トップページ > トピックス

【ソフトテニス部】 1・2年のフレッシュ・ペア、西日本学生チャンピオンに輝く

| トラックバック(0)
西日本各地に大きな被害をもたらした台風のせいで日程で1日遅れのスケジュールとなり、7月9日(月)・10日(火)にかけて、長崎市総合運動公園かきどまり庭球場でおこなわれた平成30年度西日本学生ソフトテニス選手権大会において、男子ダブルスで1年・2年でペアを組んだ上岡・三輪ペアが見事優勝しました。

上岡俊介(うえおか しゅんすけ)選手は、スポーツ健康科学部1年で大阪府上宮高校出身。
三輪惇平(みわ じゅんぺい)選手は、商学部2年で奈良県高田商業高校出身です。

1・2年ペアというフレッシュな2人ですが、高校時代からナショナルチーム・ジュニアに選ばれている実力の持ち主です。今後も、更に大きなタイトルを積み重ねていくことが期待されます。

=5回戦以降の対戦成績
◆決勝   上岡・三輪④-1芝井・玉置(大阪成蹊大)
◆準決勝  上岡・三輪④-2阪本・奥村(関西大)
◆準々決勝 上岡・三輪④-0奥村・杉山(立命館大)
◆6回戦   上岡・三輪④-0辻内・西川(近畿大)
◆5回戦   上岡・三輪④-2小畑・金井(関西外国語大)

2018_0928_04.jpg
左:三輪選手(商2年) 右:上岡選手(スポ健1年)

2018_0928_05.jpg
左:三輪選手(商2年) 右:上岡選手(スポ健1年)

ソフトテニス部OB会副会長 多田 拓也

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/869

月別 アーカイブ