トップページ > トピックス

【ソフトテニス部】 OBの増田健人選手(和歌山県庁)、アジア大会で日本チームの銀メダルに貢献

| トラックバック(0)
平成30年8月27日(月)~9月1日(土)にかけて、インドネシアのスマトラ島パレンバンでおこなわれた第18回アジア競技大会ソフトテニス競技びおいて、日本は国別対抗戦(団体戦)第2位となり銀メダルを獲得しました。

この国別対抗戦に、同志社大学体育会ソフトテニスOBの増田健人(平成25卒・商学部)は、予選リーグ、決勝トーナメントの全試合に出場し、全勝で日本選手団に銀メダルをもたらしました。

決勝の韓国戦は3番手に出場予定でしたが、日本が先に2敗し、増田選手が出場する前に銀メダルが決定しました。

増田選手は、前回の第17回アジア競技大会ソフトテニス競技にも出場し、決勝のシングルスで韓国選手を破り国別対抗戦優勝(金メダル)を決める立役者となっています。

2018_0927_01.jpg 2018_0927_02.jpg 2018_0927_03.jpg 2018_0927_04.jpg
ソフトテニス部OB会副会長 多田 拓也

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/866

月別 アーカイブ