トップページ > トピックス

2012年4月アーカイブ

企画展第2期【5/8(火)~6/3(日)】の主な展示品のお知らせ


●水泳部 オリンピック出場者関係
岸田敏馬氏(1964年東京オリンピック役員関係)
樋口浩三氏(1976年モントリオールオリンピック 100m自由形 ジャケットなど)
奥野史子氏(1992年バルセロナオリンピック シンクロナイズドスイミング ソロ・デュエット各銅メダル 着用水着)  
川中恵一氏(1992年バルセロナオリンピック 200mバタフライ第5位関係) 

●ヨット部 オリンピック出場者関係
松永鉄也氏・上野太郎氏 (2008年北京オリンピック セーリング・男子470級 7位入賞賞状)

●ラグビー部
大学選手権3連覇(1982~1984年)盾  試合用ジャージ(紺グレ)
京大との交流を示す資料(交流戦盾、ペナント)  星名杯トロフィー

●サッカー部 

●バドミントン部
(村尾勉氏1988年全日本総合選手権男子ダブルス3位関係、スポーツ写真文庫)

●ゴルフ部(長田敬一氏1984年日本アマチュア選手権優勝関係資料)

●準硬式野球部(2010年第62回全日本選手権優勝関係資料)

●軟式野球部(2011年第34回全日本大学軟式野球選手権大会優勝関係資料―優勝旗な ど)

●スピードスケート部(中井賢二氏1991年ユニバーシアード札幌大会関係資料)

●水泳部(小林一也氏日本記録章など)

●ヨット部(1992年両クラス制覇関係資料


たくさんの方々のご来場をお待ちいたしております。


同志社スポーツユニオン編集局

ボードセイリング部主将 内園拓也、ナショナルチーム入り!

| トラックバック(0)
ボードセイリング部主将 内園拓也、ナショナルチーム入り!


3月6日から8日の3日間、静岡県浜名湖舘山寺にて2012年度の学連ナショナルチーム選考レースが行われ、私共のチームから、主将・内園拓也(文情3)が選出されました。
今年のナショナルチームは、インカレ個人戦でのポイントと、今回のセレクションレースでのポイントの合計により選ばれました。

今年度ナショナルチーム入りを果たした内園は、今後全国各地でおこなわれる練習会にコーチとして参加し、指導を行います。また、学生の日本代表として世界大会にも出場する予定です。

身近にナショナルチーム所属選手がいるという環境を生かし、ボードセイリング部35期現役一同邁進して参りたいと思っております。

どうぞご声援を宜しくお願い致します。


 ナショナルチーム入りした内園拓也
2012_0427_01.jpg







































2012_0427_02.jpg
























体育会本部総務 ボードセイリング主務 三谷和生
空手道部 國米櫻選手 USAオープン並びに北米大会でダブル優勝!


空手道部の國米櫻(こくまいさくら:文学部英文学科2回生)選手が、2012年4月5日から8日にかけてアメリカ合衆国のラスベガスで行われた「USAオープン空手道大会」、並びに同時に開催された「ノースアメリカンカップ空手道大会(アメリカ、カナダ、メキシコが参加)」に女子個人形アメリカ合衆国代表選手として出場し、両方の大会で優勝しました。

「USAオープン空手道大会」では、日本から参加した女子形種目の強豪・中村智枝子選手を決勝戦で破って優勝を飾りました。
※ 國米選手はアメリカ国籍も持っており、今回アメリカ代表として出場したものです。


USAオープン大会で演武する國米選手
2012_0425_01.jpg








































北米カップ、他の入賞者との撮影(國米選手左から2人目)
2012_0425_02.jpg
空手道部空洛会(OB・OG会)事務局長
青山博明

2012年4月25日

「ウェブサイトサポーター」への協力のお願い

| トラックバック(0)
2012年4月吉日
同志社スポーツユニオン会員各位
同志社スポーツユニオン
会 長 濱  直樹
理事長 藤原 卓也

「ウェブサイトサポーター」への協力のお願い


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
また平素は同志社スポーツへ格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

同志社スポーツユニオンではホームページを開設し、会員の皆様に同志社スポーツユニオンの組織のご紹介、各種行事のご案内やそのご報告、さらには各部の活躍状況等について編集局を中心に記事の更新などを積極的に実施させていただき、同志社スポーツユニオンの活動ならびに同志社スポーツへのご理解を深めていただけるよう微力ながら努力させていただいているところであります。今後とも内容の充実を図り、同志社スポーツユニオン会員の皆様をはじめ、多くの方々にご覧いただけるようなホームページにしていきたいと考えております。

 しかしながら、これを維持・発展させていくにはそれなりの費用がかかりますので、  ご支援いただける企業の皆様にお願いしてバナー広告を出していただいておりますが、 この他に「ウェブサイトサポーター」として個人の皆様にもご支援いただける形をご用意  させていただいております。
ご協力いただける皆さまには下記申込書に掲載希望箇所のみご記入の上事務局までFAXいただき、記載の口座までご入金いただきましたら、同ホームページに掲載させていただきます。同志社スポーツや各部への応援メッセージだけでなく、企業や商品のPRでもOKですので、是非ご理解をいただきご支援いただければと考えております。

 厳しい経済環境の中、また日頃より物心両面でなにかとお願いばかりさせていただき、大変心苦しいところではございますが、是非とも本ホームページの趣旨をご理解いただき、 多くの皆様よりご支援いただけますようよろしくお願い申し上げます。

 敬具


*事務局FAX番号、口座番号は申込書に記載されております。

馬術部OB 寺坂昌也氏(S33年卒)ブラジルよりご帰国、歓迎会開催

| トラックバック(0)
馬術部OB 寺坂昌也氏(S33年卒)ブラジルよりご帰国、歓迎会開催


●日  時 
平成24年4月19日(木)13時 (於)東華菜館

●出席者 
寺坂昌也(S33年卒)、木澤一郎、花井淳三(S34年卒)、内藤誠二、波多野衛(S36年卒)、岩崎次郎、山根文三、上野山剛司(S37年卒)、石井利明(S38年卒)、藤岡璋光(S45年卒)、市村元一(S47年卒)、山崎雅俊(S48年卒)

50年ぶりにご帰国の寺坂先輩を囲んで歓迎会が開催されました。
会場の「東華菜館(四条大橋)」には、集合時間の30分前から三々五々集合、寺坂先輩のご到着で時間は一気に50年前の学生時代にタイムスリップ。集まったのは寺坂先輩が4回生(主将)の時の後輩で、(上野山さんや岩崎さんは高校生部員)岩倉厩舎で同じ釜の飯を食った仲間。当時の部員や馬匹の名前が飛び交い、そのエピソードに笑いが渦巻きます。

ブラジルからはパリ経由で飛行時間が20時間(乗継別)もかかったそうですが、米国経由より入国が楽...と旅慣れたお話も。現在もポルトガル語を駆使して現役でご活躍されていますが、お歳の割にメール等ITを駆使されておられるのにもビックリ。ブラジルでの生活や懐かしの馬術部時代など溢れる話題であっという間に2時間が過ぎました。


前列中央の方が寺坂先輩
2012_0423_02.jpg






























同志社健蹄会(馬術部OB会) 山崎雅俊
ボート部(S45商卒)清水正俊さんからボート部ゆかりの「瀬田唐橋」についての紀行文のご寄稿がありましたのでご紹介いたします。


「瀬田唐橋」について思う
昭和45年卒 清水正俊


今年、同志社ボート部は創部121年を迎える。数多くの栄光の中で、私はエイトの一員として昭和41年全日本選手権3位初入賞、42年全日本選手権2位、43年全日本選手権初優勝とメキシコオリンピック代表、44年全日本選手権2連覇という栄誉を得た。

思えば、瀬田川を拠点とした関西勢は、長年の念願であった「打倒関東」と、優勝クルーに与えられる「秩父宮杯」の箱根越えを目指しメンバー共々、日々努力を積み重ねた。この栄冠は、その結果であり、瀬田川に集ったものにとっては、まさしくエポックであった。その後同志社は3度目の優勝と入賞を続け、しばらくは伝統を維持してくれた。しかし今は低迷が続く。

さて2008年、私の定年を期に、40年前1968年メキシコオリンピックに出場した当時3回生のメンバーとメキシコのボート会場を訪れた。そこで偶然、当時のレースで使用した「ワイルドローバー4世号」と感動の再会をした。

この艇は42年に全日本選手権用に作り、戸田の共同艇庫に置いてあった。そして全日本初優勝を果たし、メキシコへ連れて行ってくれた。

その後、この発見は感動の波紋を生み、関係者の努力で、日本への里帰りがかなった。

「ワイルドローバー4世号」は戸田に置かれ、瀬田川を知らないまま、メキシコへ行った。この艇は今、その瀬田川の艇庫にある。
近く、同志社スポーツ記念館に保存される予定である。

また去年5月に同志社ユニオン主催の同志社オリンピアン対談会に出席した。この対談は当時の思い出話を聞きながら、この栄誉を与えてくれた運命、環境等について色々考える機会となった。
私に、多くの感動を与えてくれた瀬田川とシンボルである唐橋について書くことは、ここで漕いだ多くのローヤー(漕手)への賛歌でもあり、ここで練習中に亡くなった方へのレクイエム(鎮魂歌)でもあればと思う。

今年7月には唐橋が塗り替えられる。再び瀬田川に栄える朱色の姿を見るのが楽しみである。



水泳部、高野 綾さん(スポ健1)がロンドンオリンピック代表に決定


4月4日、東京辰己国際水泳場で開催の日本選手権水泳競技大会((兼オリンピック選考会)において、女子200m自由形に出場したスポーツ健康科学部1回生の高野綾選手は1分59秒46のタイムで4位に入賞、標準記録を突破して800m自由形リレーのメンバーとしてオリンピック代表に選考されましたので、お知らせいたします。

どうぞ応援いただきますよう、よろしくお願いいたします。


水泳部OBOG会 副会長 藤田周士
カヌー部 坂田 真(商2)、平成24年度カヌースプリント日本代表に選出


平成24年3月25日~29日香川県坂出市で開催の「2012カヌースプリント海外派遣選手選考会」において、坂田 真(商2)が男子200Mカヤックシングルで4位となり、平成24年度ナショナルチームB代表、Uー23代表に決定しました。

昨年9月開催の「平成23年度全日本カヌースプリント選手権大会」の男子カヤックシングル500Mで3位に入るなどの活躍が今回の選出につながったと思われます。

5月25日~ドイツにて開催の「ワールドカップ第2戦」、8月27~ロシアで開催される「世界大学カヌースプリント選手権大会」に出場する予定です。

どうぞ応援いただきますようお願いいたします。


カヌー部監督 中井 雅夫
企画展「同志社スポーツ-若草萌えて-」第1期(4/1~28)開催中


4月1日から企画展「同志社スポーツ-若草萌えて-」(同志社社史資料センター主催 同志社スポーツユニオン協賛)が開催されている。

開催を前に、3月31日午後3時より、会場の今出川キャンパス ハリス理化学館前でオープニングセレモニーが行われた。

落合万里子社史資料センター事務長司会のもと、八田英二大学長が「企画展の開催おめでとうございます。同志社スポーツのますますの活躍を願っています」と挨拶。
当日は雨だったが、セレモニーの直前は晴れ、50人余りの関係者の見守る中、八田大学長、露口卓也社史資料センター所長、石川健次郎体育会長、真銅正宏学生支援センター長、井上礼之同志社校友会会長、濱直樹同志社スポーツユニオン会長、大日常男同志社スポーツユニオンOB・OG会長会議議長の7人によるテープカットが華々しく行われた。

2012_0406_01.jpg
2012_0406_02.jpg




その後、会場のNeesima Room(同館2階)で布施智子同志社社史資料センター資料調査員による解説で内覧会を実施した。第1期は「同志社スポーツの起こり」がテーマ。第1展示室では硬式野球部出身で3つのオリンピック大会に出場した杉浦正則氏のユニフォーム、ボート部から在学生9人がメキシコオリンピック大会に出場した際の新井喜範氏のユニフォーム、第1回ワールド・ベースボール・クラシック大会に出場、優勝した硬式野球部の宮本慎也氏のユニフォーム等のほか、体育会各部のエンブレム、部誌・記念誌等も展示されている。

第2展示室では、2月に断髪式を行った大相撲の土佐ノ海関(現立川親方)の同志社マークの入った化粧まわし、2009年に全日本学生弓道選手権大会 女子近的個人で優勝の中江明美さんのトロフィー、2010年に全日本準硬式野球選手権大会優勝時の表彰状、1971年にアジア選手権大会 AR女子立射40発競技 団体優勝の射撃部女子のメダル等が展示されている。

2012_0406_03.jpg

























2012_0406_04.jpg
また16時半から、寒梅館1階アマークドパラディーにてオープニング記念ワインパーティーが開催された。大学からは片山傳生企画部長、眞銅学生支援センター所長、西村卓2012年度副学長、沖田行司次期体育会長、露口同志社社史資料センター所長、体育会各部OB・OG会長、主催者の同志社社史資料センター関係者、同志社スポーツユニオン執行役員、藤崎体育会本部委員長など約50人が企画展開催を祝った。


2012_0406_05.jpg


























左から露口社史資料センター所長、布施資料調査員、佐野修弘同志社スポーツユニオン最高顧問
2012_0406_07.jpg




























2012_0406_08.jpg









眞銅学生支援センター所長挨拶
2012_0406_09.jpg



















2012_0406_10.jpg


































画展は昨春から準備が進められ、体育会各部OB・OG会に対して展示品提供の依頼とアンケートを実施、その回答をもとに展示品の選定が行われ、今後2期(5/8~6/3)、3期(6/5~7/1)、4期(7/2~31)と展示替えが予定されている。
6月2日(土)午後~寒梅館ハーディーホールでシンポジウムが予定されており、その
後引き続き同会場で、2012年度第1回総会を開催する予定である。
シンポジウムの内容は追ってお知らせいたします。

期間中は土・日も開催されておりますので、ぜひ部の同窓生、ご家族、ご友人お誘い合わせの上、ご来場いただきますよう、お願いいたします。

○平日は10時~17時、土・日は10時~16時の間開室、祝日は閉室。


同志社スポーツユニオン編集局

3/31実施の企画展「同志社スポーツ-若草萌えて-」

| トラックバック(0)
3/31実施の企画展「同志社スポーツ-若草萌えて-」
オープニングセレモニー・内覧会の様子が京都新聞に掲載


2012.4.1 京都新聞「京日記」

「京都市上京区の同志社大・ハリス理化学館で31日、体育会クラブの歴史を紹介する企画展『同志社スポーツ』の開会式があり、五輪大会に出場したOBのユニホームが来場者の目を引いた。

◇同大で最も古い硬式野球部とボート部の写真や優勝杯など約100点をそろえ、バルセロナ五輪など3大会に出場した野球の杉浦正則さんが着たユニホームも展示している。

◇会場には、体育会のOBら約50人が訪れ『あの頃の練習は厳しかったが、今ではいい思い出』と青春時代を懐かしんでいた。7月31日まで、4期に分けて行う(休館日あり)。無料」            

(江藤 均記者)