トップページ > トピックス

【準硬式野球部】第69回全日本大学準硬式野球選手権大会に優勝して

| トラックバック(0)
同志社大学準硬式野球部
OB/OG会長 高山武雄


平素より、スポーツユニオンの皆様方には大変お世話になりまして感謝しています。
さて、8月21日より開催されました、全国大会におきまして、八年ぶり六度目の優勝をしました。八年前、小生が監督最終年で優勝して以来です。本当に嬉しいです。

今年は関西選手権を優勝し、勢いに乗っていました。組み合わせを見て、第一戦を勝てれば決勝まで行けると思いました。初戦は九州大会の覇者、九州産業大学です。八月の初旬に九州遠征をしたのですが、我がチームを徹底分析されていました。案の定、エース富永の球筋・球種・配球を読まれ、初回に2点取られました。2回からは配球を変え何とか3点で抑えて、4対3で辛勝しました。二回戦は名古屋商科大学に7対0、三回戦は立教大学に8対0で勝ちました。準決勝は九州共立大学に6対1で勝利しました。

いよいよ決勝戦、予想通り前年も優勝し、この九年間で六度の優勝をしている王者・中央大学と戦いました。4対3で見事に優勝しました。五日間連続の試合でしたが、選手たちは本当によく頑張ってやってくれました。

小生は何時も現役選手たちに、スモールアンドスマートベースボールをする様に指導しています。強豪校の選手たちの球歴に比べ、我が部員は殆どが高校時代無名選手ばかりです。だからこそ心身を鍛え、強豪校に立ち向かうには、理にかなった頭脳的な野球をしなければなりません。球歴のない我が部員が我が部に入部し、努力をして逞しく成長する姿を見るのが何より嬉しく思います。我が部の存在意義は「人を育み、日本社会を背負って立つ、同志社スポーツマンを世に送り出すことです」努力は必ず報われる。また、そのような日本を造る人材を作るのが、我が部の存在意義と考えています。来年のチームも慢心せず、地道に努力をしなければなりません。
スポーツユニオンの皆様方には、ご自愛くださり、益々のご活躍を祈念しています。

2017_0906_01.jpg 2017_0906_02.jpg 2017_0906_03.jpg 2017_0906_04.jpg 2017_0906_05.jpg
前列右 龍城部長、その後ろ 高山OB・OG会長

2017_0906_06.jpg 2017_0906_07.jpg 2017_0906_08.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/733

月別 アーカイブ