トップページ > トピックス

【馬術部】「第53回全関西学生馬術大会」総合4連覇に向けて 1日目(MD障害、MC障害)

| トラックバック(0)
第3競技<MD障害>には4人馬がエントリーしたが、荒木、縄田共に1落下し、甲南大学に1・2位を譲ってしまった。

MD障害

荒木梨花(商4)&メイショウジンム (減点4) 3位
縄田雄飛(スポ健4)&ホワイトベル (減点4) 4位


2018_0515_6.jpg
荒木梨花(4回生)&メイショウジンム MD障害3位入賞

2018_0515_7.jpg
縄田雄飛(4回生)&ホワイトベル MD障害4位入賞


第4競技<MC障害>はMDより難易度は高いが、1~2回生の活躍で上位をほぼ独占し大量のポイントを稼いだ。特に田中蒼&BIZザミーラ、高橋勇人&スフィーダの走行は安定感のあるパーフェクト走行で、今後の主戦力として大きく期待できる内容であった。

MC障害

田中蒼(商2)&BIZザミーラ (減点0、20.05秒) 優勝
高橋勇人(スポ健1)&スフィーダ (減点0,22.18秒) 3位
田中蒼(商2)&Cセリカ (減点0,26.24秒) 4位
伊藤千畝(社会1)&クワイトハッピー (減点0,26.81秒) 5位


2018_0515_8.jpg
田中蒼(商2)&BIZザミーラ MC障害優勝
LA障害では1反抗をとられたが、MCでは見事無過失でゴール。個人競技初優勝!

2018_0515_9.jpg
高橋勇人(スポ健1)&スフィーダ MC障害で3位入賞
LA障害でも減点0で走行し、安定感を見せる。

同志社大学馬術部総監督
市村 元一

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/821

月別 アーカイブ