トップページ > トピックス

2018年11月アーカイブ

【馬術部】「全日本学生馬術大会2018」のご報告

| トラックバック(0)
「第68回全日本学生賞典障害飛越競技大会」 平成30年11月3~4日
「第61回全日本学生賞典総合馬術競技大会」 平成30年11月6~7日
会場:山梨県馬術競技場(山梨県小淵沢町)

「第68回全日本学生賞典障害馬術競技大会」


今大会には4人馬をエントリーしていましたが、試合前日の練習走行で荒木の乗る<ミスティカル号>の脚に故障が発生し出場不可能となるアクシデントが発生。急遽<Cセリカ号>に乗り換える事となり、試合には縄田雄飛&クインターナ号、荒木梨花&Cセリカ号、高橋勇人&スフィーダ号の3人馬で臨みました。

初日、第一走の高橋&スフィーダは2落下(減点8)でゴールしましたが、2走目 縄田&クインターナが想定外の第10障害で失権、この時点で団体での上位入賞の可能性が無くなりました。3走目の荒木&Cセリカの急造コンビはやはり難しく残念ながら第2障害で失権してしまいました。

2日目、高橋&スフィーダは1落下(減点4)で走行しましたが、縄田&クインターナは良いところが無く失権、荒木&Cセリカも失権し、団体戦は11位最下位で終了致しました。関西勢は、関西大・京産大共に失権により団体チームを組めず唯一立命館が団体6位に入賞しました。
本大会は、2016年全日本学生3位の杉本葵&コンエアー号、本年春の全関西学生MB障害・MC障害で優勝した田中蒼&BIZザミーラ号が共に馬匹の故障でメンバーから外れ、厳しいエントリーをせざるを得ませんでした。

団体成績  同志社大学11位


優勝 日本大学 減点28、2位 専修大学 減点44、 3位 東京農大  減点88
4位 中央大学 減点96、 5位 明治大学 減点589、 6位 立命館大学 減点590

個人成績

高橋勇人(スポ健1)&スフィーダ 減点12 11位
縄田雄飛(スポ健4)&クインターナ 失権  
荒木梨花(商4)&Cセリカ 失権  


2018_1114_2.jpg
高橋勇人&スフィーダ号

2018_1114_3.jpg
縄田雄飛&クインターナ号

2018_1114_1.jpg
荒木梨花&Cセリカ号

「第61回全日本学生総合馬術競技大会」


本大会には、団体上位入賞を目指し4人馬で参加いたしましたが、障害競技に引き続き本大会でも団体を組めず敗退いたしました。
個人戦では、縄田雄飛&ジャックスパロウ号が5位に入賞することができました。(昨年は10位)
1日目の馬場馬術では、この種目の苦手な馬匹、ミキノティータイム号とルールプロスパー号が期待以上の得点を獲得し団体6位で通過、2日目のクロスカントリー、障害に期待がかかりました。

一日目成績

縄田雄飛&ジャック・スパロウ 馬場 63.32% 36.7減点
杉本葵生&ミキノティータイム 馬場 59.97% 40.0減点
田中蒼&ルールプロスパー 馬場 55.93% 44.1減点
中村優太&エキゾーストノート 馬場 53.00% 47.0減点


2日目クロスカントリーでは、縄田・ジャックスパローは安定した走行で予定通り減点0、中村・エキゾーストノートは減点34.4でゴールしましたが期待していたミキノティータイムが途中で転倒落馬し失権、田中・ルールプロスパーは4反抗失権となりました。
最終障害では、縄田・ジャックスパローは減点0、中村・エキゾーストノートは減点8で終了し、個人成績では縄田が5位、中村が29位でした。

団体成績  同志社大学7位


優勝 日本大学 総減点100.6、2位 専修大学 総減点116、3位 早稲田大学 総減点161.9、
4位 帯広畜産大学 総減点182.5、5位関西学院大学 総減点234.8、6位東京農業大学 -

最終個人成績

縄田雄飛(スポ健4)&ジャック・スパロウ クロスカントリー 減点0 障害 減点0 5位入賞
中村優太(商3)&エキゾーストノート クロスカントリー 減点34.4   減点8 29位
杉本葵生(商4)&ミキノティータイム   落馬失権      
田中蒼(商2)&ルールプロスパー   4反抗失権      


2018_1114_4.jpg
縄田雄飛&ジャックスパロウ号(提供:スポーツアトム)

馬術部健蹄会理事長 山崎雅俊
平成30年11月8日(木)、京都府向日市体育館で関西学生選抜インドア2018がおこなわれ、同志社からは山崎太一(スポ健3年)・林誠太郎(商1年)ペア、新子徹(スポ健4年)・古田尚也(商4年)ペア、上岡俊介(スポ健1年)・三輪惇平(商2年)の3ペアが出場しました。新子・古田ペアは、昨年度、この大会で優勝しており、ディフェンディング・チャンピオンとしての参加です。

熱戦が繰り広げられた中、予選リーグで同志社同士の対戦を制した上岡・三輪ペアが優勝しました。同志社大学として、この大会2連勝です。同志社関係の大会成績は次の通りです。

◎予選リーグ1試合目
*上岡・三輪④-1東條・焼田(関外大)
*山﨑・林1-④阪本・大橋(関西大)
*古田・新子④-1石田・奥村(関西大)

◎予選リーグ2試合目
*上岡・三輪④-2石田・奥村(関西大)
*古田・新子④-2東條・焼田(関外大)
*山﨑・林④-3奥村・杉山(立命大)

◎予選リーグ3試合目
*山﨑・林1-④廣瀧・二階堂(関学大)
*上岡・三輪(同志社)④-0古田・新子(同志社)

◎決勝トーナメント準決勝
上岡・三輪⑤-1谷口・飯田(関西大)

◎決勝トーナメント決勝
上岡・三輪⑤-1廣瀧・二階堂(関西学院大)

2018_1114_01.jpg 2018_1114_02.jpg
左が三輪 惇平(商学部2年)、右が上岡 俊介(スポーツ健康科学部1年)

ソフトテニス部OB会副会長 多田 拓也

【ボート部】最新の五輪艇寄贈 同志社大ボート部OB会

| トラックバック(0)
■最新の五輪艇寄贈 同志社大ボート部OB会
10/29 京都新聞WEB

2018年9月~10月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
9月1日
9/ 1、アジア大会ソフトテニス男子団体決勝、韓国に敗れ銀メダル増田OB(H25卒)出場
9/ 1、アジア大会7人制ラグビー決勝 0-14香港 銀メダル 橋野OB(H22卒)・松井OB(H29卒)出場
9/ 1、全日本大学男子ソフトボール選手権 7-0 高崎経済大
8/31、全日本学生カヌー選手権 WK-1 500mA 3位宍戸(スポ健4)、WK-4 500m準優勝 宍戸・佐藤(スポ健1)・五十嵐(スポ健3)・埋金(スポ健2)、JC-1 500m優勝 楽前(経1)、WK-2 500m 3位渡邊え(スポ健4)・佐藤

9月9日
9/ 5、西日本学生バドミントン選手権女子団体3位
9/ 2、全日本学生ヨット選手権個人戦470級準優勝 矢野(商4)・三浦(スポ健1)
9/ 2、全日本学生カヌー選手権 k-2 200m 優勝村野(スポ健3)・木村(スポ健2)、WK-2 200m優勝宍戸(スポ健4)・五十嵐(スポ健3)、同準優勝渡邊え(スポ健4)・佐藤 (同種目宍戸4連覇)
9/ 2、関西学生空手道オープントーナメント形男子ジュニア優勝津田(スポ健3)、形女子ジュニア優勝清水(社2)、組手女子エクセレント優勝尾立(商2)
9/ 2、全日本対抗選手権自転車3位吉田(スポ健1)

9月14日
9/ 9、全日本学生アーチェリー個人女子優勝西村(商1)、2位安久(心理2)
9/ 9、全日本大学ボート男子舵手なしクォドルプル準優勝小島(商1)・西村(社1)・清水(経3)・安藤(経3)
9/ 9、対オックスフォード大ヨット部国際定期戦 同志社勝利
9/7~9、日本学生水泳男子50m自由形6位河野(スポ健4)、同100m自由形5位河野
9/7~9、日本学生陸上競技対校女子10000m 6位杉山(スポ健3)、男子800m 7位木原(経4)、男子400mハードル7位新城(スポ健4)

9月19日
9/15、フィギュアスケート・ロンバルディア杯5位友野(スポ健2)
9/13~14、関西学生新人陸上男子200mH優勝畑浦(スポ健2)、男子やり投優勝谷(スポ健2)、女子100mH優勝丸本(スポ健2)
9/12、全関西学生ジムカーナ優勝天内(理工4)  
9/8~11、秋季全関西学生ライフル射撃女子団体ライフル・デジタルピストル優勝、3×40W優勝町田(商1)、準優勝阿部(スポ健3)、3位天野(経4)、S60W優勝阿部、3位天野

9月22日
9/17、 近畿北陸ヨット選手 権(インカレ予選)470級・スナイプ級とも優勝!本戦は11/1~。
9/17、 関西学生卓球リーグ男子1部残留、女子3位。
9/17、 関西学生バドミントンリーグ男子5位、女子3位。
9/16、 日本拳法総合選手権女子準優勝 谷(商4)
9/16、 世界マスターズ陸上 男子4×100mリレー優勝 4走に朝原宣治OB(H7商卒)出場、女子2000m障害 世界新記録で優勝 早狩実紀(H7 商卒)

10月 3日
10/ 3、関西六大学軟式野球秋季リーグ最終戦 3-0 甲南大。8勝2敗で優勝!  11/5~熊本県での西日本大会へ出場
9/30、関西学生バスケット秋季リーグ男子第8戦、69-107 近大。通算6勝2敗。
9/23、関西大学対抗テニスリーグ男子1部2部入れ替え戦、5-3大体大、1部残留
全日本学生バドミントン選手権が京都で開催。10/13~男子団体 向日市民体育館、女子団体 西山体育館

10月 6日
10/ 6、京都府学生ソフトテニス新進大会ベスト4 松山(文情2)・西村(文2)
10/ 5、福井国体陸上成年女子5000m優勝 田中希美(スポ健1)
10/ 9、NHK総合TV 午後10時25分~「グッと!スポーツ 最強の50才プロゴルフ谷口 徹」放映
*谷口氏は5/13、日本プロゴルフ選手権優勝

10月 8日
10/ 8、近畿フィギュアスケート選手権男子優勝 友野一希(スポ健2)、次戦は10/26~GRシリーズカナダ
10/ 8、関西学生野球 1-2関学
10/ 7、 関西大学ラグビーリーグ26-28 京産大

10月13日
10/12、関西学生フェンシング選手権男子エペ個人二ノ宮(商2)優勝  
10/ 8、福井国体ソフトテニス成年男子優勝和歌山【花田(H21卒)・増田(H25卒)・上岡(スポ健1)出場】、準優勝広島【林(H28卒)出場】、3位岡山【柴田(H24卒)出場】
10/ 7、福井国体空手道成年女子形 大野ひかる(大分・H27卒)優勝
10/ 1、世界ソフトテニスジュニア選手権(11月韓国開催)男子代表U21に上岡俊介(スポ健1)、U18に林誠太郎(商1)

10月17日
10/14、関西大学ラグビーAリーグ 0-59 天理大
10/14、関西学生野球リーグ4-7 関学、勝ち点ならず。
10/13、全日本学生バドミントン選手権団体女子、初のベスト8入り!
10/12、関西学生フェンシング選手権女子個人エペ優勝、吉村(スポ健3) 見事3連覇を果たす。
日本トップレベルの選手と練習を積み、海外遠征も多い吉村、次はインカレ優勝を目指す

10月22日
10/21、関西カヌースプリント選手権 K-2 500m 優勝(2連覇) 村野(スポ健3)・木村(スポ健2)、
WK-2 500m優勝 中村(スポ健1)・渡邊え(スポ健4)、WC-2 500m優勝 宍戸(スポ健4)・埋金(スポ健2)、WK-4 500m優勝 宍戸他。
関西学生野球リーグ 10/20 4-1立命、10/21 6-8 立命
10/21、関西大学バレーボール秋季リーグ女子3部全勝優勝、2部昇格!
10/20、女子総合全日本学生スポーツ射撃選手権女子団体準優勝。2連覇ならず

10月29日
10/28、フィギュアスケートGPシリーズカナダ友野(スポ健2)9位
10/28、全日本学生自転車トラック新人戦・西日本大会男子スプリント優勝 末廣(商2)、女子スプリント優勝 松井(スポ健1)、女子500mタイムトライアル優勝 松井
10/28、全関西大学空手道選手権男子団体形優勝、女子団体形優勝
10/28、少林寺拳法全国大会in ぐんま 大学生女子の部最優秀賞 稲垣(スポ健2)・橋本(同女2)
10/28、 関西大学ラグビーAリーグ 33-40関学
10/27、 全日本体操選手権(新体操)男子4位 堀孝輔(スポ健2)
10月19日(金)~21日(日)に、熊本市でおこなわれた第73回"天皇賜杯"全日本総合選手権大会において、ソフトテニス部OBで平成24年卒の柴田章平(ヨネックス)氏が、第3位に入賞されました。また、平成28年卒の林大喜(NTT西日本)もベスト8に入り、入賞されました。

この全日本総合選手権は、高体連、学連、社会人の有力選手、各都道府県選出選手、ナショナルチーム所属の選ばれた選手のみが出場できる、その年度のソフトテニスの最高峰を決める大会です。

*第3位  林田・柴田(ヨネックス) ※柴田章平(H24)
*ベスト8 村上・林(NTT西日本)  ※林大喜(H28)

2018_1106_01.jpg 2018_1106_02.jpg
柴田 章平(ヨネックス)氏

2018_1106_03.jpg
林 大喜(NTT西日本)氏

ソフトテニス部OB会副会長 多田 拓也

月別 アーカイブ