トップページ > トピックス

2013年6月アーカイブ

関西学生バドミントン選手権大会

| トラックバック(0)
関西学生バドミントン選手権大会
- 南 淳也(社会メディア3年)シングルス優勝! -


6月10日から開催された第63回関西学生選手権大会において、南(社会学部メディア学科3年)が見事、男子シングルスで優勝を果たし、昨年同大会ダブルス優勝に続き2年連続の快挙を成し遂げてくれた。同志社が関西学生選手権シングルスで優勝したのは、22年振りである。


2013_0621_01.jpg























南の持ち味は、「安定感」と「粘り」。攻守に落ち着いた試合運びと真摯な態度で試合に臨む姿勢は、自他ともに認める彼の強みである。入学当初、弱点であったスマッシュ力を強化し、他大学の強豪とも互角の戦いができる実力を持ちながら、勝負どころで敗退することも散見されただけに、一度も負けることなくトーナメント戦を制したことは、今後の自信に繋がり、主将としての責任と合わせて、今後一層の活躍が期待できる。

決勝戦の相手は、スピードと強打が持ち味の山形選手(龍谷大学4年)であったが、的確なディフェンスを軸にスマッシュを打たせない配球と常に攻撃の意識を持ち続けたことで、攻撃型の相手に連続ポイントを与えない試合運びは、まさに「安定感」溢れる試合、南の真骨頂を存分に発揮した素晴らしい決勝戦であった。

その他、男子シングルスで福家(文情3)、男子ダブルスで福家(文情3)・渡部(スポ健2)がそれぞれ3位と健闘、昨年同大会優勝の伊藤(商4)が中井(商4)と新ペアを組んでベスト8入賞、女子ではダブルスで、深川(商2)・岸田(社福2)が3位、近藤(文情3)・宮沢(商3)がベスト8に入賞することができた。大会前に目標とした、各種目ベスト4以上を少なくとも1つを含む、ベスト8以上に複数入賞を、ほぼ達成することが出来たが、女子のシングルスにおいては一層の精進が必要であろう。


シングルス準決勝 福家(左)
2013_0702_01.jpg













ダブルス準決勝 岸田・深川(手前 黒のユニフォーム)
2013_0702_02.jpg















ダブルス準決勝 スマッシュを打つ福家と渡部
2013_0702_03.jpg












シングルス決勝の南(右)。逆クロスに決めた決勝ポイント。
2013_0702_04.jpg






















体育会バドミントン部
監督 村 尾  勉
写真撮影 木下由美子(OG)
アーチェリー部OG 林勇気さんら日本代表女子チーム ワールドカップで2位!
 

 6/16、トルコのアンタリヤで開催のワールドカップ リカーブ女子団体に出場した日本代表チーム(林〔H19卒〕・加藤・川中)は決勝に進出。韓国に209ー221で惜しくも敗れたが初の2位に輝いた。
 
 リカーブ男子団体決勝でも日本代表チーム〔(古川・大田・田畑〕は韓国に214-225で敗れたものの2位になり、男女揃って2位の大健闘だ。

【空手道部】第3回東アジア空手道選手権大会 優勝!

| トラックバック(0)
【空手道部】第3回東アジア空手道選手権大会 優勝!


2013年6月8日・9日の両日に中国・武漢市で行われた第3回東アジア空手道選手権大会に「女子組手50kg以下級」と「女子団体形」の2種目に同志社選手が日本代表として派遣され、両種目とも見事に優勝! 金メダルを獲得しました。

【女子組手50kg以下級】
[優勝] 東海志保(スポ健1)
決勝戦で元世界チャンピオン・中国のリー選手を5-1で破っての快挙です!
 

2013_0613.jpg





女子組手50kg以下級優勝の東海志保選手(向かって左から2人目)


【女子団体形】
[優勝] 日本チーム(木村陽子[H19経卒]、柏岡鈴香[スポ健4]、森岡実久[関学OG])
昨年のパリ・世界大会チャンピオンの同チーム、決勝戦で中華台北を5-0のスコアで貫録勝ち。


2013年6月
同志社大学体育会空手道部空洛会
事務局長 青山博明


バスケットボール部、西日本選手権大会準々決勝で惜しくも敗退

| トラックバック(0)
バスケットボール部、西日本選手権大会準々決勝で惜しくも敗退
 

大阪府立体育館で西日本学生バスケットボール選手権大会が開催され、同志社は準々決勝で全関の覇者、近畿大学に負け、残念ながら敗退しました。
たくさんの応援ありがとうございました。この敗北をこれからの勝利につなげるためチーム全員で頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします。
 
 
4回戦 6/5(水) vs 常葉大学
○同志社 86 {23-16, 14-11, 28-21, 21-13} 61 常葉●

本日の試合は終始同志社が主導権を握っていました。
最後までリードを守り危なげなく勝利いたしました。

5回戦 6/6(木) vs 富山大学
○同志社 95{28-15,20-16,27-27,20-11}69 富山●

本日の試合は同志社らしいバスケができました。
終始リードを相手に与えず昨日に引き続き良い形で勝利しました。

準々決勝 6/7(金) vs 近畿大学
●同志社 60{13-15,12-20,16-19,19-22}76 近畿○

本日の試合はファウルトラブルもあり、なかなか流れを掴めなかった試合でした。


2013_0610_01.jpg

















2013_0610_02.jpg





















2013_0610_03.jpg



















 
バスケットボール部マネージャー 小崎 由貴

ヨット部 創部80周年 記念式典 祝賀会

| トラックバック(0)
ヨット部 創部80周年 記念式典 祝賀会


平成25年4月29日(昭和の日)、創部80周年記念式典及び、祝賀会が京都ホテルオークラ暁雲の間で開催されました。当日は、初夏を思わせるような好天に恵まれ、全国の31大学、342人の皆様にお集まり頂きました。12時開式です。はじめに、久保会長の式辞のあと、学校法人同志社 大谷総長、同志社大学 村田学長、体育会沖田会長、同志社スポーツユニオン濱会長の祝辞がありました。その後、黒木部長先生の謝辞が行われ式典は無事終了しました。


久保会長のご挨拶
2013_0607_01.jpg






















大谷総長
2013_0607_02.jpg




































村田学長祝辞
2013_0607_03.jpg
























続いて祝賀会の開宴です。先ず、ヨットの歴史を記録した「ヨット部80年の航跡」スライドムービーが放映されました。(H6清水副委員長監修のスライドムービー)NKH大河ドラマ「八重の桜」の音楽にのって、新島先生のテキトウフキの教えが描き出されました。皆様に提供して頂いた貴重な写真を使用しました。参加した他大学のOBOGの皆さんから拍手を頂きました。続いては、山下達郎の「ブロー」が流れます。アメリカスカップ1992 日本チャレンジのイメージソングです。昭和50年代から平成へヨット部の歩みが紹介されました。ヨット部550人の卒業生が進んできた確かな航跡です。

締めくくりとして、カレソンを全員で高らかに歌い、3時間に及ぶ式典、祝賀会が終了しました。


ご来賓による鏡割り
2013_0607_04.jpg





















ビデオ上映
2013_0607_05.jpg






















同志社チアーリーダーによる演舞
2013_0607_06.jpg




















ヨット部鯨会(OB・OG会)広報部

「第40回近畿馬術大会(障害飛越)」で品川&トムボーラが優勝!

| トラックバック(0)
「第40回近畿馬術大会(障害飛越)」で品川&トムボーラが優勝!


開催日:平成25年5月17日~20日 (於)三木ホースランドパーク
     
西日本地区(中部~九州)の有力人馬が集まる公式競技会(日本馬術連盟公認)です。同志社からは全日本学生を見据えてコース・競技の馴致も含め出場しました。

第13競技<MBクラスファイナル>には22の有力人馬が出場、<品川皇王(2回生)&トムボーラ>は1走目を減点0でゴール。減点0の3人馬で行われたジャンプオフでも見事<減点0、タイム36秒41>でゴールし優勝を決めました。

その他の競技でも上位入賞し、また野外コースの馴致などの目的も達成でき、関西学生(7月)や全日本学生(11月)での期待が高まります!


2013_0606_05.jpg






















馬術部 同志社健蹄会理事長 山﨑雅俊

「2013年 同志社健蹄会総会&懇親会」が盛会裏に開催されました!

| トラックバック(0)
「2013年 同志社健蹄会総会&懇親会」が盛会裏に開催されました!


【開催日】 平成25年6月2日(日) 12:00~総会 13:00~懇親会   
【会 場】 同志社大学寒梅館内 フレンチレストラン<WILL>
【出席者】 OB:24名、学生25名
  
本年の総会は、京田辺の馬場を離れて今出川の地で開催致しました。(交通の利便性に加え、新棟「良心館」の竣工や、「新島八重展」なども考慮) 又、久し振りに千玄室名誉会長が顔を出して頂ける事も大きな楽しみでした。千名誉会長は90歳の卒寿を迎えられたとは思えない程のお元気さで、学生時代からの馬術大会での活躍のご様子や現在も日本馬術連盟会長を務めておられる事などお話しいただきました。又握手した時の手の大きさや力強さにもビックリしました。年間の3分の一は海外との事ですが、益々のご健勝を祈念申し上げます。

総会では石井利明会長が挨拶、若手OB/OGの参加強化が今後の取り組み課題となります。又、馬術部の馬房増設などの支援についても承認されました。

一方、懇親会では学生も合流、西村祥吾主将の決意や11名の新入部員の自己紹介も元気一杯です。(部員総数30名) 本田正博監督のユーモア溢れる近況報告や、今年の全日本学生にかける熱い思いも会場を盛り上げました。

馬術部は2016年に創部100周年を迎えます。それまでに"全日本学生制覇を!"是非勝ち獲ってほしいものです。
 
【出席OB/OG】
千玄室名誉会長(S21年卒)、石井利明会長(S38年卒)、須賀清夫(S28年卒)、
上野山剛司(S37年卒)、上田斉治(S39年卒)、福井豊(S45年卒)、藤岡璋光(S45年卒)、
市川俊一(S46年卒)、児玉剛(S47年卒)、市村元一(S47年卒)、 藤田正紀(S48年卒)、
山崎雅俊(S48年卒)、内藤主悦(S51年卒)、儀賀昭夫(S51年卒)、本田正博(S52年卒)、
高崎輝和(S54年卒)、金森敬博(S56年卒)、大濱久直(S58年卒)、瀬古敏晴(S61年卒)、
増井裕之(S61年卒)、定久昌弘(S62年卒)、橋本祐(H20年卒)、大野正樹(H21年卒)、
堀薫(H21年卒)


2013_0606_01.jpg




























2013_0606_02.jpg



























2013_0606_03.jpg





























2013_0606_04.jpg










同志社健蹄会理事長 山﨑雅俊

平成25年 慶応義塾、同志社ヨット定期戦

| トラックバック(0)
平成25年 慶応義塾、同志社ヨット定期戦
 

5月30~31日「平成25年 慶応義塾、同志社ヨット定期戦」が、琵琶湖、大津市沖で行われました。

今回は、慶応義塾15名の部員が、前日から同志社大学ヨット部唐崎艇庫を訪問。手作り料理でのレセプションを行い東西の雄が交流しました。翌日、470級とスナイプ級、各校3艇 計12艇で競いました。
 
競技方法は、湖上にマークを浮かべコースをつくり、このコースを3艇対3艇でセーリングします。
今回は、昨年のインカレ優勝メンバーが多く残った同志社が実力に勝り圧勝しました。
来年は、神奈川 葉山での開催が予定されています。


スナイプ級第一レース
2013_0604_01.jpg















470級スタート
2013_0604_02.jpg











スナイプ級
2013_0604_03.jpg




470級赤いラインの帆が慶応艇
2013_0604_04.jpg



エール交換
2013_0604_05.jpg










集合写真
2013_0604_06.jpg




























ヨット部鯨会(OB・OG会)事務局 水上真吾