トップページ > トピックス

2016年8月アーカイブ

8月23日(火)~28日(日)に、石川県 木場潟カヌー競技場で行われた全日本学生カヌー選手権大会、第4日目のC-1 1000メートルの部で橋本将都(スポ4)が優勝、C-2 1000メートルの部で橋本・亀谷(スポ3)ペアが優勝しました。

詳細は「同志社スポーツアトム編集局」に掲載されています。

■シングル、ペアで全国優勝!:カヌー部
http://www.doshisha-atom.net/headline/result.php?no=2102

【カヌー部】カヤック女子フォア初の準優勝! 新人部門ペア3位!

| トラックバック(0)
8月23日(火)~28日(日)に、石川県 木場潟カヌー競技場で行われた全日本学生カヌー選手権大会、WK-4 500メートルで、日体大との接戦を制し、女子初のメダルを獲得しました。

詳細は「同志社スポーツアトム編集局」に掲載されています。

■「愛」と「信頼」でつかんだ全国準V!:カヌー部
http://www.doshisha-atom.net/headline/result.php?linkno=18&no=2100
雄貴、本当にお疲れさまでした。
リオデジャネイロ五輪の試合当日は、同志社大学飯村ヘッドコーチの家に、京都フェンシング界、平安高校、そして同志社大学の関係者が集結しました。全員、最後まで雄貴の勝利を信じ、必死で応援しました。

しかし、その時は来ました。まさかの初戦敗退。我々はその瞬間に静まり返り、声も出ませんでした。1位シードの雄貴が初戦で姿を消すなど、夢にも思っていなかったからです。地元ブラジル選手への観客の声援、世界ランキング2位というプレッシャーが、雄貴の動きに影響しているようでした。日本が団体で五輪出場を逃した悔しさをバネに、エースとして日本フェンシング界をさらなる発展に導かなければという責任をも感じていたのでしょう。「雄貴ならやってくれる」。周囲のその期待が目に見えない重い荷物となり、雄貴の背中にのしかかっていたのかもしれません。

それでも、雄貴の歩んできた道のりが賞賛に値することは、誰の目にも明らかです。大学を卒業してすぐ、無我夢中で挑戦した北京五輪。日本代表団体のエースとして挑んだロンドン五輪。現役生活の中で4たび五輪に出場し、2つの銀メダルをもぎ取ったことは、快挙としか言いようがありません。ロンドン五輪を終え、一度剣を置いた身から、再び五輪の舞台に立ったことにも驚嘆しています。アテネ五輪からリオ五輪までの12年間に世界中の選手が入れ替わる中、常に世界トップクラスの地位をキープしていたことは、たゆみない努力のたまものです。ひたすら剣の道を追究する雄貴の姿に、多くの人が感銘を受けたに違いありません。

いま全国には、雄貴のサイン入りのフェンシング道具を持った少年少女があふれています。子どもたちに夢を、という雄貴の思いは伝わっているはずです。あんなに小さかったフェンシング大好き少年が、京都の平安高校、同志社大学という土壌でしっかりと種をはぐくみ、世界という舞台で大きな花を咲かせてくれました。雄貴のフェンシング人生に対し、「本当によくやった」と拍手を送らずにはいられない気持ちです。

これからは、新しい人生のスタートです。ようやく重い荷物を降ろせる時が来ました。雄貴なら、どんな世界で生きることになっても、リーダーになってくれるでしょう。今まで支援してくださった方々全員が雄貴のかけがえのない財産です。多くの人の力を借りながら、メダリストとしての自信と誇りを胸に、さらに飛躍していってくれることを祈っています。
 
同志社大学体育会フェンシング部 監督 福﨑 諭


2016_0823_1.jpg
6月25日 太田雄貴選手壮行会で、豊原同志社スポーツユニオン会長と
第6回女子ユース世界選手権に日本代表として出場した女子ハンドボール部の中村千香選手(商学部1年 石川県小松市立高校出身)の試合結果等について紹介させていただきます。

第6回女子ユースハンドボール世界選手権大会は、2016年7月19日から7月31日まで、スロバキア国プラティスラバで開催されました。
大会の参加国および競技方式は、日本、韓国、中国を含む24カ国で、4グループに分かれた予選リーグで6チーム中、上位4位までが決勝トーナメントに進み、予選下位5,6位の8チームによるプレジデントカップ戦(17位から24位を決める順位決定戦)です。

日本の試合結果は、予選リーグA組で1勝1分3敗の5位となり、順位決定戦に回ることになりました。
順位決定戦の第1試合、対中国戦で「30対21」で勝利、第2試合の対アルゼンチン戦も「32対31」で勝利し、総合第17位となり、順位決定戦の1位に授与される「プレジデントカップ」を獲得しました。(写真)

2016_0823_01.jpg
女子ユース世界選手権第17位 プレジデントカップ受賞日本代表中村選手 後列右から3人目


今回のユース日本代表は、1998年1月以降生まれの大学1年生と高校生の中から選ばれた17人のチームで、メンバーは別表(PDFファイル)の通りで、中村選手は、同志社大学から第2回大会に出場した塩野真悠選手に次いで2人目のユース日本代表選手となりました。また、ハンドボール部では、1昨年に東アジア選手権日本代表選手の田邊理紗選手を含め3人目の日本代表選手となりました。

2016_0823_02.jpg
女子ユース世界選手権代表 中村千香選手 右端9番


残念ながら、今回の中村選手は、背番号9番の控え選手としてのメンバー入りで、試合には、最後の2試合に出場したのみでしたが、本人も今回の女子ユース世界選手権の出場を経験したことで、精神的にも肉体的にも大きく成長し、チームの主力選手としてさらなる活躍をしてくれることを期待しています。

なお、全体の優勝はロシアでした。

ハンドボール部監督 守本幸三郎


予選リーグA組
1 7月19日 日本 25-25 アンゴラ 1分
2 7月21日 日本 39-19 チリ 1勝1分
3 7月22日 日本 26-30 クロアチア 1勝1分1敗
4 7月24日 日本 25-36 ロシア 1勝1分2敗
5 7月25日 日本 24-28 ドイツ 1勝1分3敗

結果A組5位


プレジデントカップ(順位決定戦)
1 17~20位戦 日本 30-21 中国
2 17~18位戦 日本 32-31 アルゼンチン

結果全体の17位が確定

ハンドボール第6回女子ユース世界選手権

主催:国際ハンドボール連盟
大会期間:2016年7月19日(火)~31日(日)
開催都市:スロバキア・ブラティスラバ
参加国数: 24ヶ国

1 2 3 4 5 6
Aグループ ロシア クロアチア 日本 ドイツ アンゴラ チリ
Bグループ ハンガリー ブラジル スウェーデン 中国 スペイン コンゴ民主共和国
Cグループ ルーマニア 韓国 フランス パラグアイ カザフスタン ノルウェー
Dグループ デンマーク スロベニア スロバキア エジプト アルゼンチン ウズベキスタン


競技方式:予選ラウンド(上記4組リーグ戦)の後、各組上位4チームはエイトファイナル(決勝トーナメント)へ、エイトファイナル初戦は、A1-B4,A2-B3,B1-A4,B2-A3,C1-D4,C2-D3,D1-C4,D2-C3となる。
予選ラウンド各組5,6位はプレジデントカップ(順位決定戦)へ

最終順位
優勝 ロシア 7位 スウェーデン 13位 スロバキア 19位 パラグアイ
準優勝 デンマーク 8位 クロアチア 14位 ルーマニア 20位 チリ
3位 韓国 9位 エジプト 15位 スペイン 21位 カザフスタン
4位 ノルウェー 10位 アンゴラ 16位 スロベニア 22位 中国
5位 ハンガリー 11位 ドイツ 17位 Presidentu's CUP
日本
23位 コンゴ
6位 フランス 12位 ブラジル 18位 アルゼンチン 24位 ウズベキスタン
京都が原点、道切り開いた フェンシング・太田、次の挑戦へ

 
リオデジャネイロ オリンピック、フェンシング男子フルーレに出場した太田雄貴(H20年商卒・世界ランキング2位)選手関連記事が京都新聞に掲載されました。
 
 
2016年08月09日 京都新聞掲載記事

【リオ五輪 アーチェリー】女子団体、林選手女子個人もメダルならず

| トラックバック(0)
8月7日、アーチェリー女子団体(林OG・川中・永峰)、1回戦はウクライナを6-2で下し8強入り。続く準々決勝で前回優勝の韓国と対戦、健闘したが1-5で敗退となった。
前回ロンドン五輪に続くこの種目2大会連続のメダルはならなかった。

林選手は「悔しいがチーム力でいいプレーができていたので、個人戦に生かしたい」と語った。

最終結果は韓国金ダル、ロシア銀メダル、台湾銅メダル。
金メダルの韓国は1988年のソウル五輪から8連覇の快挙となった。

8月8日、アーチェリー女子個人戦1回戦が行われ、林勇気選手(H19年商卒・堀場製作所)は呉佳欣(中国)に1-7で敗れた。

8月6日に行われたランキングラウンドで林は59位となり、ランキング6位の中国トップ選手と1回戦で当たり、残念な結果となった。
同志社スポーツユニオン編集局

【リオ五輪 フェンシング】太田雄貴選手、悲願の金メダルならず

| トラックバック(0)
8月7日、リオデジャネイロ オリンピックフェンシング男子フルーレ第1シードの太田雄貴(H20年商卒・世界ランキング2位)は初戦の2回戦に出場、地元ブラジルのトルドと対戦した。
序盤から一進一退の展開で、地元の声援を受けたトルドの攻撃に苦しみ、10-12で第1ピリオドが終了。第2ピリオドで巻き返しを狙ったが、13-15でまさかの初戦負けを喫し、悲願の金メダルはならなかった。本人も予想外の早い幕切れだった。

2004年のアテネオリンピック 男子フルーレ個人9位、2008年の北京オリンピック 男子フルーレ個人銀メダルは日本フェンシング史上初のメダルとなった。2012年のロンドンオリンピックでは男子フルーレ個人は3回戦敗退となったが、団体準決勝ではドイツ相手に太田の驚異のねばりで追いつき延長戦を制して決勝へ進出した。決勝ではイタリア相手に39-45で敗れたものの見事銀メダルを獲得した。
その後太田は競技から一時離れたが、東京五輪・パラリンピックの招致活動に携わり再度オリンピックの重みを再確認。一年以上の休養期間を経て競技に復帰した。昨年7月の世界選手権では日本初の金メダルを獲得した。

リオオリンピック初戦敗退について、太田は「全部僕のミス。支えてくれた人全てに申し訳ない気持ちでいっぱい。五輪に対する覚悟がロンドンや北京に比べて弱かった気がしている。(相手選手の)研究面で浅かった」「これで未練なく現役を退けるかな、というぐらいスッキリしている」と述べ、現役引退の意向を表明した。
「五輪に育ててもらい今の自分があり感謝している。最後にずっこけるのは自分らしい」と悔しさとすがすがしさが入り交じったコメントも。

今後の日本フェンシング界を後進に託すためにも目指した金メダルだった。「もっともっと心の底から取りたいと思わないといけなかった」と唇をかみしめた。今後については「スポーツ選手が引退した後の選択肢を増やせる役割を担いたい」と最後は笑顔を見せ、会場を後にした。

フェンシングという競技においてこれほどまでに活躍し日本を感動させてくれた選手は、いなかった。その選手が同志社のOBである喜び。同志社スポーツユニオンとして太田選手には心から感謝し、今後のお幸せを祈りたいと思います。

同志社スポーツユニオン編集局
参考:YAHOO!ニュース、毎日新聞ニュース

【リオ五輪 フェンシング】太田雄貴選手出場テレビ放送予定

| トラックバック(0)
リオデジャネイロオリンピックのフェンシング競技に太田雄貴選手(H20年商卒)が出場いたします。
テレビでの放送予定をお知らせいたしますので、ぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします。


日にち 時間 競技 放映局 備考
8月7日(日) 21:50~22:50 男子フルーレ個人 NHK総合/Eテレ
生中継
8月8日(月) 0:45~3:25 男子フルーレ個人 NHK総合/Eテレ
録画
他競技含む


同志社スポーツユニオン

【リオ五輪 ラグビー7人制男子】テレビ放送予定

| トラックバック(0)
リオデジャネイロオリンピックのラグビー7人制男子競技のバックアップメンバーとして松井千士選手(スポーツ健康科学部4回生)が同行しています。

テレビでの放送予定をお知らせしますので、ぜひ観戦、応援のほどよろしくお願いいたします。

ラグビー7人制男子
日にち 時間 競技 放映局 備考
8月10日(水) 1:00~2:00 1次リーグ NHKBS1 生中継
2:00~3:45 1次リーグ NHKBS1 録画 他競技含む
8:15~10:00 1次リーグ NHK総合/Eテレ 録画 他競技含む
8月11日(木) 9:00~9:50 1次リーグ NHKBS1 録画
8月12日(金) 1:00~3:25 1次リーグ NHK総合/Eテレ 録画 他競技含む
7:35~9:50 順位決定戦
準決勝など
NHKBS1 録画 他競技含む
10:50~11:54 順位決定戦
準決勝など
NHK総合/Eテレ 録画 他競技含む


同志社スポーツユニオン

【リオ五輪 セーリング】伊勢田 愛選手出場テレビ放送予定

| トラックバック(0)
リオデジャネイロオリンピックのセーリング女子RSX級に伊勢田 愛選手(H22商卒)が出場いたします。
テレビでの放送予定をお知らせいたしますので、ぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします。


セーリング女子RSX級
日にち 時間 競技 放映局 備考
8月15日(月) 17:00~18:50 決勝レース NHKBS1 録画 (他競技含む)

*8月8日(水)より予選レース実施。予選の放送予定はありません。

同志社スポーツユニオン