トップページ > トピックス

【フェンシング部】里衣、全日本選手権大会 念願の初優勝、本当におめでとう!

| トラックバック(0)
試合当日、私はグローブ座で必死に応援していました。相手が京都の高校生ということで、逆にプレッシャーがかかったと思います。しかし、見事に勝ってくれました。その勝利の瞬間、思わず、日本一になった里衣を見て私は、涙が出ました。

山田里衣は大学4回生の時、無我夢中でインカレ個人優勝しました。その後、いったん教員となりましたが、リオ五輪挑戦のために上京しました。五輪出場の夢は叶いませんでしたが、再び東京五輪を目指し、今回の全日本初優勝は、正に同志社の誇りです。

過去を思い出すと、同志社での4年間は決して恵まれた環境ではありませんでした。部員が一時女子4人になったこともありました。それでも山田里衣はいつも「勝てないことは、環境が悪いからではない」と、貪欲に毎日練習に取り組む姿には感銘を受けたものです。卒業してから、なかなか、結果が出ないときも、常に自分で考え、問題意識を持ち克服していくというのは、同志社で培った4年間があったからこそだと思います。卒業時、私に送ってくれた寄せ書きに、自分のことを"遅咲フェンサー"と書いてくれました。これからもっと大きな花を咲かせてくれるでしょう。

これからは、東京五輪という、大きな目標に向けて精いっぱい戦ってくれると確信しています。同志社関係者の皆さま、どうか応援よろしくお願いいたします。

2018_1218_01.jpg
©竹見脩吾 ©公益社団法人日本フェンシング協会

2018_1218_02.jpg
©竹見脩吾 ©公益社団法人日本フェンシング協会

2018_1218_03.jpg
©竹見脩吾 ©公益社団法人日本フェンシング協会

2018_1218_04.jpg
©竹見脩吾 ©公益社団法人日本フェンシング協会

2018_1218_05.jpg
©竹見脩吾 ©公益社団法人日本フェンシング協会

2018_1218_06.jpg
フェンシング部監督 福﨑 諭

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/891

月別 アーカイブ