トップページ > トピックス

【同志社スポーツユニオン新生「青年幹事会」設立総会開催】

| トラックバック(0)
11/24、京都ホテルオークラで新生「青年幹事会」設立総会が開催されました。
各部からは49部、1団体から106名の新生「青年幹事会」委員が推薦され、当日は53名が出席、同志社スポーツユニオン執行役員、各部OB・OG会長あわせて28名とともに会に臨みました。

青年幹事会は2009年(平成21年)1月に各部より平成卒業年代を中心とした今後の同志社スポーツを担うOB・OGをご推薦いただき、「若い世代のOB・OG会活動への参画意識を高め、5年先・10年先の同志社スポーツを支える人材を育成・輩出することを目的」として発足いたしました。その時の主要メンバーは現在各部で中心的存在になっておられます。
今回新たに結成されました新生「青年幹事会」は、同志社スポーツユニオンの組織強化の一環として、5年後、10年後、20年後の同志社スポーツを担っていただくOB・OGを育て、同志社スポーツの未来のため、同志社スポーツ発展のために再び組織されたものです。

1部では豊原洋治会長の挨拶に続き、新井薫子青年幹事会委員長が設立の趣旨を説明、また青年幹事会再結成に向け実施された各部OB・OG会長へのアンケート回答のお礼と結果報告の後、藤原卓也理事長から同志社スポーツユニオンの役員、組織、活動方針、歴史について説明がありました。

2部では、同志社大学体育会長の沖田行司先生から「同志社スポーツの使命」と題して、講話がありました。創立者 新島 襄先生が知育、徳育、体育を同志社教育の指針の一つとし、中でもスポーツが人間形成にもたらす重要な役割について30分にわたり熱く語られました。

引続き、3部懇親会では最初に大島寅夫副会長・フェンシング部OB・OG会長の挨拶・乾杯で、歓談に入りました。

途中、山本大暉体育会本部委員長から今年度の体育会活動について報告がありました。
各部からのアピールタイムには、各部の現役、OB・OGの活躍などが紹介されました。

最後に應援團の楠一登OBの指揮で全員がカレッジソングを歌い、大日常男副会長・OBOG会長会議長・山岳部OB・OG会長の〆のご挨拶でお開きとなりました。
今後、「青年幹事会」委員の皆さんの若い力で同志社スポーツユニオンを大いに盛り上げていっていただきたいものです。

2018_1225_01.jpg
豊原会長挨拶

2018_1225_02.jpg
新井委員長趣旨説明

2018_1225_03.jpg
藤原理事長歴史説明

2018_1225_04.jpg
沖田体育会長講話

2018_1225_05.jpg
大島副会長乾杯音頭

2018_1225_06.jpg
大日OB・OG会長会議〆の挨拶

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/892

月別 アーカイブ