トップページ > トピックス

【ソフトテニス部】11/23  世界ジュニア選手権で林、上岡両選手が活躍

| トラックバック(0)
平成30年11月19日(月)~23日(金)、大韓民国全羅南道の順天市で第3回世界ソフトテニス・ジュニア選手権大会がおこなわれ、同志社大学ソフトテニス部からU18(アンダー18)に林誠太郎(商学部1年)、U21(アンダー21)に上岡俊介が日本代表選手として選抜され出場しました。

林選手は北野選手(宮城県東北高3年)と組んだU18男子ダブルスに出場、強豪韓国ペアを破ったものの決勝で敗れ準優勝、上岡選手はU21 シングルスに出場、優勝候補の中華台北の選手を破り第3位に入賞しました。
上岡選手は中学3年時の第2回世界ジュニアU15ダブルス優勝以来2回目の、林選手は国際大会初めての入賞です。
写真一枚目、向かって左側が林選手です。写真2枚目、左から2人目が上岡選手です。
今後も、日本を代表する選手として成長し、躍進してほしいものです。

2018_1129_01.jpg
向かって左側が林選手、右側が上岡選手

2018_1129_03.jpg
左から2人目が上岡選手

二人からは、「世界ジュニアを終えて」として寄稿文を頂きました。

=林 誠太郎(商学部1年)=
国際大会に参加させていただいて、慣れない環境で自分の力を常に最大限で発揮することの難しさを感じました。この経験を今後に活かして、日々練習に取り組んでいきます。

=上岡 俊介(スポーツ健康科学部1年)=
世界ジュニアを通して実感したことは、海外の選手は日本では見られないようなプレーをすることが新たな発見であり、自分にとって良い影響になり、今後、自分を向上させていくため取り入れていきたいと思いました。
今回の大会で、主にシングルスにおいては、フィジカル面が不足していることとを感じさせられたため、次の大会までには、フィジカルを強化し、心技体ともにさらに上を目指していきたいと思いました。

2018_1129_02.jpg
ソフトテニス部OB会副会長 多田 拓也

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/886

月別 アーカイブ