トップページ > トピックス

2018年2月アーカイブ

2017年度同志社スポーツユニオン 総会・祝勝会 開催

| トラックバック(0)
1月27日(土)、京都ホテルオークラにて、2017年度同志社スポーツユニオン総会、祝勝会が開催されました。
総会には体育会各部の監督、コーチをはじめ各部OB・OG会役員等、約200名が出席し、監督会、各支部、各委員会より本年度の取り組みについて報告が行われました。体育会各部の強化や学生支援について、活発な意見交換がなされました。
総会に続いて行われた祝勝会は、本年度活躍された学生、OB・OGを讃えるとともに、日頃お世話下さっている監督・コーチの労に感謝を捧げる為、毎年行われています。 この日は開会に先立ち、同志社スポーツ・フラッシュニュースが上映され、会場は高揚した雰囲気につつまれました。
立命館スポーツフェロー、関西大学体育OB・OG会、関西学院大学体育会同窓倶楽部、甲南摂津会の役員の方々はじめ、八田英二総長・理事長、松岡敬大学長ほか多数の大学関係者、体育会各部学生および監督・コーチ、OB・OG会長、OB・OG、校友会等大学卒業生組織、学内諸学校関係者、報道関係者など750名を超える方々が一堂に会し、戦績優秀団体、優秀者の栄誉が讃えられました。

同志社大学キリスト教文化センター所長 横井和彦先生のご祈祷で会はスタートしました。
中村公紀副理事長の司会のもと、最初に豊原洋治同志社スポーツユニオン会長の「同志社スポーツユニオンも発足以来64年を迎えることになりました。これも北村名誉会長、佐野最高顧問、濱最高顧問はじめ多くのOB・OGの皆様に礎を築いていただいたお陰であると心より感謝申し上げます。同志社スポーツユニオンは2020年の東京オリンピック・パラリンピックを狙える選手、あらゆる競技で活躍されているトップアスリート、また指導者を数多く輩出しており、今後の活躍が大いに期待されます。」との主催者挨拶で祝勝会が始まりました。

八田英二総長・理事長、松岡敬大学長からのご祝辞に続いて、道永宏監督会幹事長の本年度優秀団体・優秀個人・新人の戦績紹介の後、表彰・記念品授与が行われました。本年は優秀団体賞として15部、優秀個人賞として38名、新人賞として27名、優秀監督賞として17名が表彰され、会場から大きな拍手が贈られました。また、應援團チアリーダー部と山岳部、スポーツアトム編集局に特別賞が授与されました。

表彰に引き続き藤原卓也理事長から、特別顕彰者6名、叙勲・褒章等受賞者2名の方々の功績の紹介と、表彰が行われ、それぞれの栄誉が讃えられました。
続いて「世界を狙うアスリート 指導者たち」として今後の活躍が期待される選手・指導者の紹介があり、代表して、上山友裕さん(アーチェリー)、櫻間達也さん、(ボート)、平尾奎太さん(硬式野球)、我孫子智美さん(陸上競技)、高野綾さん(水泳)、綾戸真美さん(射撃)、山神孝志さん(ラグビー)にご登壇いただき、今後の目標やオリンピック・パラリンピック等にむけての決意をお聞かせいただきました。
その後、沖田行司同志社大学体育会長のご挨拶と乾杯のご発声で、宴に入りました。

そして、1年間の各部の活躍を振り返る、同志社スポーツアトムの編集による『2017年度同志社スポーツ・フラッシュニュース』が改めて映し出され、会場は大いに盛り上がりました。
また同志社校友会副会長小嶋淳司様、北村光雄名誉会長から激励のお言葉をいただき、
体育会本部山本大暉委員長が学生を代表して御礼の言葉を述べました。

祝宴の最後にあたり、應援團、チアリーダー部の演舞演奏が会場をわかせてくれました。第110代後藤昌克應援團團長のリードのもと一同カレッジソングを斉唱、同志社チア-で2018年の同志社スポーツの活躍を祈念しました。

最後に大日常男OBOG会長会議議長から「本日の祝勝会に多数のご出席をいただきお礼申し上げます。同志社が一つとなり共に成長することがスポーツの一層の発展につながると思います。皆さんのご活躍を祈念いたします。」との閉会の言葉で、会は締めくくられました。

Photo Gallery


2018_0222_01.jpg 2018_0222_2.jpg
総会 豊原会長 総会
2018_0222_3.jpg 2018_0222_4.jpg
総会 総会
2018_0222_5.jpg 2018_0222_6.jpg
豊原会長 祝勝会挨拶 八田総長祝辞
2018_0222_7.jpg 2018_0222_8.jpg
優秀個人賞表彰 優秀新人賞受賞者
2018_0222_9.jpg 2018_0222_10.jpg
特別賞の應援團チアリーダー部、山岳部、スポーツアトム編集局(左から) 「世界を狙うアスリート・指導者たち」の紹介
2018_0222_11.jpg 2018_0222_12.jpg
会場風景 沖田体育会長 乾杯後発声
2018_0222_7.jpg 2018_0222_8.jpg
小嶋校友会副会長 激励 北村名誉会長 激励
2018_0222_9.jpg 2018_0222_10.jpg
山本体育会本部委員長 應援團、チアリーダー部
2018_0222_11.jpg
カレッジソング斉唱


同志社スポーツユニオン編集局
写真提供:同志社スポーツアトム編集局

2017年12月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
12月10日
12/10、体育会各部試合予定お知らせ。

12月12日
12/10、少林寺拳法関西学生新人大会男子茶帯の部優勝高橋(理工2)・下桑田(理工2)、女子団体演武の部準優勝同志社A、総合優勝7連覇。
11/26、全日本少林寺拳法学生大会女子二段の部優勝梶(経2)・橋本(同女1)女子団体演武の部
優勝(山崎・北村・田尻・二木・羽賀・柴原・稲垣・橋本)、優秀大学女子2位。

12月14日
12/7~10、フィンランドオープン卓球大会に朝田茉依(商2)出場、女子団体・シングルスともに準優勝。

12月18日
12/17、陸上ホッケー部創部60周年記念祝賀会開催。
12/14、「京都スポーツの殿堂」にラグビー故平尾誠二氏ら3人を選出。

12月20日
12/21、全日本フィギュアスケート選手権開幕、友野一希(スポ健1)、木原万莉子(スポ健2)、時國隼輔(商2)が出場する。

12月21日
12/21、全日本フィギュアスケート選手権女子ショートプログラム、木原万莉子18位、23日のフリーに挑む。

12月22日
12/22、全日本フィギュアスケート選手権男子ショートプログラム、友野5位、時國27位。

12月23日
12/23、全日本フィギュアスケjート選手権女子フリー、木原13位、最終15位。
12/23、同志社スポーツユニオンOB・OG会長会議および忘年会開催。

12月24日
12/24、全日本フィギュアスケート選手権男子フリー、友野4位入賞。
12/24、全日本学生チアリーディング選手権DIVISION1応援団部門優勝、連覇を果たした。

ヨット部 全日本学生ヨット選手権スナイプ級優勝 総合優勝祝賀会

| トラックバック(0)
2月4日(日)京都タワーホテルにて、第82回全日本学生ヨット選手権 スナイプ級優勝 総合優勝 祝賀会が開催されました。
当日は、松岡学長、沖田体育会長、豊原スポーツユニオン会長をはじめ、たくさんの御来賓を賜りました。

祝賀会は162名の出席者が待つ会場への優勝メンバーの凱旋入場から始まりました。
そして、恒例の記録ビデオ「ヒーロー」が上映されました。

2018_0207_01.jpg
ヨット部OBOG会(鯨会)会 伊藤 友隆 会長


冒頭、主催者を代表して、ヨット部OBOG会(鯨会)の伊藤友隆会長より開会のご挨拶がありました。

2018_0207_02.jpg
祝辞を述べられる 松岡 敬 学長


昨年のインカレは、総合4連覇を狙う早稲田大学に対して、82年間のインカレ史上、3連覇を2回、そして唯一総合4連覇を成し遂げている同志社がこれを阻止できるかが大会の大きな注目点でした。

2018_0207_03.jpg
優勝旗 校納(総合優勝旗は、松岡学長へ、スナイプ級優勝旗は、沖田体育会長の手に渡されました)

2018_0207_04.jpg
北村スポーツユニオン名誉会長「優勝旗はヨット部がとったのではない、同志社大学がとったのだ!」という言葉に皆感動しました。


強力なセレクション制度と高校にヨット部を持ち、ほぼ全員がヨット経験者の早稲田に対し、部員の7割が大学からヨット競技を始める同志社。
戦力差が歴然とする中で、いち早く現地に入り、情報収集を重ねセーリングを進化させ続けた部員たちの勇気に感動しました。
また、8名のコーチスタッフも全員がOBで構成され、部員と深い信頼感で結ばれていました。

2018_0207_05.jpg
優勝挨拶する 松田哲也監督 とコーチングスタッフ(任期5年で、総合優勝2回 2位1回 3位1回 4位1回の成績)


今年のインカレは、11月愛知県蒲郡を予定しています。二連覇を目指して、極寒の琵琶湖では練習が続けられています。

ヨツト部鯨会 広報部 水上真吾

月別 アーカイブ