トップページ > トピックス

2015年12月アーカイブ

2015年7月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
2015年7月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

7月4日
6/28、京都府カヌー・スプリント選手権、男子カヤックシングル1位後藤秀平、同カヤックフォア1位同志社(後藤・細川・山口・川野)、同カナディアンシングル1位橋本将都、同カナディアンペア1位橋本・亀谷、同カナディアンフォア1位同志社(亀谷・田中・橋本・森)、女子カヤックシングル1位宍戸美華、同カヤックシングルペア1位山本・宍戸、同カヤックフォア1位同志社(河村・宍戸・山本・渡辺)【新人】男子カヤックシングル1位中野竣平

7月9日
7/5、西日本選抜学生相撲大会、団体リーグ戦2位。7/4日本学生選抜ライフル射撃選手権女子ライフル3姿勢2位鵜飼

7月14日
7/9韓国ユニバ―シアード競泳女子200m自由形で、高野綾が5位。6/4関西六大学軟式野球春季リーグ戦同志社は9勝1敗で優勝。ベストナインに投手石田と三塁手坂8/14~インカレ4年ぶり頂点目指す。

7月17日
7/16モスクワで開催のフェンシング世界選手権男子フルーレ個人決勝トーナメント決勝で、太田雄貴選手(H20卒)がアレクサンダー・マシアラス(米国)を15-10で破り初優勝。個人、団体を通じ、日本勢で史上初めての世界一となった(写真はロンドン五輪の健闘を讃える会当時)
7/5関西学生複合馬術大会団体3位関西六大学リーグ優勝の軟式野球部、坂主将全国優勝へ決意の寄稿。

7月20日
7/19、全日本大学総合卓球選手権団体の部で女子が初の決勝進出、専修大学に1-3で惜敗したが、昨年のベスト8から大きく躍進し、準優勝に輝いた(写真=ニッタクニュース提供)。7/19フェンシング世界選手権男子フルーレ団体7位(太田雄貴選手出場)。7/12京都府総合バドミントン個人選手権一般女子ダブルス準決勝、深川・岸田0-2藤本・宮原(龍大)。混合ダブルス濱岡・辻0-2金子・藤本(龍大)

7月24日
7/20関西学生馬術選手権で住岡が優勝(=写真)関西学生賞典障害馬術大会12年ぶりに団体優勝。 7/19夏季ライフル&ピストル広島大会女子50mライフル3姿勢で、綾本(H27卒)が1位、安井が3位。

7月28日
コペンハーゲンで開催の世界アーチェリー選手権女子団体(林勇気【H19卒/堀場製作所】・川中・永峰)が1回戦で北朝鮮に5-1で勝ち、今大会の上位8カ国・地域に与えられる団体と個人3のリオデジャネイロ五輪出場枠を獲得した。準決勝でインドに敗れ、決勝進出は逃した。林勇気の話「本当にうれしい。五輪は2大会ぶりになる。(五輪まで)準備期間があるので、落ち着いてリオに向けた調整ができる」。

2015年6月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
2015年6月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)


6月1日
5/31、関西学生卓球選手権女子シングルス準優勝高橋真梨子(写真=関西学生卓球連盟提供)、女子ダブルス準優勝成本綾海・政本ひかり、同3位高橋・浜畑保菜美。優秀戦績クラブ・アスリート更新

6月2日
5/31、トルコで開催のアーチェリーW杯、リカーブ団体女子で林勇気(H19卒堀場製作所)、川中、永峰が決勝で強豪韓国を6-2で破り優勝!

6月8日
6/7、フェンシングの全日本学生王座決定戦が大山崎町体育館で開催、同志社は女子フルーレが3位決定戦で中京大に45-25で快勝し3位に。男子はフルーレ・サーブルともに4位。6/5関西学生フェンシングリーグ男子7年ぶり総合優勝(写真)。男子女子フルーレは11年ぶりアベック優勝。男子サーブル優勝、男子エペ3位での快挙だった。

6月9日
6/7、西日本学生相撲選手権で同志社が11年ぶり19回目の団体優勝を達成!(写真)。6/6、京都アクアリーナ開催の京都水泳選手権男子100m自由形西能2位、加藤3位、男子400m自由形蟹田2位、男子1500m自由形川向弘晃1位、女子100mバタフライ永井3位

6月12日
西日本学生バスケット選手権、6/8同志社70-60広大、6/9同志社85-60福教大、6/10同志社79-67大教大。6/7、京都水泳選手権で男子50m自由形西能1位、河野3位、同200m自由形加藤1位、西能2位、蟹由3位、同800m自由形川向1位、同200m背泳小林3位、同50m平泳ぎ小野3位、同200m平泳ぎ河島2位、同200mバタフライ渋谷1位、辻3位、女子50mバタフライ永井1位

6月14日
6/12、台湾で開催のトライアスロンアジア選手権女子でロンドン五輪出場の足立真梨子(H18卒)3位。

6月16日
6/12西日本学生バスケット選手権準々決勝、同志社69-71天理大。6/12、大阪市で開催の日本高野連の評議委員会と理事会で、日本学生野球協会長の八田英二前学長の第7代会長就任が承認された。

6月20日
6/18全国大学ゴルフ対抗戦女子最終成績、同志社6位。6/14国体卓球京都府予選、成年男子準決勝、今西(同志社)1-3大島(早稲田)、成年女子準決勝、成本(同志社)3-0望月(近大)、浜畑(同志社)3-2山前(天理大)、同決勝、成本3-0浜畑。村田学長、沖田体育会長、川崎学生支援センター所長から応援メッセージをいただきました(トピックス)。

6月25日
6/20~21京都ホースショウ(馬術)L級A障害飛越3位田中、M級C障害飛越2位品川、M級B障害飛越1位品川、総合馬場馬術ツースターA2位玉木、同3位田中、M級B障害飛越3位品川。6/21、全日本学生アーチェリー王座決定戦、男子準決勝同志社5-1長崎国際大、同決勝同志社3-5慶応大。女子準決勝2-6近大、同3位決定戦同志社6-2愛知産大

6月29日
6/27、バスケットボール部創部90周年祝賀会が京都ホテルオークラで開催された(写真)。来賓はじめOB・OG、現役ら241名の出席があった。トピックスにマネージャー菴田つつみさんからのご寄稿を掲載しました。6/26、陸上日本選手権、棒高跳び女子で日本記録保持者の我孫子智美(H22年卒)は3位。

6月30日
6/30関西学生バドミントン選手権男子シングルス西坂昇(スポ健1)準優勝。女子ダブルス岸田・深川3位。6/26アジア選手権フルーレ個人で太田優勝。6/29同団体日本は3位。

【準硬式野球部】11月14日に「OB大野球大会IN甲子園」開催

| トラックバック(0)
【準硬式野球部】11月14日に「OB大野球大会IN甲子園」開催

同志社大学準硬式野球部
OB/OG会長 高山武雄

平素より、スポーツユニオンの皆様にはお世話になりまして、感謝しています。さて、弊部が年2回発行しています「準硬便り」第76号が12月20日発行しました。一面は11月14日土曜日に開催されました「OB大野球大会IN甲子園」の記事です。当日は前日からの雨の為、開催は難しいと思っていましたが、早朝から雨が上がり、何とか開催する事が出来ました。北は北海道旭川から、南は沖縄宮古島からと参加者が前日から宿泊していましたので、何としても開催したく思っていました。願いが天に通じたのか何とか3試合する事が出来ました。この開催を計画しましたのは、最近のOB/OG会行事に若いOB/OGの参加が少ないので、何とか沢山の若手を集めたかったからです。次代を育てなければならないとの一念からの発想です。どの部でも、組織でも若手が集まり、運営に参画して貰わないと、縮小し消滅の危機に瀕するでしょう。その趣旨では大成功しました。残念なのは、雨の為多くの参加者が欠席した事です。これからも若手のOB/OGが沢山参加してくれる企画をしていきたいと考えています。
スポーツユニオン会員の皆様のご健勝とスポーツユニオンの益々の隆盛を祈ります。


2015_1225_21.jpg






















































高山OBOG会長 開会挨拶
2015_1228_01.jpg





























高山OBOG会長 始球式
2015_1228_02.JPG




















第一試合前 OBチーム ベンチ前同志社チアー
2015_1228_03.JPG

















第一試合終了後集合写真
2015_1228_04.JPG



参加者グラウンド見学
2015_1228_05.JPG





第二試合終了後集合写真
2015_1228_06.JPG龍城部長閉会挨拶 雨天の為 バックネット裏スタンド
2015_1228_07.JPG













OBOG会員の皆様にはいろいろとお世話に相成りまして、感謝しています。11月14日に念願の聖地甲子園での野球大会を開催する事が出来ました。前日から降り続ける雨の為に開催は難しいと思っていました。然しながら夜半より小降りになり,早朝には曇天に変わりました。球場担当者と話し合いをし、一時間に亘り交渉し、使用許可を得ました。願いが通じたのか、予定の三試合の大半を行えました。流石、甲子園のグラウンドの手入れは素晴らしいものです。参加者は日本全国から来てくれました。北は北海道旭川から二川江一OB,南は沖縄石垣島より村上京子OGと遠路はるばる友と会う為に来てくれました。また、今まで一度もOBOG会に出席した事のないOBOGも来てくれました。懐かしい顔を見て抱き合いました。また、多くのOBOGの皆様のご家族も参加頂きました。懐かしい顔やら、初めてお会いする方々、皆さん交流し顔見知りと成りました。若いOBは結婚した相手を連れてきて、紹介してくれましたし、また子供たちを連れてきて、グラウンドに出てキャッチボールに興じる若いOBも沢山いました。これこそが甲子園で野球をする事の本旨でした。本当に楽しい一日でした。小生、不覚にも第一試合四回裏に顔面にボールが当たり、病院に行き、七針縫う負傷をしました。その後、甲子園に戻り、代打に出てレフト前にヒットを打ちました。痛い思い出の残る日でしたが、多くのOBOGからは一生の思い出になる素晴らしい一日でしたとのメールが沢山来て、やって良かったと心底思っています。我が部はすぐに世代交代期になります。若いOBOGを引きつけ、会の中心となって貰わねばなりせん。人材を育てるのが急務です。新しい人たちにバトンタッチをしなければ、旧態然のままでは、若手は集まらずやがては縮小、消滅の危機に陥ります。どのクラブ、組織でも同じでしょう。この様に野球と野球部に熱い思いを持っているOBOGを集めて、バトンタッチして行かねばなりません。また現役達にも甲子園でプレーさせ、OBOGと交流させ、将来のOBOG会のメンバーとしての自覚を持たせるのも目的の一つでした。我が部が末長く隆盛して存続する為の一環としてのこの大会は充分役立つ事でしょう。また来年も再来年も新しい、楽しい、記憶に残るイベントをやりたいものです。我が部を巣立った多くのOBOG達が、また戻ってきやすい巣を創りたいのです。最後になりましたが、皆さま方とご家族、ご一同様のご健勝を祈念しています。 


12/20掲載『OB会だより』掲載文
【卓球部】12/6 2015年度フィンランド卓球オープン女子団体 日本チームⅡ準優勝
政本ひかり(社2)が出場。
 

2015年度フィンランドオープンが、平成27年12月3日から6日まで、フィンランド、ヘルシンキ、ロホヤで開催されました。
女子団体の部で、日本チームⅡで、政本ひかり(社会学部・産業関係学科 2年)と山本 怜(中央大学)が出場し準優勝でした。
 
この大会は、全日本大学選手権(個人の部)の成績から、男女各4人が選抜され出場しました。
昨年大会も高橋真梨子(商4)が選抜され出場し 同じく女子団体 準優勝でした。
 

2015_1225_11.jpg












卓球部 女子監督 久保 陽
【卓球部】12/20 オール西日本大学卓球選手権女子シングルの部
高橋真梨子(商4)優勝!
 

第1回オール西日本大学卓球選手権(個人の部)が、平成27年12月19日20日、近畿大学記念会館で開催され、女子シングルスの部で、高橋真梨子(商4)が優勝しました。
 
この大会は、関西、東海、中国、四国、九州の5地区学生、上位選手による大会で関西学生選手権より多くの、強豪が集まった大会です。
過去、西日本学生選手権として開催されていましたが、約20年ぶりの復活開催となった大会で見事優勝の栄冠を獲得しました。
 

2015_1225_01.jpg













2015_1225_02.jpg

























2015_1225_03.jpg































卓球部 女子監督 久保 陽

2015年5月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
2015年5月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事) 


5月1日
4/29関西学生空手道個人選手権女子組手55kg東海志保準優勝、女子個人形山下紗葵3位、男子個人形藤田健太郎5位、女子組手50kg級住友優里5位。写真は左から住友、東海、山下、藤田/会長・理事長挨拶更新しました。「同志社スポーツユニオンビジョン」掲載しました。

5月5日
関西学生女子ハンドボールリーグ4/29同志社19-30大教大、5/2同志社30-24龍大/5/2ラグビーアジア選手権第2戦香港戦、第1戦に続きWTB松井が先発。41-0で圧勝/5/2関西学生卓球リーグ男子同志社5-2龍大/女子同志社5-2神戸松陰女子大。

5月7日
5/4全関西学生バスケットボールリーグ同志社5位/5/4関西学生女子ハンドボールリーグ同志社19-34/5/4関西学生女子ホッケーリーグ同志社0-7立命大/5/6朝日レガッタ(ボート)一般女子ダブルスカル決勝、同志社4位/年間スケジュール更新。

5月9日
5/8関西学生バドミントンリーグ男子同志社1-3龍大/女子同志社0-4龍大【最終順位】男子優勝龍大/準優勝同志社/3位立命大/4位 関学大/5位 近大/6位天理大、女子優勝龍大/準優勝関学大/3位京産大/4位同志社/5位立命大/6位武庫川女子大

5月11日
5/6全関西学生馬術大会で28年ぶり総合優勝。写真は優勝カップを受け笑顔の品川主将。LA障害飛越競技/団体戦B優勝、C準優勝。LA障害飛越個人品川優勝。MD障害飛越個人品川優勝。馬場馬術BL1課目稲葉優勝。MB障害飛越杉本優勝と4つの個人種目でも優勝した

5月12日
5/10関西学生卓球リーグ女子2シーズン振5度目優勝。男子は3位。/5/10アーチェリーワールドカップ上海林出場のリカーブ団体女子は4位。/関西学生野球(硬式)5/7同志社3-5近大、5/9同志社2-0京大、5/10同志社6-7京大、5/11同志社11-4京大/5/6関西学生ハンドボールリーグ女子同志社21-23関大/5/6全関西学生馬術大会で28年ぶり総合優勝。個人も4勝で圧勝!

5月14日
関西学生ハンドボール春季リーグ女子1部11チーム中5位で西日本インカレ出場権を獲得。岩田優花選手が2季連続の得点王に輝いた。

5月16日
5/13棒高跳び日本記録保持者の我孫子智美が6月中国・武漢で開催のアジア選手権代表入り。

5月18日
5/16関西学生対校陸上選手権、男子走り高跳びで井戸田峻が2m11で優勝!

5月19日
5/16関西学生ハンドボールリーグ戦男子1年半3季ぶり1部復帰。関西学生対校陸上選手権、5/17男子400m障害上野晃平優勝。5/10関西学生卓球リーグ女子2シーズンぶり5度目優勝!男子は3位。5/6全関西学生馬術大会で28年ぶり総合優勝(写真)。個人戦も4勝!

5月20日
5/17関西学生柔道優勝大会女子3人制、準決勝同志社1-2芦屋大。5/17日拳男子府民大会、3位高橋。関西準硬式野球大学選手権5/15決勝、同志社5-2龍大*同志社は4年ぶり7度目優勝。関西学生対校陸上、5/15男子砲丸投2位大矢、5/16男子3000障害3位宇野、男子走り高跳び2位白男川、5/17女子800m優勝山崎菜月。

5月25日
硬式野球部、関西学生野球(同立戦)5/23同志社1-5立命大、5/24同志社2-1立命大。5/23関西実業団女子高跳びで我孫子智美4m30の大会新で優勝。硬式野球部OB杉浦正則氏が「侍ジャパン社会人代表」コーチに就任。

5月25日
5/16同志社スポーツユニオンゴルフ大会、団体優勝硬式野球部A、個人優勝岩井忠彦氏(硬式野球部)。硬式野球部、関西学生野球(同立戦)5/25、3回戦同志社1-15立命大。

5月28日
5/25関西学生野球ベストナイン同志社から井手隼斗(三塁手)。5/24関西学生ソフトテニス選手権男子ダブルス決勝、萩原・山本(同志社5-3野田・工藤(大阪成蹊大)。5/24京都ラグビー祭・大学交流戦同志社71-12立命大。役員紹介のページ更新しました。

2015年4月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)

| トラックバック(0)
2015年4月「同志社スポーツ」(HPトップページ掲載記事)
 

4月20日
軟式野球部関西六大学、4/16同志社14-2大阪市大/準硬式野球部関西六大学4/16同志社3-2立命、4/17同志社3-2立命/4/15、ラグビーアジア選手権韓国戦日本代表にWTB松井選出/バスケットボール部1年にU-28日本代表の村井大陸

4月22日
4/19織田記念国際陸上、女子棒高跳日本記録保持者の我孫子智美(H22卒)が4m20で優勝/4/19関西学生卓球新人大会男子団体準決勝、同志社A 2-3関学大A。女子シングルス準決勝乙井1-3打浪(神戸松陰女子)/水泳部の高野綾が7月韓国開催ユニバーシアード日本代表に。

4月23日
全国女子駅伝京都チームの早狩実紀監督(H7卒)が引退、今後は、3000m障害日本記録保持者としてリオ五輪出場を目指す/4/19関西学生男子ハンドボールリーグ、同志社23ー20立命大

4月26日
この度、相撲部出身の大相撲力士が誕生した。太田航大くん(H27社卒写真右)はすでに入間川部屋から3月場所で大司(ひろつかさ)というしこ名で初土俵を踏み、築本光紘くん(H27法卒=同左)は伊勢ノ海部屋から5月場所で初土俵を踏みます。皆さん応援よろしくお願いいたします。伊藤壽哉相撲部監督よりご寄稿いただきました。

4月29日
4/25関西学生女子ハンドボールリーグ同志社32ー17関西福祉大/4/26ラグビー関西学生代表19ー40ニュージーランド代表。メンバーに同志社から海士、才田、田淵(卒・代表チーム主将)、大越ら5人/硬野、関西学生野球対関大戦4/25、3-1で勝利するも4/26、3-4、4/27は1-3でサヨナラ負け。



【硬式野球部】 藤田 登先生(名誉教授・元部長監督)を偲ぶ会 

| トラックバック(0)
【硬式野球部】 藤田 登先生(名誉教授・元部長監督)を偲ぶ会


去る9月5日に永眠されました故藤田登先生のお別れ会を11月21日(土)京都タワーホテルに於いて開催いたしました。

先生は京都市立堀川高校から同志社大学に進み 野球部では野手と投手を兼任して活躍。S29年卒業後は同志社大学保健体育の研究・授業を務めながら、昭和57年(1982年)に監督に就任し、昭和58年(1983年)秋リーグ優勝。昭和60年(1985年)からは部長として、リーグ優勝2回(平成2年(1990年)秋と平成5年(1993年)秋)、明治神宮大会優勝(平成2年(1990年)秋)を成し遂げ、硬式野球部にとって輝かしい功績を残してくださいました。
野球以外にもゴルフ、スキー、スケート、登山など多彩にスポーツを愛され、自ら実践し、学生達に教えて来られました。
当日はご家族や同級生・野球部OB47名が集まり、若かりし日の先生との出会いや思い出を各々披露し、奥様の知らなかった話も度々登場し、和やかな雰囲気で会は進行しました。記念撮影をして解散した後は何かもの寂しい感情が湧きあがったのは私だけでは無かったと思います。
藤田 登先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。


2015年12月9日
硬式野球部OB会 森島 淳(S61)

《藤田先生の想いで》
 
昭和57年、私が3回生になる前に当時の漆崎OBから引継いで監督に就任された時、初めて藤田先生とお会いしました。それまでの私の野球人生の中でこれほど選手の自主性を重んじ指導された監督は後にも先にも藤田先生だけでした。

就任直後の感想は「この監督やる気があるのかな~」でした、というのも練習内容は当然監督がメニューを考え、常に厳しいものであるとすり込まれていたためであり、選手に練習内容を決めさせるという考え自体無かったからです。ですから私自身が「自主性の重視」と「放任主義」との違いを全く理解できませんでした。
そのことが理解できたのはつい最近で、藤田先生が「瑞宝中綬章」を受けられた時、祝賀会に参加するまでの数週間のうちに、藤田先生の体育についての文書を読む機会があり、そこで野球というスポーツの成り立ちから今日までを藤田先生の視点で論じており、当時主流であった「野球道」(根性・スパルタ等)とは違い「スポーツ」(楽しく・健康的な)というとらえ方をされていたという事を理解した時に、何十年ぶりに「自主性の重視」の考え方をようやく理解したように思いました。
その後も、私は同志社野球部と距離を置く生活でしたが、同期からの誘いもあり3年ほど前から、OB会の幹事として何度か会議に出席するようになり、その席で藤田先生とお話しする機会に恵まれました。いつも前向きに野球、特に同志社野球部の事を熱く語っておられ、時には会議の中で激しく議論されることもありました。
私が松村前OB会長から会長を引き継ぐにあたり体調も万全ではない中、藤田先生から「上野山が会長を引き受けるのなら、何か役に立ちたい」をおっしゃっていただき、その温かいお言葉に甘えて"顧問"を引き受けていただきました。それから2ヵ月余りでご逝去されましたが、最後の最後まで「私がついているから思い切りやりなさい」と私の自主性を重視していただき、背中を押してくれているように思っています。藤田先生の想いとともに前向きに同志社野球部の現役選手を支えていけるよう、OB会を盛
り上げていきたいと考えております。

最後になりましたが、藤田先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


同志社大学硬式野球部
OB会会長 上野山 善久(S59)

2015_1214_01.jpg




















2015_1214_02.jpg





























2015_1214_03.jpg
                           

【山岳部】西ネパールの未踏峰Aichyn峰を世界初登頂

| トラックバック(0)
【山岳部】西ネパールの未踏峰Aichyn峰を世界初登頂


2015年の今夏8月3日から10月12日の期間で、山岳部現役部員5名は西ネパールの未踏峰Aichyn(アイチェン)峰の世界初登頂を果たした。登頂を果たしたのは仙田裕樹(理工4)、齋藤慎太郎(文4)、玉置悠人(経済4)、高 伽耶(文4)、宇野悠真(経済2)のメンバーで、全員が海外遠征の未経験者だった。ネパール現地時刻で9月3日13時12分に一次隊(仙田、齋藤、高、宇野)、9月8日12時54分に二次隊(仙田、玉置)の登頂である。また未経験者、現役のみの遠征は過去に行われていない。

今年、同志社大学山岳部は創部90周年で、山岳部が長い歴史を築いてきた西ネパールへの遠征を行うこととなった。西ネパールは世界的に見ても特に人が入らないエリアだ。山岳部は1960年のアピ初登頂に始まりサイパル初登頂、ナムナニ初登頂と数多くの遠征を行い、初登頂を果たしてきた。西ネパールは同志社の地域と言っていい。

また、今年4月にネパールを襲った大地震を受けて、以前から関係を持ってきた「クムジュンスクール」への復興支援も行った。今後も復興支援計画を実施していく予定である。


同志社大学山岳部 仙田裕樹

参考:西ネパール遠征Blog『同志社大学体育会山岳部 西ネパール遠征報告』


初登頂の瞬間 (2015年9月3日)
2015_1210_01.jpg

頂上に向かって雪稜を進む(2015年9月3日)
2015_1210_02.jpg

登頂後、Aichmy峰をバックに記念撮影(2015年9月4日)
2015_1210_03.jpg

クムジュンスクールの先生たちと記念撮影(2015年10月5日)
2015_1210_04.jpg


































【バドミントン部】関西学生バドミントン新人戦
- 同志社大学 男子ダブルス優勝! -


11月23日に最終日を迎えた関西学生バドミントン新人戦大会男子ダブルスで、東優太(商2)・西坂昇(スポ健1)組が見事優勝を果たしました。

この大会は、関西学生バドミントン連盟加盟大学の1・2年生が出場する新人戦で、各大学とも既にリーグ戦等で活躍している新人が上位を占める中、主力4年生が卒業した後の次年度を占う意味で重要な大会です。

東、西坂、両名ともリーグ戦の主力メンバーとして活躍していますが、ダブルスのペアを組むのは今大会が初めてとなります。リーグ戦ではそれぞれ上級生とペアを組み出場していましたが、その経験と成長をいかんなく発揮した優勝でありました。準決勝では、第1ゲーム後半までリードを許したものの逆転で勝利、決勝でもファイナルゲームに持ち込まれる苦しい展開になりましたが、終始慌てることなく落ち着いたパフォーマンスで、貫録さえ感じさせる優勝でした。

今まで東はダブルスで、西坂はシングルスで実績を挙げてきましたが、それぞれ学年が進行する次年度、この両名が中心となり、単複に亘ってライバル校のエース級に勝利することが、同志社大学「関西リーグ・西日本優勝」の必須条件となります。その重責を背負う者として、今迄以上に強い気持ちで練習に取り組むことを期待します。


関西新人戦男子ダブルス優勝の東・西坂組
2015_1209_01.jpg































京都学生クラス別大会 
- 男子シングルス・ダブルス優勝! -


一方、京都学生クラス別大会が12月6日に最終日を迎え、男子シングルスで柿本恭平(スポ健1)が、男子ダブルスで高宮渉吾(心理2)・柿本がそれぞれ優勝しました。本大会はBクラスの大会ではありますが、優勝はやはり大きな勲章です。これを機に、更に高いレベルに向けて精進し、Aクラス大会での上位進出を目指してもらいたいと思います。


京都学生クラス別男子シングルス優勝 柿本
2015_1209_02.jpg





































京都学生クラス別男子ダブルス優勝 高宮(左)・柿本組
2015_1209_03.jpg







































バドミントン部監督 村 尾  勉

【應援團】12/26アトムフェスティバル 2015 開催

| トラックバック(0)
【應援團】12/26アトムフェスティバル 2015 開催


我々同志社大學應援團主催によりますアトムフェスティバルを今年も開催致します。
第 107 代にとって今年一年の集大成であり、そして最後の応援です。
ご来場いただくすべての皆さまに元気と勇気をお届け致します。
また、皆さまの更なるご活躍を祈念し、エールを送らせていただきます。
年末のご多忙中かとは思いますが、ご来場のほど團員一同心よりお待ち申し上げます。

2015_1208_01.jpg

以下詳細となります。

・日時: 12 月 26 日(土)
・開場: 15 時 開演 15 時 30 分( 19 時終演予定)
・場所:同志社大学室町キャンパス寒梅館ハーディーホール
・入場無料

お問い合わせ: ducp.honbu@gmail.com


同志社大學應援團第107代團長 矢崎廣夢