トップページ > トピックス

2014年11月アーカイブ

【空手道部】3種目で準優勝!第58回全日本大学空手道選手権大会

| トラックバック(0)
【空手道部】3種目で準優勝!第58回全日本大学空手道選手権大会


学生空手界今シーズン最後を締め括る全日本大学選手権大会。女子組手は55回大会以来3年ぶりに決勝の舞台へ。男子組手も東日本の覇者・国士舘大学を破るなど活躍しベスト8と健闘。団体形は男女とも昨年に続き準優勝となった。

日時:平成26年11月16日(日)
場所:日本武道館
主催:全日本学生空手道連盟

【女子組手】
今年5月の西日本選手権大会で優勝し「西の横綱」として臨む本大会。
準々決勝戦で10月の全関西選手権大会で敗れた相手、京都産業大学と対戦するも、これを撃破。準決勝戦の関西学院大学戦も堂々と勝ち上がり、帝京大学との決勝戦へ。
先鋒戦、同志社の東海志保が帝京の染谷真由美に惜敗するも、中堅戦で大野ひかるが帝京の川村菜摘に上段回し蹴りを入れて快勝。勝負の行方は大将戦にもつれ込んだ。同志社の大将は厚海李帆。対する帝京の大将は全日本個人チャンピオンの植草歩。
序盤に厚海が1ポイント先取するも、植草が全日本チャンピオンの実力発揮、1-6で敗れ、準優勝となった。

【男子組手】
10月の全関西でベスト8の男子組手チーム。1回戦・中京学院大学戦、2回戦・慶應義塾大学戦を先鋒から中堅までの3人で勝負を決めて3回戦・国士舘大学戦へ。国士舘大学は5月の東日本大会で優勝している「東の横綱」。その横綱相手に大将戦まで対戦成績2-2でもつれ込む。勝負を決める大将戦・小原健太郎が5-0のポイントで勝利し、大金星を上げた。続く4回戦・大阪商業大学戦も善戦したが対戦成績2-3で及ばず、ベスト8に終わった。

【女子団体形】
昨年のチームからメンバーが一新、大野ひかる、國米櫻、山下紗葵の新メンバーで臨む女子団体形。予選はトップ通過、決勝トーナメント準決勝戦の天理大学を相手に5-0で決勝戦に勝ち上がる。決勝の相手は帝京大学。過去からこの大会で4度目の決勝対決。先に演武する同志社は「クルルンファ」。分解も迫力満点で観客を魅了する。後攻の帝京大学は「雲手」を演武。こちらも帝京男子チームと同じようなスピード感のある分解を披露。旗判定は惜しくも2-3で帝京大学が上回り、同志社は2年連続準優勝となった。

【男子団体形】
男子は予選を2位通過。決勝トーナメント準決勝戦は「形王国」山梨学院大学を相手に4-1で決勝戦に勝ち上がる。決勝戦の相手は女子と同じく帝京大学。帝京は「雲手」を演武。対する同志社は「アーナン」を演じ迫力ある分解を披露したが、旗判定は0-5で敗れ、準優勝となった。

<最終結果>
《組手》
◆男子団体[優勝]近畿大学[準優勝]京都産業大学[第三位]帝京大学/大阪商業大学
◆女子団体[優勝]帝京大学[準優勝]同志社大学[第三位]近畿大学/関西学院大学
《形》
◆男子団体[優勝]帝京大学[準優勝]同志社大学[第三位]駒澤大学/山梨学院大学
◆女子団体[優勝]帝京大学[準優勝]同志社大学[第三位]芦屋大学/天理大学


2014_1127_01.jpg






















同志社大学体育会空手道部空洛会
事務局長 青山博明
2014年11月24日

第48回秋季京都学生バスケットボール選手権大会優勝

| トラックバック(0)
第48回秋季京都学生バスケットボール選手権大会優勝
 

11月16日、デイヴィス記念館にて秋季京都学生の準決勝・決勝が行われました。
試合結果は以下の通りです。
 
準決勝:
○同志社大学 92{39-13. 14-13. 18-14. 21-17}57 京都教育大学●
 
決勝:
○同志社大学 81{18-23. 22-15. 22-10. 19-12}60 京都産業大学●
 
決勝では京都産業大学との試合となり、1Qではリードを許したものの2Q以降は同志社大学が試合の主導権を握り危なげなく快勝いたしました。
よって、第48回秋季京都学生バスケットボール選手権大会を優勝いたしました。
 
またインカレまで1週間を切りました。
初戦は11月24日、代々木第二体育館にて16:20から青山学院大学と試合です。
‑チーム全員勝利を目指し頑張っております。
 
応援よろしくお願いします。
 
 
バスケットボール部マネージャー 小崎 由貴

ホームカミングデーに「東日本大震災被災学生支援募金」を大学に贈呈

| トラックバック(0)
ホームカミングデーに「東日本大震災被災学生支援募金」を大学に贈呈


体育会各部OBOG会の皆様には、同志社スポーツユニオンの活動に対しまして深いご理解と多大なるご支援を賜り、厚くお礼を申し上げます。
また、過日は「東日本大震災被災学生支援募金」へのご協力誠にありがとうございました。

各部OBOG会からの義援金102万円を11/9のホームカミングデーに大学に寄付いたしました。豊原洋治会長が濱直樹最高顧問、藤原卓也理事長、大日常男OBOG会長会議議長
とともに村田晃司大学長を訪問し目録を贈呈しました。大学側は尾嶋史章副学長、桂良彦学生支援機構事務部長も立ち会われました。
後日、桂事務部長から丁重なお礼と、東日本大震災被災学生に対する2014年度秋学期の学費減免は大学院生4名を含む32名の学生から申請がなされ、これらの学生の修学支援に有効にあてさせていただきたい、とご報告がありました。

体育会各部OBOG会の皆様には、この募金に対し2011年から4年続けてご協力いただいております。心から感謝申し上げます。


2014_1114_11.jpg





















2014_1114_12.jpg






















写真提供:同志社大学広報課
同志社スポーツユニオン編集局

バスケットボール部 今後の予定

| トラックバック(0)
バスケットボール部 今後の予定
 

○第48回秋季京都学生バスケットボール選手権大会
11/16
12:30- 準決勝 15:30- 決勝
@同志社大学デイヴィス記念館
 
○第66回全日本大学バスケットボール選手権大会
11/24-30@代々木第二体育館
11/24
16:20- vs 青山学院大学
 
11/26
15:20- vs 大東文化大学と北海道教育大学岩見沢校の勝者
 
11/28 16:40- 準々決勝
11/29 16:20- 準決勝
11/30 16:00- 決勝

2014_1114_02.jpg


















○平成26年度関西学生バスケットボール新人戦
12/7
2回戦 14:30-@近畿大学Bコート
 
12/13
3回戦 12:30-@近畿大学Bコート
4回戦 15:30-@近畿大学Aコート
 
12/14
準決勝 11:00-@近畿大学Aコート
決勝  15:00-@近畿大学Aコート



2014_1114_01.png
























応援よろしくお願いします。

 
バスケットボール部マネージャー 小崎 由貴 

■「第64回全日本学生賞典障害飛越競技」 団体5位、個人4位と健闘 !!

| トラックバック(0)
■「第64回全日本学生賞典障害飛越競技」 団体5位、個人4位と健闘 !!

(開催)平成26年11月1~2日
(会場)三木ホースランドパーク(兵庫県)
(出場)96人馬、団体14校


今年は、3位以内入賞を目指していましたが、残念ながら昨年同様団体5位で終わりました。
優勝は、関西大学が安定した飛越を見せ他校を頭一つ抜け出す素晴らしい成績で5連覇を達成致しました。
2位以下5位までの失点差は僅か<3落下>の差でありながら同志社は今一歩抜け出せない歯がゆい状況がここ3年間続いています。
今年も、1日目のミス(減点)が最終順位に響きましたが、上位校とは馬との信頼関係・選手のメンタル面の差だけではないかと思います。
来年は、絶対に関大を超える!意気込みで挑戦しますので、更なるご支援ご声援をお願い致します。 (総監督:市村元一)

 <団体結果> 優勝 関西大学(-28点) 2位 明治大学(-53点)  3位 早稲田大学(-56点)
           4位  日本大学(-64点)  5位 同志社大学(-71点)  6位 専修大学(-114点)
 <個人成績>
    4 位 品川皇王(3回生、商)&Cセリカ          減点 8
    18位 吉川京太(2回生、商)&ラタミールトーマ     減点28
    23位 住岡崇(3回生、スポ健)&トムボーラ       減点35
    39位 柳井万由子(1回生、スポ健)&ドリド       減点55

(注)障害飛越は馬場内に設置された16の障害を落下や反抗などの過失なしに分速350mで走行します。障害物の高さは最高130㎝、幅320㎝の水濠障害もあります。


柳井万由子(1回生、スポ健)&ドリド
2014_1117_01.jpg






























住岡崇(3回生、スポ健)&トムボーラ
2014_1117_02.jpg





























吉川京太(2回生、商)&ラタミールトーマ
2014_1117_03.jpg





























品川皇王(3回生、商)&Cセリカ
2014_1117_04.jpg





















応援団:鈴木良始学生支援センター長、井上馨馬術部部長、石井利明OBOG会会長はじめ20名を超える応援団
2014_1117_05.jpg



















■「第57回全日本学生賞典総合馬術競技」 団体14位、個人20位と実力発揮できず
 
(開催)平成26年11月4日~5日
(会場)三木ホースランドパーク(兵庫県)
(出場)68人馬、団体14校

第1種目の<馬場馬術>では、団体5位と好位置につけておりました。第2種目の<クロスカントリー>で1走目の玉木(3回生)&フィールドミラクルが出場68頭中33頭が失権する難コースを2反抗で完走し、2走目からの走行次第では久々の上位かと期待を持たせてくれましたが、2走目の住岡(3回生)&エギゾーストノートが日本庭園の水濠障害でまさかの人馬転倒(失権)で万事休す。3走目の品川(3回生)&シーザクルーザーも普段の走行ができす1反抗でのゴールとなりました。
第3種目の<障害飛越>では、玉木が失権、品川も4落下を喫し競技終了。
同志社は昨年から総合馬術を団体で出場していますが、余裕のない馬匹体制で臨んでおり、レベルにUPにはじっくりと体制を整えて行く必要があります。
(総監督:市村元一)

 <団体成績>
優勝 日本大学(-176.5)
2位 専修大学(-204.1)
3位 明治大学(-229.0)
4位 早稲田大学(265.2)
5位 関西学院大学(-279.2)
6位  関西大学(-281.4)
11位 同志社大学  減点2108.7 (失権は1.000の減点)

 <個人成績>
20位 品川皇王(3回生、商)&シーザクルーザー   減点108.7
失権 玉木秀悟(3回生、理工)&フィールドミラクル
失権 住岡崇 (3回生、スポ健)&エギゾーストノート

(注)総合馬術は<馬場馬術><クロスカントリー><障害飛越>の3種目合計で競います。特にクロスカントリーでは2.8㎞の山間経路に設置された25の障害物を5分36秒以内で走行する事が求められます。


玉木秀悟(3回生、理工)&フィールドミラクル
2014_1117_06.jpg

























住岡崇(3回生、スポ健)&エギゾーストノート
2014_1117_07.jpg








品川皇王(3回生、商)&シーザクルーザー
2014_1117_08.jpg




















同志社健蹄会 理事長 山崎雅俊
「ハンドボール部女子部創部10年目にして、リーグ戦初の得点王を受賞」



同志社大学ハンドボール部女子部は、本年度で創部10年目になりますが、関西リーグ1部へは4年目の春季リーグの入替戦で勝利し、1部へ昇格、その後現在まで1部に在籍しています。
この間成績は徐々に上向き、昨年度は春季、秋季リーグとも8チーム中4位という成績となりました。
本年度は、主将の負傷ということもあり、春季は7位と下がりましたが、今回の秋季リーグ戦では我が部のエースである「岩田 優花」(経済学部3年生、愛知商業高校出身)が毎試合7点以上の得点をあげて、7試合で53点を挙げる大活躍で、我が部初めての「得点王」の表彰を受けました。


得点王の賞状とメダルを持つ岩田選手
2014_1110_21.jpg






























岩田選手は、身長が175cmの長身で、ディフェンスの上から打つロングシュートは関西でも一番のスピードと威力があります。秋季リーグでは、岩田選手に引っ張られ、周りの選手も得点が急上昇し、秋季リーグ戦は、ファーストステージで3勝1分け、セカンドステージで2勝1敗の5位と順位を戻しました。

<リーグ戦得点ランキング(同志社大学関係)>

第1位  岩田 優花 53点(1試合平均 7.57)
第6位  加藤 璃子 39点(1試合平均 5.57)
第8位  田邊 理紗 35点(1試合平均 5.0)
第10位 折戸志都佳  32点(1試合平均 4.57)




「関西学生ハンドボール秋季リーグ戦で全日本インカレの出場権を獲得!」


また、女子部は、秋季リーグ戦のセカンドステージで関西学院大学に勝利し、全日本インカレの出場権を獲得しました。
全日本インカレの出場権は、ハンドボール部においては、西日本インカレの予選リーグ(4組で1組4チーム)各組上位2位までの8チームに出場権が与えられ、残り4チームは関西、東海、中四国、九州の4ブロックで未獲得チームの最上位が各ブロック推薦で出場できます。今回の秋季リーグでは同志社大学と、関西学院大学が未だ出場権が獲得できていませんでしたが、この勝利で今年度の目標であったインカレの出場権を獲得することが出来ました。なお、全日本インカレの開催内容等は次のとおりです。



<高松宮記念杯女子第50回平成26年度全日本学生ハンドボール選手権大会>

日程~平成26年11月22日(土)から26日(水)まで
場所~岐阜県岐阜市「岐阜メモリアルセンター『で愛ドーム』ほか」


同志社大学ハンドボール部女子部の対戦日程

1回戦  対東北福祉大学 11月22日(土)16時35分 で愛ドームAコート
2回戦  対環太平洋大学短期大学部と筑波大学の勝者 同23日(日)13時00分 同コート


トーナメント表

2014_1110_22.gif






























同志社大学体育会ハンドボール部
監督  守本 幸三郎
【空手道部】2年振りアベック優勝!第57回全関西大学空手道選手権大会


日時:平成26年10月26日(日)
場所:大阪商業大学総合体育館
主催:関西学生空手道連盟

11月の全日本大学選手権への出場を賭ける本大会。同志社は男女合わせて4種目中3種目での入賞を果たし、全日本大学選手権へ向けて手応えのある試合となった。

・男子組手団体戦 ベスト8
・女子組手団体戦 第三位
・男子団体形   優勝!
・女子団体形   優勝!



2014_1110_11.jpg

























■男子組手団体戦(1部):ベスト8
1回戦は大阪経済大学を5-0のスコアで下す。2回戦は学生空手界の盟主・近畿大学。
苦戦が予想されたが、次鋒・小原大輝(経3)、中堅・中田魁星(商2)が勝利! 最終スコアは2-3の対戦成績で惜敗したものの、学生空手界「最」強豪校を相手に善戦、11月の全日本大学選手権に弾みをつけた。

■女子組手団体戦:第三位
6月の西日本大学選手権で初優勝を飾った同志社。今回も優勝が期待されたが、準決勝戦で京都産業大学に惜敗し、第三位に終わった。
しかし、11月の全日本大学選手権には「西の横綱」として臨む! 

■男子団体形:優勝!(2年ぶり5度目)
予選をトップ成績で通過し、決勝戦は昨年本大会で惜敗した相手・関西大学。先に演武した関西大学の演じた形は「アーナン」。迫力ある演武をこなす。
後攻の同志社も演じた形は同じく「アーナン」。こちらは迫力もさることながら難易度の高い技で分解演武を行い、観客を唸らせる。
判定は、先攻・関西大学のタイムオーバー(分解演武の5分間時間制限)による失格となり、同志社が優勝した。しかしながら、旗判定でも勝利していた演武の出来であったと信じる。

■女子団体形:優勝!(5連覇!)
女子は、メンバーが大幅に変わった。昨年度メンバー山下紗季(スポ健2)に個人形全日本準優勝の大野ひかる(スポ健4)・個人形アメリカチャンピオンの國米櫻(文4)が加わった新チームで初の公式戦に臨む。
女子も予選をトップ成績で通過。
決勝戦の相手は初の決勝進出となる芦屋大学。先攻の芦屋大学は「アーナン」を演武。後攻の同志社は伝統の十八番「クルルンファ」を演武。技の切れ、迫力ともに芦屋大学を上回る内容。
旗判定は審判員全員が同志社を支持し、5-0のスコアで圧勝、5連覇を達成した。
これにより、2年振りの団体形アベック優勝が達成された。

 
同志社大学体育会空手道部空洛会
事務局長 青山博明
2014年10月22日

水泳部創部90周年記念式典・祝賀会開催

| トラックバック(0)
水泳部創部90周年記念式典・祝賀会開催
 

10月18日に水泳部の90周年記念式典と祝賀会が開催された。

午前11時30分より清々しい秋の晴天のなか、若王子神社の新島襄先生と本宮弥兵衛先生(初代水泳部部長)の墓参が現役学生とOBOG合わせ約50名で行われた。
福井90周年実行委員長の講話に続き、現役学生が献花を行い、全員で黙祷を行った。

続いて14時より今出川キャンパス神学館3階の礼拝堂にて90周年記念礼拝が行われた。
キリスト教文化センター所長石川立牧師の聖書朗読から始まり、松岡敬水泳部部長が式辞を述べた。
つぎに水泳部への長年の功績を讃え、6名のOBへ萩野眞OBOG会長が顕彰を行った。
最後に松岡令子さんの後奏で厳かな雰囲気の中、記念礼拝は終了した。
秋晴れの西日の下、クラーク記念館の前で記念撮影が行われた。


祝賀会は17時より京都ホテルオークラにてご来賓の方々、水泳部OBOG、現役学生、現役保護者をあわせ約240名が出席する中、司会の藤田周士(S61)の開会宣言で始まった。
来賓祝辞では同志社大学村田学長、(公財)日本水泳連盟会長鈴木大地氏、同志社大学体育会長の沖田行司先生、同志社スポーツユニオンの豊原洋治会長よりお祝いと期待のご挨拶をいただいた。
続いて同志社スポーツユニオン北村光雄名誉会長の発声で乾杯が行われ、賑やかな祝宴となった。
樋口浩三監督と前主将大橋雅史君(4回生)、新主将西能正剛君(3回生)が今年の成果と来年の抱負を述べ、現役のさらなる活躍を誓った。
吹奏楽部の演奏のもと、應援團、チアリーダー部の演舞が行われ、来賓・OBOG・現役学生保護者から感嘆の声が上がった。
最後に稲田秀一應援團OBOG会名誉会長によるカレッジソング披露ののち、松岡敬水泳部部長の御礼の言葉で中締めとなった。
他大学の来賓からは大変楽しい会だったとお褒めいただき、OBOG、現役学生共に式典の成功を喜んだ。


若王子神社で新島襄先生と本宮弥兵衛先生(水泳部初代部長)の墓参
2014_1107_01.JPG























今出川キャンパス神学館礼拝堂で記念礼拝
2014_1107_02.JPG























クラーク館前で
2014_1107_03.JPG




































祝賀会開会宣言 藤田OBOG会副会長
2014_1107_04.JPG

























村田学長祝辞
2014_1107_05.JPG






















鈴木(公財)日本水泳連盟会長祝辞
2014_1107_06.JPG












沖田体育会長祝辞
2014_1107_07.JPG













豊原同志社スポーツユニオン会長祝辞
2014_1107_08.JPG

北村同志社スポーツユニオン名誉会長 乾杯の音頭
2014_1107_10.JPG

























萩野OBOG会長挨拶
2014_1107_09.JPG





















樋口浩三監督が大橋雅史前主将と西能正剛新主将の紹介
2014_1107_11.JPG
應援團、チアリーダー部の演舞
2014_1107_12.JPG稲田秀一應援團OBOG会名誉会長がカレッジソングを指揮
2014_1107_13.JPG松岡部長御礼の言葉
2014_1107_14.JPG歴代のオリンピック出場者たち
2014_1107_15.JPG




記念撮影
2014_1107_16.JPG







水泳部OB 岩田雄仁(H9商卒)

「第79回全日本学生ヨット選手権 総合三連覇ならず!」

| トラックバック(0)
 「第79回全日本学生ヨット選手権 総合三連覇ならず!」

全日本学生ヨット選手権が、11月1日~11月4日まで 福岡県小戸ヨットハーバーで開催されました。予選を通過した33校48チーム144艇が集まりました。
強風の中7レースが行われ、同志社は470級、スナイプ級ともに二位、総合二位となりました。優勝は、両クラスともに、ライバル早稲田大学でした。

総合成績
1早稲田大学
2同志社大学
3慶応義塾
4日本大学
5九州大学

ヨット競技には、470級とスナイプ級の二種目と総合の3本の優勝旗があります。各級は、二人乗り3艇で 計12名が1チームとなります。



スナイプ級 第5レース 第7レース トップフィニッシュする山田、中川組(3回生)
2014_1110_01.jpg










冬型の気圧配置で強風でのレースになった
2014_1110_02.jpg









最終日の出艇風景
2014_1110_03.jpg










出艇を見送る部員達
2014_1110_04.jpg


OBOGの応援艇
2014_1110_05.jpg



表彰式
2014_1110_06.jpg
























ヨット部鯨会 運営委員長 水上真吾