟ビッグスワンで開催され、男子400mハードルで畑浦佑亮(スポ健4・写真)が5位入賞、女子10000mで外所知紗(女子大4)が6位入賞した。

9月19日
9/19 全日本フェンシング選手権男子エペ準決勝宇山(H26 卒)15-12加納、決勝は9/26(土)16:15~対坂本
9/18 全日本学生アーチェリー王座決定戦8年ぶり優勝(写真)、同男子王座決定戦3位
9/17 全日本学生個人アーチェリー選手権男子リカーブ2位大隅(社4)、コンバウンド2位飯塚(商2)。
9/16関西学生ゴルフ男子会長杯優勝生源寺(商4)、3位中尾(商2)。

9月23日
全日本学生カヌー選手権9/20 WK-1 500m優勝佐藤(スポ健3)9/21 WK-1リレー準優勝大田・埋金・吉見・佐藤・山田 9/22 WK-1 200m準優勝埋金(スポ健4)女子カヤック部門準優勝 女子総合3位(写真:アトム提供)
9/20全日本女子サッカー関西大会3-3、PK戦6-5海南FC SHOUT 2回戦へ
9/20近畿北陸学生ヨット選手権個人戦470級大石・三浦1位、平井・板東2位、續木・東4位、スナイプ級黒田・白田1位、澤田・篠原2位、内貴・今村5位 以上インカレ出場

9月26日
本日、9月26日(土)16:15~
全日本フェンシング選手権男子エペ決勝に宇山賢(H26卒)出場 対坂本圭右
決勝戦のLIVE中継はこちらから→http://championship.fencing-jpn.jp

9月27日
9/26 全日本フェンシング選手権男子エペ準優勝宇山賢(H26卒)決勝で惜敗。13-15坂本圭右
9/19-20 全関西学生馬場馬術大会団体3位、関西学生新人馬術大会団体2位、関西学生賞典障害馬術大会団体3位、関西学生馬場馬術A2 2位田中(心4)、関西学生LA障害飛越競技2位武道(スポ健2)、関西学生MC障害飛越競技優勝田中(商4・写真)、関西学生新人馬術競技B班2位 中村(経2)

9月29日
9/28 関西六大学軟式野球リーグ10-3 甲南大、6勝2敗で準優勝。
9/27 近畿北陸学生ヨット選手権団体戦(大津市柳ケ﨑ヨットハーバー) 470級優勝(写真)、スナイプ級3位、総合優勝、9連覇! インカレ優勝を目指す。
9/27関西学生野球(硬式野球)リーグ、対関学2回戦 4-3.連敗脱す

2020年3~6月『同志社スポーツ』(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
3月8日
3/2 2/29から和歌山ボードセイリングセンターで開催の全日本学生ボードセイリング選手権大会対抗戦 団体の部5位。1位明大、2位京大、3位関東学院大、4位関西学院大、5位同志社。2/27 秋田花輪スキー場で開催の全日本学生スキー選手権 女子1部リレー惜しくも表彰台逃4位(写真)。山名(グロ地3)・渡辺(商4)・内田(商3)出場。

3月23日
3/21-22 静岡県掛川市で開催の東京五輪アーチェリー代表2次選考会・女子の部で、1次選考突破の8人が出場、安久詩乃(心理3)が3位に入り、5位までが進める4/11-12開催の最終選考会への出場が決まった。安久選手は同志社女子中学入学後競技を始め、3年で全日本室内アーチェリー選手権中学生以下・女子の部で優勝、高校1年の時からナショナルチーム入りしている。安久選手、東京五輪代表目指して頑張ってほしい!

4月29日
すでにお知らせしましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月16日(土)に開催予定の「同志社スポーツユニオンゴルフ大会」を中止いたしましたが、6月6日(土)に同志社大学寒梅館で開催予定の「執行役員会」および「本年度第1回同志社スポーツユニオン総会」についても同様にやむなく中止とさせていただきます。
一日も早い感染の終息、そして皆さまのご健勝をお祈りいたします。


5月15日
新型コロナ感染拡大の影響下にある同志社大学OB・OGが経営する飲食店および学生を支援するサイトを水泳部OBの岩田雄仁さんがボランティアで立ち上げましたのでご覧ください。題して
「同志社エール飯百撰!」〈お持ち帰り&お届けグルメ〉」掲載店も募集中、皆さまの熱いご支援をよろしくお願いいたします。https://dg.ikkosha.co.jp/


5月26日
会長・理事長挨拶、監督一覧、OB・OG会長一覧、年間スケジュール、優秀戦績クラブ・アスリートのページ更新いたしました。
東京パラリンピックアーチェリー日本代表岡崎愛子さん(同志社出身)記事https://www.parasapo.tokyo/featured-athletes/%E5%B2%A1%E5%B4%8E-%E6%84%9B%E5%AD%90 
「同志社エール飯百撰!」にご支援くださいhttps://dg.ikkosha.co.jp/


6月21日
同志社スポーツユニオンWebサイト「スポーツユニオンとは」に、新たに「関東支部代表者」、「東海支部代表者」、「青年幹事会」のページを開設しましたのでご覧ください。「専門委員会」のページは修正いたしました。http://www.doshisha-su.com/
FNNプライムオンラインに東京パラリンピックアーチェリー代表の上山友裕選手(H22商卒)の記事掲載 https://this.kiji.is/644691511726933089
2020年(令和2年)12月13日(日曜日)に日本武道館で開催された天皇盃・皇后盃 第48回全日本空手道選手権大会において、空手道部OGの大野ひかる(H27年卒:スポ健)が女子形の部で見事優勝を果たしました。2016年2017年は準優勝、あきらめずに地道な努力を積み重ね悲願の初優勝となりました。
また、男子形の部ではOBの西山走(H30年卒:スポ健)が第3位、女子形の部ではOGの清水那月(R2年卒:スポ健)、現役生の大内美里沙(1回生:スポ健)が第5位に入賞しました。

【体育会空手道部HP】
http://www.do-karate.ne.jp/topics/3299/


20201121_1.jpg

(右)大野ひかる選手、(左)西山 走選手


月別 アーカイブ