トップページ > トピックス

小林誠司捕手(H24卒)が巨人から1位指名

| トラックバック(0)
小林誠司捕手(H24卒)が巨人から1位指名


今年のドラフト会議で同志社大学OBの小林誠司捕手(日本生命)がセ・リーグの巨人から1位指名を受けた。巨人指名のうわさは以前から聞いていたが、本当に1位指名が実現して嬉しい限りです。
小林誠司捕手は同志社大学在学中、関西学生野球リーグにおいてベストナイン3回、最優秀選手に1回選ばれ、3年春からの4連覇では中心選手として大活躍した。
我々OBも小林選手のプレーを楽しみに球場へ足を運んだものだった。

捕手としての強肩と頭脳的リードには高校時代から定評があり、広島・広陵高校3年の時、現広島カープ・野村投手らとともに夏の甲子園で準優勝に輝いた。同志社大学に入ってからもその捕手としての力量には、大学OB数多の捕手経験者から殆どアドバイスの必要がなかったくらいだ。
大学卒業時にプロからの誘いはあったが、1位指名以外は入団拒否の姿勢にこだわり、社会人野球で2年間の経験を積んだ。ポスト阿部の正捕手として更なる成長を期待し、巨人・小林誠司捕手の華麗なるプレーを早く見てみたい。

<硬式野球部小玉監督>
大学時代から守備はプロ級、打撃にも勝負強さが光った。日本生命に入社してから打撃に力強さが増し、プロでもやれる自信が出たようだ。とにかく練習熱心で巨人の原監督もその辺を強く感じていたようだ。早くプロの水になれて、長く一線でプレーできる選手に育ってほしい。

<OB会松村会長>
大学時代から捕手としての力量は常に全日本クラスであった。一日も早いレギュラー取りを目指して頑張ってほしい。プロ入り後は更に上の技術に磨きをかけるとともに、無事これ名馬のことわざ通り、体のケアが一番と心得てできるだけ長く頑張ってほしい。


小林選手
2013_1030_01.jpg































同志社時代の小林選手 1
2013_1030_02.jpg
























同志社時代の小林選手 2
2013_1030_03.jpg























野球部OB会 広報 谷村 勉

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://doshisha-su.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/342