トップページ > トピックス

2015年10月アーカイブ

【軟式野球部】西日本大学軟式野球選手権大会試合日程のお知らせ

| トラックバック(0)
【軟式野球部】西日本大学軟式野球選手権大会試合日程のお知らせ
 

関西六大学秋リーグを全勝優勝、春夏連覇の我が軟式野球部は11/7から開催の西日本大学選手権に出場、皆さん応援よろしくお願いします!

 
【大会名:第32回西日本大学軟式野球選手権大会】
11/7   一回戦 湖東スタジアム 10:00開始(一試合目)
11/8   二回戦 滋賀県立大学グランド 13:00開始 (二試合目)
11/9   準々決勝 湖東スタジアム 10:00開始 (一試合目)
11/10  準決勝 希望が丘文化公園野球場 13:00開始 (二試合目)
11/11  決勝 守山市民球場 10:00開始 
 
 
同志社大学軟式野球部
主務 海田将秀
セーリング女子RSX級、伊勢田(H22商卒・ボードセイリング部)が五輪切符
 

リオデジャネイロ五輪の出場枠が懸かるセーリングのRSX級世界選手権は24日、オマーンのマスカット近郊で行われ、女子の伊勢田 愛(28)=福井県体協、同大出=が日本勢最上位の21位に入って国別出場枠を獲得し、代表に決まった。
伊勢田は初の五輪代表。
 
伊勢田愛の話 
今まで日本で1番になったことはないが、選考に勝つことができた。この大会で一日一日成長したことを感じている。まだ課題だらけだが、五輪までに克服し、より上を目指したい。

京都新聞2015.10.25朝刊掲載


2015_1027_21.jpg




























2015_1027_22.jpg






















2015_1027_23.jpg
                           写真提供:ボードセイリング部OG 伊瀬田 愛

秋季リーグ戦「全勝優勝」を成し遂げ、西日本大会へ向け今思うこと

| トラックバック(0)
秋季リーグ戦「全勝優勝」を成し遂げ、西日本大会へ向け今思うこと
 

我が軟式野球部は関西六大学学生軟式野球「秋季リーグ戦」にて、創部2度目となる全勝優勝を果たし西日本大会への切符を掴みました。
 
「全勝優勝」という高い目標を掲げて秋季リーグ戦に臨みました。春季リーグ戦は優勝したものの一敗を喫し、目標の全勝優勝には届かず非常に悔しい思いをしました。この秋季リーグ戦は全国の舞台から一週間後と思うような調整をすることは叶いませんでしたがそれでもチームの思いはただ1つでした。
 
初戦の宿敵立命館との接戦を制し、そこからも一戦必勝で臨み勝利を積み重ねました。一カ月半と長い期間のリーグ戦となりましたが良き戦う状態を常に保ち続け、振りかえれば、5連勝と云う最高の状態で前半戦を折り返しました。迎えた全勝優勝のかかる緊張状態の関西学院との最終戦で、白熱した投手戦(1対1)が繰り広げられていましたが、同点で迎えた終盤の最後のチャンスに我らが絶大なる信頼を寄せる主将(坂三回生)自らによる勝ち越し打によって勝利し、歓喜の全勝優勝を成し遂げました。
 
決して私たちが他大学の選手よりも能力的に優れていたわけではありません。それでも優勝できたのは、私たちが春から取り組んできた粘り強く・丁寧な野球、そして選手一人一人の「勝ちたい」という熱い・貪欲な気持ちがグラウンドとベンチの一体感を生み出した事が、結果につながったのだと確信しております。
 
11月7日より開催される東海学園大学による滋賀県での西日本大会を迎えますが、昨年度の雪辱を果たすべくこれまで培ってきたものの集大成として西日本制覇目指し取り組んで参ります。
何卒、我らの熱き戦いに心からのご声援を宜しくお願いします。


全勝優勝した選手たち
2015_1027_11.jpg
























最終日関学戦で先制タイムリーを放つ御囲(商3)
2015_1027_12.jpg
























最終日関学戦で先発し、好投を見せた石田(商2)
2015_1027_13.jpg

























最終日関学戦でダメ押しの2点適時打を放つ小林(経3)
2015_1027_14.jpg








 












同志社大学軟式野球部主務 三回生 海田将秀
写真提供:同志社スポーツアトム編集局

Facebook「同志社スポーツファンページ」を開設

| トラックバック(0)
Facebook「同志社スポーツファンページ」を開設

 
この度、「同志社スポーツユニオン」と「同志社スポーツアトム編集局」が共同で、Facebook「同志社スポーツファンページ」を開設いたしました。
これを機に、関東同志社スポーツユニオン理事の三上明子さん(硬式野球部OG)と現スポーツユニオン総務委員の亀井薫子さん(硬式野球部OG)に編集局のメンバーとしてFacebookを担当していただきます。

今後ますます、同志社スポーツの活躍をいち早く皆様にお届けできるよう努めますので、「同志社スポーツアトム」機関誌、「同志社スポーツユニオン ホームページ」ともども、Facebook「同志社スポーツファンページ」をご覧いただきますようお願いいたします。


【同志社スポーツユニオン 藤原理事長ご挨拶】

この度のファンページスタートは、同志社スポーツ体育会各部OBOGはもとより同志社スポーツを支援いただく皆様へFBを通じてその活躍をいち早くお届けすることを目的としております。

同志社スポーツの使命はスポーツの強化のみならず校祖新島襄先生の教育の基本理念である知育・徳育・体育を信条とし、世界に通用するアスリートの育成、世界に通用する人物を育成、社会貢献ができる同志社人の輩出であります。

特に道徳に重きをおき、道徳心のある「強くて勝てる同志社スポーツ」、多くの同志社人に勇気と感動を与える「愛される同志社スポーツ」を皆様とともに目指します。

また同志社スポーツは「同志社スポーツの3F精神・フェアプレー・フレンドシップ・ファイティングスプリット」を提唱します。これはスポーツの精神と言える言葉であり、同志社大学体育会としていつの時代にも通用する理念です。スポーツによりフェアプレーの精神を学び、フレンドシップがいかに大切かを知り、目標に挑戦するファイティングスピリットの重要性を知ることが「3つのF」です。

皆様におかれましては平素よりの物心両面のご支援に深く感謝いたしますとともに、今後とも一層の同志社スポーツへのご指導、ご鞭撻をお願いいたしまして、ご挨拶とさせていただきます。

同志社スポーツユニオン
理事長 藤原卓也

同志社スポーツユニオン編集局
全日本大学総合卓球選手権 女子シングルス高橋準優勝
女子ダブルス高橋・浜畑組3位
 

第82回全日本大学総合卓球選手権(個人の部)が、平成27年10月23日より25日で、京都市体育館(ハンナリーズアリーナ)で開催され、
 
女子シングルスの部で、高橋真梨子(商4)が準優勝に輝きました。決勝は専修大学の鈴木李茄選手に3-4の惜敗でした。女子ダブルスの部でも、高橋真梨子・浜畑保菜美(商4)のペアが3位と健闘しました。
 
女子シングルスの部では、政本ひかり(社会学部 産業関係学科2年)がベスト8、成本綾海(商3)がベスト16で、全国ランキングベスト16に3名が入り、本年度は、7月開催の全日本大学総合卓球選手権(団体の部)準優勝とあわせ、日本学生界で輝かしい戦績をあげることができました。
 

個人3表彰
2015_1027_01.jpgダブルス表彰
2015_1027_02.jpg

高橋S
2015_1027_03.jpg






政本S
2015_1027_04.jpg成本S
2015_1027_05.jpg




ダブルス
2015_1027_06.jpg




















卓球部 女子監督 久保 陽
写真提供:ニッタクニュース、関西学生卓球連盟
京都学生新人大会、女子シングルスで角田温子(スポ健1)が優勝、
男子ダブルスで渡邊大樹(スポ健1)・牛尾祐貴(神1)が準優勝。


10月4日、大谷大学にて京都新人選手権の準決勝、決勝戦が行われた。

毎年行われる1.2回生の大会だ。同志社大学からは男子シングルス渡邊、男子ダブルス牛尾・渡邊ペア、女子シングルス角田が最終日まで勝ち残っていた。

男子シングルスの渡邊は準決勝で敗れた。3位決定戦は一進一退の攻防が続いた。しかし僅差でファイナルセットを落とし、4位でこの大会の幕を閉じた。

男子ダブルスの牛尾・渡邊ペアは準決勝で、ファイナルゲームを制し、決勝へと駒を進めた。決勝戦は1セット目を先制され、2セットはなんとか立て直したもののあと一歩届かず、敗れた。2人は準優勝という結果に悔しさを滲ませていたが、賞賛に値する輝かしい成績である。

女子シングルス角田は、決勝まで1セットも落とすことなく快勝を続けた。決勝戦では攻撃力のある相手に力で押され1セットを落としたものの、角田の持ち味であるシャトルへの速いタッチと鋭いショットでファイナルゲームを制し、見事タイトルを勝ち取った。

優秀な成績をおさめた1年生の今後の活躍を期待したい。


▼男子シングルス:渡邊大樹
1回戦 2-0大西(龍谷大)
2回戦 2-0日和佐(京都大)
3回戦 2-0加藤(滋賀大経済)
4回戦 2-0 頼成(京都大)
5回戦 2-0 小西(立命大)
準決勝  0-2 福本(龍谷大)
3位決定戦 1-2 藤井(立命大)
結果 4位


男子ダブルス:渡邊大樹・牛尾祐貴
2回戦 2-0山下・村上(びわこ成蹊ス大)
3回戦 2-0高橋・濱崎(京都大学)
4回戦 2-0國藤・福本(龍谷大学)
準決勝 2-1新本・藤井(立命大)
決 勝 0-2佐藤・小西(立命大)
結果 準優勝


女子シングルス:角田温子
2回戦 2-0宮崎(佛教大)
3回戦 2-0東崎(奈良女大)
4回戦 2-0青山(滋賀短大)
5回戦 2-0小川(立命大)
準決勝 2-0田中(龍谷大)
決 勝 2-1渡邊(立命大)
結果 優勝


女子シングルス優勝の角田
「常に自分から先に攻めていこうと思っていました。これからもその姿勢で粘り強く頑張ります」
2015_1021_01.jpg


































男子ダブルス準優勝の渡邊(右)・牛尾組
シングルスもダブルスも準決勝進出の渡邊は「ダブルスで準優勝できたのは正直、牛尾くんのお陰。シングルスもあともう少しで3位になれず悔いが残るが、パワーをつけてもっと上を目指します」
破壊力あるスマッシュが武器の牛尾は「準決勝では相手のペースになりそうなところを立て直せたが、優勝できなかったので、次は勝てるようにしたいです」
2015_1021_02.jpg




















2015_1021_03.jpg






























バドミントン部主務 高橋真子

【空手道部】男子団体形2連覇!第58回全関西大学空手道選手権大会

| トラックバック(0)
【空手道部】男子団体形2連覇!第58回全関西大学空手道選手権大会


日時:2015年10月11日(日)
場所:大阪商業大学総合体育館
主催:関西学生空手道連盟

11月の全日本大学選手権に向けた前哨戦となる本大会。
同志社は男子団体形で昨年に続き優勝、2連覇を達成したのを筆頭に、男子組手団体戦で31年振りの入賞(第3位)を果たす快挙を成し遂げた。
女子組手団体戦も第3位に入賞し、同志社は参加した全ての種目で入賞を果たした。
試合結果は以下の通り。

【男子組手団体戦】
1回戦:同志社5-0大阪大学
2回戦:同志社2-1天理大学
準決勝:同志社0-3近畿大学
[優勝]京都産業大学、[準優勝]近畿大学、[第三位]大阪経済法科大学・同志社大学

【女子組手団体戦】
1回戦:同志社3-0大阪大学
2回戦:同志社2-0大阪産業大学
準決勝:同志社0-2近畿大学
[優勝]近畿大学、[準優勝]天理大学、[第三位] 同志社大学・京都産業大学

【男子団体形】
同志社 予選1位通過
決勝戦:同志社5-0関西大学
[優勝]同志社大学(2連覇)、[準優勝]関西大学

【女子団体形】
同志社 (不参加)
[優勝]天理大学、[準優勝]芦屋大学



2015_1014_21.jpg

























同志社大学体育会空手道部空洛会
事務局長 青山博明
2015年10月13日

2015リユニオン全同志社人ゴルフ大会 大会成績

| トラックバック(0)
2015リユニオン全同志社人ゴルフ大会 大会成績
2015.10.13
亀岡カントリークラブ

★参加人数92名 24組
  14部6団体

★団体賞
優勝 ボート部(丸山英敏・金澤重光・新井喜範)
2位 ゴルフ部(長田敬市・山口貴司・岡山将和)
3位 應援團(三宅晃・山内博・堀田和彦)

★個人賞
【グランドシニアの部(66歳以上)】
優勝 植谷敏雄(バドミントン部)
2位 澁谷浩一(ラグビー部)
3位 三宅 晃(應援團)

【シニアの部(51歳~65歳)】
優勝 萩野眞(水泳部)
2位 長田敬市(ゴルフ部)
3位 関田功(校友会北海道支部)

【ジュニアの部(50歳以下)】
優勝 藤本直史(卓球部)
2位 小島正也(ラグビー部)
3位 白井広見(ハンドボール部)

【校友会会長賞(全クラス総合優勝)】
萩野 眞(水泳部)

【亀岡賞(全クラス総合40位)】・・・亀岡カントリークラブ40周年記念寄贈商品
富田孝作(相撲部)


同志社スポーツユニオン事務局

開会式
2015_1014_01.jpg

























2015_1014_02.jpg

























2015_1014_03.jpg






















北村名誉会長
2015_1014_04.jpg























豊原会長
2015_1014_05.jpg





















大日副会長
2015_1014_06.jpg








藤原理事長
2015_1014_07.jpg






























団体優勝 ボート部(左から新井喜範氏、丸山英敏氏、金澤重光氏、豊原会長)
2015_1014_08.jpg























グランドシニア優勝 植谷敏雄氏(バドミントン部)と豊原会長
2015_1014_14.jpg









シニア優勝 萩野 眞氏(水泳部)と豊原会長
2015_1014_09.jpg





















ジュニア優勝 藤本直史氏(卓球部)と豊原会長
2015_1014_10.jpg






















校友会会長賞 萩野 眞氏(全クラス総合優勝)と豊原会長
2015_1014_11.jpg


















亀岡賞(40位)ボート部と豊原会長
2015_1014_12.jpg






























カレッジソング
2015_1014_13.jpg



























10/1から京田辺校地「紫苑館食堂」で体育会アスリートへの
夕食プロジェクト開始


同志社スポーツユニオンは、今年初めに提唱いたしました、「同志社スポーツビジョン」「強い同志社」実現のための戦略の一環として、同志社大学、そして同志社生活協同組合に競技力向上のためのアスリート食の提供を求め、協議してまいりました。
その結果、10月1日から京田辺校地「紫苑館食堂」で下記のとおり、アスリート食を提供していただけることとなりました。


2015_1009_06.jpg






















この実施に先立ちまして、さる、9月25日(金曜日)に紫苑館食堂において、学生70名、監督、同志社生協青木理事長、大学関係者、小嶋校友会副会長、他100名に近い参加のもと、試食会が開催されました。
豊原スポーツユニオン会長のご挨拶のあと、生協の理事長でもある青木真実先生(商学部教授)より生協の協力方針などお話しいただき、早速試食に移りました。学生には10月から実施されるアスリート食を実食いただきました。

参加者からは、これは大変値打ちがあり、加えて体力強化のための食育にもつながる、いつも食べている学食よりもおいしい、等‥さまざまな意見や提案をいただきました。
また献立など栄養バランスと価格を検討いただきました木村裕子先生(スポーツ健康科学部非常勤講師)からは具体的にJISS(国立スポーツ科学センター)の基準を参考に、対象者の体組成から必要エネルギー量を算出し、栄養素のバランスや夕食であることを考慮して、管理栄養士が生協のメニューをアレンジして計算し献立を構成していることなど説明いただきました。野球部、柔道部、トライアスロン部その他多くの参加者から提案や、意見をいただき今後のアス食の充実に向けて大変参考となりました。

2015_1009_05.jpg















また、校友会小嶋副会長様からも講評いただき、強い同志社の実現のため、価値のあるアスリート食を実施いただきたいとの激励の御言葉を頂戴いたしました。最後に 久山学生支援センター学生生活課長様より大学として出来る限りの協力をお約束いただき、藤原スポーツユニオン理事長の閉会挨拶で大変有意義な試食会を終了いたしました。
実施概要は以下の通りです、どうぞ各クラブにおかれましては、アスリート食をご利用いただき、これまで以上に競技力向上に努め、成果をあげていただきますようお願いいたします。


2015_1009_03.jpg















2015_1009_04.jpg
























2015_1009_02.jpg
























2015_1009_01.jpg


































同志社スポーツユニオン
理   事   長 藤原 卓也
競技力向上委員長 中井 雅夫

                    



【アスリート食 実施概要】

① 食事提供場所      京田辺校地 紫苑館食堂
② 提供日         10月1日より開始  火曜日から金曜日の夕食
③ 営業時間        20時~22時 (アスリート食営業時間)
                (11時~20時の通常の食堂営業時間終了後切替え)
  *20時以前の「アスリート食」の利用は、事前に連絡を受けた上での対応を調整中
④ 利用対象        原則として事前申し込みの体育会クラブの選手
⑤ メニュー        競技種目、運動消費量に応じたメニューを提案し、選手はそれに応じたメニューを選択(JISSの基準を参考)
⑥ 精算方法       レジにて各自精算
  *生協ミールシステム使用を推奨します
⑦ メニュー  

アス食A 1日3.500kcal摂取対応食 夕食1食分1.200Kcal~1.300Kcal 
1日の例(朝食:700Kcal, 昼食1.000Kcal, 補食:500Kcal)

アス食S 1日4.500kcal摂取対応食 夕食1食分1.600Kcal~1.700Kcal
1日の例(朝食:900Kcal, 昼食1.200Kcal, 補食:700Kcal)

⑦ 価格 
アス食A   800円~ 850円                               
アス食S  1.000円~1.100円

*各部のエネルギーの要望は御相談にのります。(1日2.800Kcal摂取対応食検討中)

尚、本件に関してのご質問がございましたら下記までお問い合わせください。
同志社スポーツユニオン競技力向上委員長  中井 雅夫
携帯:090-1919-1133  E-mail:biee@ezweb.ne.jp
同志社スポーツユニオン事務局 (スポーツ支援課内)
TEL:0774-65-7418  E-mail:jt-1spor@mail.doshisha.ac.jp 

以 上