トップページ > トピックス

2017年1月アーカイブ

1/29~2/8まで、カザフスタン アルマティで開催の「第28回ユニバーシアード冬季競技大会」に、西日本選手権優勝の木原万莉子(スポ健1)が出場します。JOCサイトに選手団名簿が掲載されました。
応援よろしくお願いします!!

http://www.joc.or.jp/games/univ/2017_winter/pdf/athlete_list.pdf

監督 宮崎克俊

【アイスホッケー部】第89回全日本学生氷上競技選手権大会結果

| トラックバック(0)
1月5~9日に開催された第89回日本学生氷上競技選手権大会に出場し、2回戦敗退(ベスト16)という結果で今大会を終えました。
1回戦の東北学院大学戦は6-1と勝利を収めることができました。続く2回戦は昨年度の優勝校、中央大学。守りが続く中、幾度もチャンスを作りゴールへと向かうも、得点へは繋がらず、1-9という結果に終わりました。

目標であったベスト4には届かなかったものの、1年間の成果を出せたと思っております。来年度もより良い結果を出せるよう精進してまいりますので、どうぞご声援のほどよろしくお願いいたします。

2017_0120_1.jpg 2017_0120_2.jpg 2017_0120_3.jpg
以下、4年生のコメントです。

松永 強(主将)


『インカレでは中央に勝つことを目標にしていて、達成できませんでしたが、この1年積み上げてきたものを全て出せたと思います。きつい1年ではしたが、ついてきてくれてありがとうございました。入学当初は先の不安しかなかったものの、意識高い同期、後輩ができ、学生主体の中、素晴らしいチームができたと思います。4年間いろいろなことがありましたが、他のチームでは体験できないことを体験できました。ありがとうございました。』

赤間 雄基


『同志社大学アイスホッケー部での4年間は、今までのアイスホッケー人生において一番思考し行動したことで、人として成長することができました。
共に高い目標を共有できる同期。それに賛同し、ついてきてくれた後輩である仲間。この環境を与えてくれてありがとうございました。
最後のインカレはベスト16と目標には届かず、非常に悔しい思いをし、後輩には現在地を教えることができたと思います。』

猪狩 悠太


『大学でのアイスホッケーは、本当に楽しく充実した4年間でした。沢山の困難もありましたが、その分学ぶことも多く大変勉強になった4年間でした。
また、私にとって最後のインカレは、地元苫小牧での開催であり、すごく充実したものにすることができました。試合には今までお世話になってきた家族、先生、友達など沢山の方々が応援に来てくださり、今までの感謝を込めたベストパフォーマンスができたと感じています。』

田村 亮


『今年は「挑戦」をスローガンに新しい取り組みを多くしてきました。集大成であるインカレは2回戦敗退という結果に終わり、目標のベスト4には達しませんでした。ですが、中央大学戦では準備したシステムや1年取り組んできたことを出せて内容としては満足しています。さらに、どんな劣勢になっても諦めず、最後まで勝ちを信じて戦う姿勢が今まで以上に全員から溢れていました。幹部として苦労した1年だっただけに、技術面、精神面ともに成長している皆を見ることができ、非常に嬉しかったです。4年間ありがとうございました。』

新田 峻


『シーズン最後の大会であるインカレの2回戦で、昨年の王者である中央大学と対戦しました。結果は1-9と力の差を見せつけられ完敗でした。しかし、同志社の動きはとてもよく、今シーズンのベストゲームと言える戦いができたと思います。私たち4年生は引退しますが、後輩たちにとっては今後につながる素晴らしい経験だったと思います。後輩たちには私たちが経験できなかった関西優勝を達成してほしいです。4年間支えてくださった監督やスタッフ、OBの方々、そして両親に本当に感謝しています。ありがとうございました。』

2017_0120_4.jpg
アイスホッケー部マネージャー 羽田 由希・木村 萌花

【硬式野球部】創部125周年記念祝賀会報告

| トラックバック(0)
1891年に創設された硬式野球部が本年で創部125周年となり、12月17日(土)グランドプリンスホテル京都に於いて「同志社大学硬式野球部創部125周年記念祝賀会」が開催されました。ご来賓、大学関係者、OBOG、ご父兄、現役と450名の盛大な祝賀会となりました。

第1部のパネルディスカッションでは、杉浦 正則OB(H3・日本生命)、片岡 篤史OB(H4・阪神タイガース)、宮本 慎也OB(H5・NHK解説者)、平石 洋介OB(H15・東北楽天ゴールデンイーグルス)、小林 誠司OB(H24・読売巨人軍)と野球界で活躍している5人のOBが登壇しました。平松 翔馬OB(H27・読売テレビ放送)進行のもと、「野球を通じての人間成長」をテーマにディスカッションが行われました。

2017_0120_01.jpg
パネリスト 5名

2017_0120_02.jpg
杉浦 正則OB

2017_0120_03.jpg
片岡 篤史OB(左) 宮本 慎也OB(右)

1990年、明治神宮野球大会で全国制覇を成し遂げた当時、杉浦OBからは、部員数が少ない中で、一人一人の活躍がつながってチームとして支えあっていたエピソード。片岡OBからは、野球だけでなく、大学生活の中で他の体育会クラブの学生を含めた多くの友人と関われたことが、人間形成の上で影響を受けたこと。宮本OBからは、野球推薦で入部した部員だけでなく、一般で入部した部員がいることで、野球に対するさまざまな姿勢を学ぶことができたこと等。大学時代を振り返っていただきました。

2017_0120_04.jpg
平石 洋介OB 小林 誠司OB

指導者として活躍する、片岡OBからは、親子ほど年の離れた選手に対しても、あわせるだけでなく、時に厳しく、妥協せずに打ち込ませることを心掛けていること。平石OBからは、選手と常に本音で向き合うことを意識していることを語ってくださいました。
また、唯一現役プロ野球選手として活躍する小林OBに対して、4人の先輩OBから、相手に嫌がられるような泥臭いプレーが足りないと、辛口のエールが送られ、時間をかけて相手チームの分析をすること、わがままな投手も引き込める人としての観察力も大事になってくること等のアドバイスをもらう一幕もありました。
三度の五輪出場経験のある杉浦OBと、アテネ五輪でオールプロ野球選手の主将として臨んだ宮本OBからは、日の丸を背負う重み、短い期間の中でチームをまとめていくことの難しさ、リーダーシップについて、熱く語られました。
プロ野球界の裏話に時に会場は笑いに包まれながら、平松OBの進行で多岐にわたった話題が引き出され、終始和やかな雰囲気で進行されました。最後に、2020年の東京五輪も見据えて、それぞれの立場で野球界を盛り上げていくための目標を語って頂き、会場からは惜しみない拍手が注がれ、第一部閉会となりました。

第2部祝賀会は大谷實総長、松岡敬学長から祝辞を賜りました。続いて、長年の功労者として、関西学生野球連盟理事長としての功績により平尾 邦彦OB(S38)、OB会長としてのご貢献により松村 日出雄OB(S39)、戦後初リーグ四連覇を達成した監督としての功績により小玉 孝OB(S43)の3名を顕彰いたしました。
乾杯のご発声に、豊原 洋治スポーツユニオン会長からは、第1部に登壇した5人のOBで、東京五輪の野球日本代表を、杉浦総監督、片岡監督、宮本助監督、平石ヘッドコーチ、小林主将として率いてほしいとの激励があり、会場からも大きな拍手が沸き上がりました。
歓談の間、それぞれのテーブルでは、数年から数十年ぶりの再会を喜ぶOB同士の談笑の輪が広がっていました。

2017_0120_05.jpg
豊原スポーツユニオン会長 挨拶

2017_0120_06.jpg
應援團OB・OGによる演舞

宴の後半には、硬式野球部の2016年の活動を振り返るVTRが流され、本年優秀な成績を残した現役選手が表彰されました。澁谷 卓弥監督からは、新チームのスローガン「結心」として、一人一人の心を結んで、昨年成し得なかった優勝に、必ず繋げる決意を表明しました。スポーツユニオン北村名誉会長からは、今日までに繋がる歴代野球部OBの活躍をご紹介いただき、今後さらなる野球部の飛躍に期待を込めた激励を頂戴しました。

会の締め括りとして、應援團OBが登壇。同志社ヒロス、若草萌えての演舞には、参加者皆が肩を組み、それぞれの学生時代を思い浮かべながら応援歌を熱唱、一糸乱れず会場が一体となりました。そして、会場の参加者の心を一つにしたカレッジソング斉唱には、盛り上がりは最高潮となりました。

2017_0120_07.jpg
カレッジソング

最後に、岡田 幸宏野球部長の謝辞により、歴代の先輩方の繋げてくださった125年という長い歴史の重みをしっかりと受け継ぎ、次の世代に伝統を繋げていくことを約束し、硬式野球部創部125周年記念祝賀会は、大団円で幕を閉じました。

2017_0120_08.jpg
OB・OG集合写真

2017_0120_09.jpg
現役・ご父兄集合写真

硬式野球部OG 三上明子(H4年卒)

2016年7~12月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)

2016年7月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


7月5日
7/3、全日本学生空手道選手権大会(個人戦)、女子組手で東海志保(スポ健4)が準優勝、男子形で仲谷陸(スポ健4)が3位、年代海里(商4)がベスト8と4回生3人が活躍した。

7月10日
7/9、リオオリンピックアーチェリー代表林勇気選手・リオパラリンピック同代表上山友裕選手出場壮行会開催。林さんは「いつも応援ありがとうございます。同志社OGとして精一杯頑張ってきます」。上山さんは「リオで負けても悔いのない練習はしてきましたが、リオで勝つために必要なあと1点を得られるよう練習を積み重ねます」と語った。

7月15日
7/10、京都府総合バドミントン選手権混合ダブルス決勝東・藤村0-2内田・牟田(龍大)。
7/3学生賞典総合馬術大会田中一希(経3)2位。関西学生複合馬術大会団体優勝、個人福島星香(スポ4)優勝。
7/3日本学生選抜ライフル射撃選手権女子ライフル3姿勢鵜飼風音優勝、天野2位。
7/2西日本学生対校陸上女子400m障害六反田2位。

7月20日
7/9、京都島津アリーナで開催の全日本大学総合卓球選手権大会女子団体の部で3位。昨年の準優勝に続くメダル獲得の快挙だ! 7/2、関東同志社スポーツユニオン各部代表者・副代表者合同会議および同志社Purple hour's(若手を励ます親睦会)開催。
★優秀戦績クラブ・アスリート一覧を更新しました。

7月26日
7/26、7人制ラグビー日本代表の松井千士選手はバックアップメンバーとしてリオ五輪へ。
7/17関西学生賞典障害馬術大会団体2連覇!個人では杉本葵生2位,吉川京太3位。7/16、同志社大学対慶應大学対校陸上競技大会男子女子とも惜敗。

7月30日
8月5日から始まるリオデジャネイロ五輪、同志社からのアスリート達の活躍を祈りたい! 7/18、関西学生水泳選手権で男子団体優勝、女子団体3位。個人優勝5種目、準優勝8種目。インカレに向けさらに頑張ってほしい。6月開催の関西学生バドミントン選手権、村尾監督からご寄稿。

2016年8月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


8月4日
8/5(日本時間8/6)からリオデジャネイロオリンピックが始まります。同志社からの出場選手の中でフェンシング男子フルーレ個人の太田雄貴選手の試合が8/7(日)21:50~22:50、NHK総合/Eテレで生中継されます。皆さんしっかり応援しましょう!
*役員紹介ページ、OB・OG会長一覧ページ、年間スケジュールページを更新しました。

8月7日
8/7リオ五輪フェンシング男子フルーレ2回戦出場の太田雄貴選手(世界ランキング2位・第1シード)は、地元ブラジルのトルドに13-15で敗れ悲願の金メダルはならなかった。太田選手は「全部僕のミス。五輪への覚悟が北京やロンドンに比べ弱かった。支えてくれた全ての人に申し訳ない」と現役引退を表明。こちらこそ多くの感動に感謝だ。

8月8日
8/7リオ五輪アーチェリー女子団体(林OG・川中・永峰)1回戦はウクライナを6-2で下し8強入り。続く準々決勝で前回優勝の韓国と対戦、健闘したが1-5で敗退。前回ロンドン五輪に続く2大会連続のメダルはならなかった。林選手は「悔しいがチーム力でいいプレーができていたので個人戦に生かしたい」と語っている。

8月9日
8/8リオ五輪アーチェリー女子個人戦1回戦で林勇気選手(H19商卒・堀場製作所)は呉桂欣(中国)に1-7で敗れた。8/6に先に行われたランキングラウンドで59位となり、中国のトップ選手と1回戦で当たり、残念な結果となった。

8月10日
(1)8/9リオ五輪7人制ラグビー男子予選リーグ初戦、ニュージーランドから大金星。14-12で勝利。同第2戦対イギリス、驚異的なねばり見せるも19-21で惜敗。(バックアップメンバーとして松井千士〔スポ健4〕が同行)
8/6全日本大学対抗ソフトテニス選手権(北九州市)男子準決勝、同志社0-3日体大。

8月10日
(2)8/9リオ五輪セーリング女子RSX級予選、3レースを終えて22位につけていた伊勢田愛(H22年商卒)は第5レースで15位、第6レースは14位だった。上位10人が15日の決勝レースへ進む。ガンバレ伊勢田選手!

8月11日
8/10リオ五輪7人制ラグビー男子最終予選、格上ケニアに31-7で勝利し予選突破、準々決勝へ。準々決勝の相手はフランス。前半4分フランスのトライを許し0-7と先制されたが、後半トライを奪い5-7と差を縮めた後、間際に逆転トライ、12-7で勝利。準決勝でメダルを懸けフィジーと戦う。ガンバレ日本!!

8月12日
(1)8/11、リオ五輪7人制ラグビー男子、準決勝まで勝ち上がった日本は世界ランキング1位のフィジーと対戦。大柄な選手相手に奮闘し1トライを奪うも5-20で敗退。銅メダルをかけた3位決定戦では強豪南アフリカと対戦、2トライの14-54で大敗したが大健闘の4位だ。格上を次々倒した日本の奮闘は世界を驚かせた。

8月12日
(2)8/12、リオ五輪セーリング女子RSX級は第10~12レースを行い伊勢田愛(2010年商卒)は累積199点で20位となり、11日の第9レースから1つ順位を上げたが上位10人によるメダルレース進出はならなかった。

8月23日
連日熱い感動をもたらしてくれたリオ五輪は閉会しました。4年後の東京五輪に向け、若いアスリートたちよ大志を抱け! 7/19~31、スロバキアで開催の「世界ハンドボール女子ユース選手権」に中村千香(商1)が17名の日本代表選手の1人として出場。チームはプレジデントカップを受賞。

8月26日
8/23全日本学生ソフトテニス王座決定戦予選リーグで日体大に敗れ決勝トーナメント進出ならず。
8/9全日本学生ソフトテニス選手権男子ダブルス準決勝西森(スポ4)・真野(スポ2)1-5立木・平井(明治大)。
8/7西日本大学対抗自転車競技チームスプリント出場の川元(商4)・富島(経3)・宇佐美(社2)は、朝日大学に続き2位。

8月28日
8/26全日本学生レスリング選手権女子フリースタイル63kg級で今井栞海(商2)優勝。レスリング部初インカレ優勝の快挙!
8/26日本女子学生ゴルフ選手権渕野(社2)2位、松田(商3)3位。全日本学生カヌー選手権8/26C-1 1000mで橋本(スポ4)優勝、C-2、1000m橋本・亀谷(スポ3)優勝。8/25wk-4、500m宍戸・山本・河村・竹中準優勝。

2016年9月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


9月1日
8/28全日本学生カヌースプリント選手権男子カナディアンペア(橋本・亀谷)優勝。女子カヤックペア(山本・宍戸)優勝。
8/28関西学生自馬馬術大会団体総合優勝!
8/27関西学生アーチェリーフィールド選手権女子で田中(スポ2)優勝。
8/7全日本学生ダートトライアル選手権仲(経4)優勝!

9月5日
9/4関西学生(硬式野球)リーグ対近大戦1回戦4-3、2回戦3-2と連日の接戦を制し勝ち点獲得。
9/2西日本学生バドミントン選手権男子シングルス岩永廉(商1)3位。
8/28チア-リーディング日本選手権大学部門7位、応援団部門1位!
8/27関西学生自馬馬術大会団体総合優勝!

9月9日
9/8リオパラリンピック開幕!アーチェリーリカーブ男子個人代表上山友裕選手も開会式で元気に車椅子で入場行進。競技は9/13日本時間21:00~の予定。
9/4全日本学生ヨット個人選手権470級、渡辺艇〔渡辺(商3)・三好(文4)・上野(文情3)〕が見事優勝! 11月にはインカレ団体優勝を目指す。

9月12日
9/4日本学生陸上競技対抗選手権男子400mハードルで上野晃平(理工4)が見事優勝!
陸上競技のインカレ制覇は我孫子選手以来7年ぶりだ。

9月14日
9/13リオパラリンピックアーチェリーリカーブ男子個人代表上山友裕選手(2010商卒)は9/10のランキングラウンド33人中4位で本戦に挑んだが惜しくも準々決勝敗退

9月19日
9/16秋季関西学生卓球リーグ女子1部春秋連覇達成!
9/4水泳インカレ男子200m背泳西村駿弥(商4)準優勝、男子400m自由形蟹由恭平(商3)準優勝
8/28全日本学生カヌースプリント選手権4つの種目で優勝!

9月27日
9/25関西大学ラグビーリーグ初戦33-31で京産大を逆転!
9/18全国学生相撲個人体重別選手権100kg級準優勝北村。
9/17シンクロマーメイドカップチーム準優勝。9/4全日本けいはんなサイクルロードレース中西、宇佐美が1,2位!
8/28全日本大学自転車ロードレース中西4位。

9月30日
10/25世界空手道選手権女子形大野(H27卒)、山下(スポ4)出場!
9/24全日本実業団対抗女子3000m障害、早狩(H7卒)3年ぶり制覇!
9/4関西学生空手道オープン女子エクセレント東海(スポ4)優勝、女子シニア沖田(スポ2)準優勝。

2016年10月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


10月4日
9/2関西大学ラグビー、バックスを衷心に前半だけで6トライをあげ、92-7で摂南大を圧倒した。〇各部ホームページ等の連絡先(リンク先)を更新しました。

10月7日
10/5岩手国体卓球部から8名出場し活躍。京都府成年女子は5位!
10/2全日本フィールドアーチェリー選手権男子3位、岡田拓巳(商3)。
10/2全関西大学空手道選手権(団体戦)男子形3連覇、女子形優勝。

10月10日
10/9~10関西学生(硬式)野球、関学に15-6、4-2で快勝!

10月14日
10/12関西学生軟式野球秋季リーグ最終戦、立命館を4-0で下し優勝(9勝1敗)。
11/4~西日本大会(兵庫県)出場。
10/10国体ボクシング成年男子バンタム級準優勝嶋田達希(スポ3)。
10/8国体カヌー成年女子スプリントカヤックシングル3位渡邊(スポ2)。

10月17日
10/16関西大学ラグビー38-21近大。
10/15相撲部が創部110周年記念祝賀会を開催。北村総監督(ユニオン名誉会長)が日本相撲連盟から感謝状を贈呈された。

10月21日
10/21~関西学生(硬式)野球、優勝をかけて同立戦始まる。皆さん応援よろしくお願いします!10/20同志社大時代に史上初の大学選手権3連覇を達成し、ラグビー日本代表の司令官で代表監督も務めた平尾誠二さん(1985商卒)逝去。53歳の若さだった。
10/14関西六大学準硬式野球秋季リーグ、同志社が7勝2敗1分で優勝

10月22日
10/21、関西学生(硬式)野球、勝率1位の同志社は同立戦初戦を2-1で制し、優勝に王手!

10月24日
(1)10/22関西学生(硬式)野球、同立戦第2戦1-2で敗れ、明日優勝をかけて戦う。ガンバレ同志社!

10月24日
(2)
10/23関西大学ラグビー、平尾OB追悼胸に関学に45-17で快勝!
10/23関西学生(硬式)野球、勝率最上位だった同志社は0-1で敗れ優勝ならず。来季の健闘を祈る!

10月27日
10/24関西学生(硬式)野球【ベストナイン】投手平尾奎、捕手山岸、三塁手井出、遊撃手平山、外野手福原。
10/22全日本学生ライフル射撃選手権女子ライフル3姿勢個人2位鵜飼風音
10/14関西六大学準硬式野球優勝。11/7~関西選手権へ

10月31日
10/26朝日杯日本学生選手権女子3位松田なつき(商3)・3位渕野ひかる(社)
10/23関西学生フェンシング選手権(男子)団体フルーレ2位、同個人2位高木俊哉(心理1)、サーブル団体優勝、エペ個人2位篠原瑞公(商1)、(女子)フルーレ団体優勝、同個人優勝堀茜音(文4)・3位藤山雪恵(スポ4)、エペ団体優勝、エペ個人優勝吉村美穂(スポ1)。

2016年11月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


11月2日
10/30世界空手道選手権(オーストリア)女子団体形出場の大野ひかる(H27卒)、森岡実久(関学OG)、山下紗葵(スポ4)が決勝でスペインを下し、見事優勝! 2年ぶりの日本の優勝に貢献した。10/30全日本大学卓球総合選手権女子シングルスで成本綾海(商4)が優勝を果たした。この種目では同志社初の快挙だ。

11月4日
10/30全国学生賞典障害馬術大会団体準優勝(連覇ならず)、個人は杉本葵生(商2)&コンエアーが3位。
10/29全日本ライフル射撃選手権男子エアピストル準優勝海老名春興(グロ地4)

11月7日
11/7関西地区大学準硬式野球大会初戦5-1桃山学院大学。優勝まであと2勝、ガンバレ同志社! 11/6西日本学生軟式野球選手権初戦0-1龍谷大。

11月8日
11/8関西地区大学準硬式野球大会準決勝同志社20-5森ノ宮医療大学、龍谷大学6-5大阪経済大学。 明日11/9(水)10時~尼崎ベイコム野球場で龍谷大と優勝を争う!
11/6西日本学生軟式野球選手権初戦0-1龍谷大。

11月9日
11/9関西地区大学準硬式野球大会決勝同志社は龍谷大学を3-0で下し、見事優勝!
11/3関西学生選抜ソフトテニス優勝、井原(商4)・山本(商4)組。
10/30西日本学生レスリング選手権フリースタイル86kg級榎本(商4)が3連覇。フリースタイル最優秀選手に!

11月13日
11/12関西大学ラグビー、75-10で関西大に大勝し、5連勝!
11/11フェンシング五輪銀メダリスト太田雄貴氏(2008年商卒)に「府スポーツ特別功労賞」授与。
10/30西日本フィギュアスケート選手権で木原万莉子(スポ1)優勝!

11月16日
11/13、秋季京都学生バスケットボール選手権優勝!
10/27~28関西六大学軟式野球リーグ新人戦優勝!
10/16全日本学生スプリントトライアスロン選手権女子個人選手権植松2位、チームTT男子選手権稲葉・堀内・渡嘉敷チーム3位

11月19日
11/19関西大学ラグビー、87-19で立命館大に大勝し、6連勝!
11/13、第4回同志社校友会大懇親会で宮本慎也氏、リオ五輪・パラリンピック出場伊勢田愛さんと上山友裕さんがトークショー

11月22日
11/20柔道部創部120周年記念式典・祝賀会開催。
11/20関西学生アイスホッケーリーグ最終同志社は関大、立命館に続き3位。最多得点・ベスト6松永強(商4)。
11/20全日本大学対抗フェンシング、女子エペ5位、女子フルーレ5位、男子フルーレ5位

11月25日
11/20全日本障害馬術大会中障害B決勝松波智香(H24スポ健卒)3位。
11/20全日本大学空手道選手権女子団体形準優勝、男子団体形3位、女子団体組手3位

11月28日
11/27関西大学ラグビー24-23立命大。12/3に優勝をかけて天理大と対決。
11/27同志社大学山岳会90周年・同志社讃嶺岳会75周年祝賀会。
11/25 7人制ラグビー日本代表に鶴田桂樹(法3)。

2016年12月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


12月2日
11/27国際フェンシング連盟開催総会で太田雄貴さん理事に当選。

12月4日
12/3関西大学ラグビー12-34天理大、残念ながら優勝はならず。

12月6日
2017.2.1開催冬季ユニバーシアードにフィギュアスケート部木原万莉子(スポ健1)出場!

12月12日
12/11大学ラグビー選手権42-3中央大を圧倒。17日早大戦に弾みをつける。

12月13日
12/11東京国際馬術大会で清水晶子(スポ健2)が2位!
12/11関西学生アメリカンフットボール1・2部入替え戦、同志社は2部B1位の近大を37-7で下し、1部残留。

12月16日
12/11フィンランドオープン卓球大会に成本綾海(商4)が出場、女子団体で優勝、シングルスは3位

12月17日
12/17大学ラグビー選手権準々決勝、47-31で早稲田に勝利し11季ぶり4強進出、1/2秩父宮ラグビー場で準決勝。

12月18日
12/17硬式野球部創部125周年祝賀会開催。プロ・アマOBシンポジウムも。
12/11全日本空手道選手権女子形個人、大野ひかる(H27卒)準優勝

12月22日
12/22~全日本フィギュアスケート選手権に木原万莉子、笹原景一朗、時國隼輔出場、12/23男子SP、12/24女子SPと男子フリー、12/25女子フリー、フジテレビで放映。

12月25日
12/24全日本フィギュアスケート選手権男子、時國隼輔(商1)22位、笹原景一朗(商2)23位、12/25女子木原万莉子(スポ健1)17位。木原は西日本選手権171.70で見事優勝したが今回は151.35に終わった。来年2月、冬季ユニバーシアードに挑む。
12/17大学ラグビー選手権準々決勝47-31で早稲田に勝利、11季ぶり4強!1/2の準決勝で東海大と対戦。

12月29日
11/19ボート部創部125周年記念式典・祝賀会開催。220名を超える出席者があった。トピックスに金野裕輝コーチからご寄稿。

2016年1~6月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)

2016年1月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


1月10日
オリンピック・イヤー2016年の幕が明けました。アーチェリーの林さん、セーリングの伊勢田さん、ラグビー部のラグビーの松井くんが代表入りですが、今後同志社からより多く出場できるよう応援してまいりますので、皆さまのお力添えをお願い申し上げます。
写真は、昨年11/14に聖地甲子園でOB大会開催の準硬式野球部。

1月15日
写真は昨年11/13開催の東海支部代表者会議で挨拶の豊原会長。

1月18日
1/16全日本卓球選手権大会で高橋真梨子(商4)が中央大学の宮本幸典選手と組んだ混合ダブルスの部で見事、準優勝に輝いた。1984年に大竹克利選手が同じ混合ダブルスで優勝して以来31年ぶり表彰台の快挙となった。
卓球部久保女子監督からご寄稿。写真提供:ニッタクニュース。

1月28日
1/18弓道部が同志社で学ぶ留学生を対象に「弓道体験講座」を開催。台湾、フランス、南アフリカからの男女9人が参加した。礼儀作法、武道の精神など日本の文化を理解する貴重な体験となったようだ。主将の橋角亮介さん(グロコミュ3)からご寄稿。
1/30、今年度第2回同志社スポーツユニオン総会、祝勝会を開催。
 
1月31日
1/30京都ホテルオークラで2015年度同志社スポーツユニオン祝勝会を開催、過去最多の800人が出席し、15部に優秀団体賞、24人に優秀個人賞が贈呈。リオ五輪代表に4人が決定、今後代表入りが有力視される方もおられる。トヨタ自動車名誉会長・日本体育協会の張会長・馬術部OB・今日庵裏千家前家元・JOC名誉委員の千玄室様からも来賓祝辞を頂いた。

2016年2月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


2月14日
1/30開催「2015年度同志社スポーツユニオン祝勝会」の様子をトピックスに掲載。写真は優秀団体賞15部。
2/9、facebook「Doshisha Sports Fanpage」に同志社スポーツアトムのWEB企画「リーダーズ対談」が始まりました。各部のリーダーズ3人が今年目指すところを率直に、熱く語っています。ぜひご覧いただき、応援よろしくお願いいたします。

2016年3月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


3月3日
2015.10.25開催「第12回関東同志社スポーツユニオン総会」報告(細見和史副代表執筆)をトピックス掲載。

3月3日
facebook「Doshisha SportsFanpage」に同志社スポーツアトムのWEB企画「リーダーズ対談」掲載中。各部のリーダーズが今年目指すところを率直に熱く語っています。ぜひご覧いただき、応援よろしくお願いいたします。

3月8日
2015年度同志社スポーツアトム編集局撮影 体育会各部MOVIES『DOSHISHA HEROES』を同志社スポーツユニオンホームページに掲載しました。

3月24日
3/12今出川で体育会表彰式開催。
3/5関西新進テニストーナメント、男子シングルス前川(法3)ベスト8、佐伯僚(法3)・増尾(スポ3)・飯島(スポ2)がベスト16。
3/1秋田県鹿角市開催の全日本学生スキー選手権大会女子1部リレー競技(5km×3)で高木毬衣(スポ4)、菅井千穂(商3)、杉山真理(スポ4)が創部初の準優勝。

3月29日
33/9全関西学生スキー選手権、女子は総合4連覇達成。
3/6ボードセイリング部インカレ団体の部4位。個人の部2位小松正直(法4)、8位大森上総(経3)

2016年4月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


4月10日
4/2~3、全日本空手道連盟主催で例年年度初めに開催される空手道のナショナルチーム選考会で、同志社からは女子個人形で大野ひかる(H27卒)、女子団体形で大野ひかる、山下紗葵(スポ健4)が選ばれた。女子組手では東海志保(スポ健4)、沖田理奈(スポ健2)が選出。

4月19日
4/18関西学生野球、近大に2勝。4/17京都バドミントンリーグ男子優勝。
4/16、伊勢田愛選手(2010商卒)のリオデジャネイロ五輪セーリング女子RSX級出場壮行会が京都タワーホテルで開催、松岡大学長、藤澤副学長、沖田体育会長、所属の福井体育協会役員、同志社スポーツユニオン役員、出身のボードセイリング部OB・OG、現役ら130人が激励


4月30日
4/21関西六大学準硬式野球リーグ0-3立命。
4/18、関西六大学軟式野球リーグ16-0甲南大。
4/17アジアフェンシング選手権で宇山賢出場の男子エペ団体優勝。
4/17関西学生ソフトテニスシングルス選手権樫本素直(商3)優勝。
4/17関西学生サッカーリーグ1-4関学。

2016年5月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


5月2日
4/29関西学生空手道個人選手権女子組手55kg東海志保(スポ健4)優勝、同女子形山下紗葵(スポ健4)優勝。
4/25ラグビー部コーチに元日本代表の大西将太郞(H13商卒)氏。
4/24関西学生サッカーリーグ1-3立命大4/24関西学生ハンドボールリーグ男子30-22京産大、女子10-35大教大

5月10日
5/8春季関西学生卓球リーグ女子6回目優勝。
5/5全関西学生馬術大会総合2連覇5/4関西学生ソフトテニスリーグ36回目優勝。
4/29織田記念国際陸上女子棒高跳我孫子智美(H22卒)優勝、6月の日本選手権でリオ五輪目指す。
4/24関西学生フェンシングリーグ男子フルーレ2位、女子フルーレ優勝
*会長・理事長挨拶更新しました。

5月15日
5/11関西学生野球対関学3回戦10-6で逆転勝利。21日、22日13時~わかさスタジアム京都開催同立戦で9季ぶりリーグ制覇へ挑む!
5/8西日本学生相撲選手権団体2位。
5/5全関西学生馬術大会総合2連覇。

5月19日
5/21、22日13時~関西学生野球同立戦開催。週末は「わかさスタジアム京都」で同志社を応援しよう!! 3月中旬発行の『同志社スポーツユニオン統一名簿第9版』をユニオンメンバーで希望の方に1500円で頒布。事務局(0774-65-7418)まで
*「同志社スポーツユニオンとは」、「事業紹介」更新しました。

5月23日
関西学生野球同立戦、5/21は1-4で優勝を立命にさらわれたが、5/22は17-3と大勝、今日第3戦で勝ち点を挙げ、秋につなげてほしい!

5月24日
関西学生野球同立戦第3戦、6-1で快勝、勝ち点をしっかり取り、2位で春リーグを終えた。秋は優勝目指して頑張ってほしい。

5月26日
優秀戦績クラブ・アスリート一覧更新しました。

2016年6月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


6月3日
6/4同志社スポーツユニオン第1回総会は今出川キャンパス良心館で開催されます。
6/1全日本大学フェンシング王座決定戦は東京駒沢体育館で開催、男子団体フルーレ4位、女子団体フルーレ3位、男子団体エペ4位、女子団体エペ4位。
5/29西日本学生・女子学生剣道大会団体男子・女子とも3位。

6月10日
6/4同志社スポーツユニオン第1回総会開催。役員改選にあたり豊原会長と藤原理事長の続投要請が承認された。夕方には8年余り監督会幹事長を務めた宇野原貴夫スキー部監督の慰労会が開かれ、60人が出席。

6月16日
6/16リオパラ五輪アーチェリー代表に上山友裕さん(H22商卒)。チェコで開催の世界最終選考会3位入賞。
6/12日本学生個人陸上競技選手権400mハードルで上野晃平(理工4)が準優勝。
6/11馬術部OB・OGの同志社健蹄会が創部100周年を新島先生の墓前に報告。6/18に式典祝賀会開催。
5/17ユニオンゴルフ大会記事掲載。

6月22日
6/19関西学生卓球選手権女子シングルス65年ぶり優勝,政本ひかり! 成本綾海2位ワンツーフィニッシュ。
6/18京都ホテルオークラで馬術部創部100周年記念式典・祝賀会が開催され、220人が祝った。
6/10ポルトガルで開催の世界学生カヌー選手権に同志社から3人が出場。OBの田中義胤氏の報告書をトピックスに掲載しています。

6月25日
6/19西日本学生ライフル射撃選手権、女子ライフル伏射優勝・同ライフル3姿勢優勝・同エアライフル立射優勝、鵜飼風音(3冠)。男子ライフル3姿勢優勝、盛田泰成。
5/28ベトナム空手道オープン2016で沖田里奈(スポ健2)が優勝!

6月29日
6/25フェンシングリオ五輪代表太田雄貴選手は壮行会で「金メダル、取ってきます」と力強く宣言!

6月30日
6/29、男子7人制ラグビーリオ五輪の日本代表選手14人が発表され、松井千士(スポ健4)が学生として唯1人選ばれた。俊足を生かし日本にたくさんのトライをもたらしてほしい!
 
2016年11月11日(金) 午後6時30分より、名鉄グランドホテルにて第8回 同志社スポーツユニオン東海支部 各部代表者会議が開催された。本部からは北村名誉会長、豊原会長、大日副会長OBOG会長会議長、藤原理事長、福村副理事長にご出席を賜り、総勢46クラブ78名で各部代表者会議および懇親会が盛況に開催された。また、『同志社スポーツとオリンピック』と題し、アーチェリー部 道永宏監督(監督会幹事長、モントリオールオリンピック銀メダリスト)よりご講演をいただいた。

【代表者会議】
・冒頭、大島支部長・豊原会長からご挨拶を頂き、小栗実行委員長より昨年の総会以降、東海地区で開催された10大会の支援・応援活動について説明がなされた。またユニオンHPやFacebook 『Doshisha Sports Fan Page』等のご紹介がなされた。

2017_0111_01.jpg
大島支部長

2017_0111_02.jpg
豊原会長


・本部報告では、藤原理事長より全国大会・国際大会で優秀な戦績を収めた各クラブの紹介があり、最近のユニオン本部の取組事項についてご説明がなされた。

2017_0111_03.jpg
藤原理事長


・アーチェリー部 道永宏監督(監督会幹事長、モントリオールオリンピック銀メダリスト)より『同志社スポーツとオリンピック』と題しご講演が行われた。ご本人様のオリンピック選出に関わるエピソードやオリンピックでの思い出、2020年東京オリンピックに向けた同志社の展望等、幅広くお話を頂いた。また講演の際中に、モントリオールオリンピック銀メダルを参加者へ回覧いただき、実際にメダルを手にすることができ、皆様おおいに喜ばれた。

2017_0111_04.jpg
道永監督

2017_0111_05.jpg
メダル


【懇親会】
・北村名誉会長よりご挨拶を賜り、力強い乾杯のご発声により懇親会が開催された。

2017_0111_06.jpg
北村名誉会長


・最後に全員で同志社カレッジソング&チアーを行い、鈴木副支部長より中締めのご挨拶を頂き、各部代表者会議が終了した。

2017_0111_07.jpg
鈴木副支部長

以上

作成者:実行委員 吉田和正
京都新聞掲載記事

●12/17 同大、早大破り11季ぶり4強 全国大学ラグビー、京産大は苦杯
http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20161217000105

●1/2 同大完敗、決勝逃す 全国大学ラグビー、東海大に12-74
http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20170102000077

2017_0110_01.jpg
1/2 準決勝 vs東海大戦でのトライ

2017_0110_02.jpg
同志社スポーツユニオン編集局
写真提供:同志社スポーツアトム 只松 憲