トップページ > トピックス

2010年8月アーカイブ

近畿北陸学生ヨット選手権(団体戦)結果

| トラックバック(0)
■近畿北陸学生ヨット選手権(団体戦)結果


8月27.28.29日の3日間にわたり、「近畿北陸学生ヨット選手権(団体戦)」が滋賀県大津市柳ケ崎ヨットハーバーで行われました。

不安定な気圧配置で難しい風のコンディションでしたが、二種目各10レースが行われ、同志社大学が両クラスとも優勝しました。

470クラス団体戦第2レース上位を独占する同志社の青い帆_copy.jpg

この試合は、11月に予定されている全日本インカレの予選を兼ねており、無事、全国大会へ駒をすすめることができました。

ヨット競技は、艇の操作技術だけでなく、チームワーク、風の強弱や方向の変化を敏感に感じ取り予測する総合的な技術が勝敗を分けます。

わがチームの場合、約半数が高校以前からのヨット競技経験者ですが、今回は、大学から始めた選手たちの活躍が目立ちました。

◆総合成績◆
一位 同志社大学、二位 金沢大学、三位 龍谷大学、四位 富山大学でした。(立命館大学は欠場)

*現在は、全日本インカレの最多優勝校として、今年11月に愛知県蒲郡で開催されるインカレに向けて現地にて練習予定です。
もはや琵琶湖では無敵の470級中岡、幸野組_copy.jpg

団体戦スナイプクラス第1Rトップフイニッシュの辰巳、荒川組_copy.jpg
また、8月21.22日、これに先立って行われた「近畿北陸学生ヨット個人選手権」の成績は、次の通りです。

470級 
1位 中岡・幸野組   8点
2位 奈良・東野組  20点
4位 豊田・立石組  35点

スナイプ級
1位 西村・岡本組  20点
2位 北野・杉原組  27点
6位 辰巳・荒川組  51点

以上6艇は、9月3日~5日に福岡県小戸ヨットハーバーにて行われます「全日本学生ヨット選手権大会個人戦」に出場します。

◆競技方法◆
琵琶湖の湖上にスタートとなる直線と三角形にマークを浮かべコースをつくります。最初に風上マークに向けてジグザグのコースを帆走(はんそう)します。一つのレースは、40~60分程度です。各校とも二人乗り3艇、6人が一チームとなります。着順の合計で勝敗を争います。



文:ヨット部OBOG会事務局/水上 真吾

「第45回関西学生障害馬術大会」個人優勝・団体準優勝

| トラックバック(0)
■「第45回関西学生障害馬術大会」個人優勝・団体準優勝
  2010年8月21~22日 (於)三木ホースランドパーク
       
◆大会結果◆
個人 優勝  松波智香(3回生)&トムボーラ
団体 準優勝 松波智香(3回生)&トムボーラ    
         宿野部誉時(3回生)&ハイライン   
         大熊茂樹(2回生)&シルバープラネット

第45回関西学生障害馬術大会_01.jpg

第45回関西学生障害馬術大会_02.jpg
猛暑の中、試合は7:30のスタート。1日目で減点16の2位(松波0、宿野部△8、大熊△8)につけ2日目に大きく期待が高まる。
<大熊&シルバープラネット>は1反抗の減点4でゴール、3走目の<宿野部&ハイライン>は水壕で着水し減点4と夫々前日より良化、最終走の<松波&トムボーラ>は安定感ある走行で減点0とジャンプオフを待つが残り2選手の落下により個人優勝が確定した。
(個人優勝は2007年の藤熊志保以来3年ぶり)

団体は、2日目での逆転を狙ったが惜しくも△4差の2位となった。(優勝は関西大学)
*本田監督、藤熊コーチ、高橋コーチ、大野コーチ総出の指導に感謝!
*応援OB:市村元一氏、水谷和男氏、澤井利和氏...福井から300㌔飛ばしての応援有難うございました!

【お願い】
東京在住のOB/OGの皆様へ:全日本学生(10月23~24日 JRA馬事公苑)での応援を宜しくお願いいたします!
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■「夏休み お子様騎乗会」
2010年8月8日(日)10:00~12:00 (於)田辺馬場

夏休みのお子様の思い出作りに...と企画しました「お子様騎乗会」は和やかに賑やかに開催されました。
馬にまたがったりニンジンをあげたり意外と怖がる子供はいない様子。
スナップ写真の即日お渡しや差し入れのスイカやサンドイッチも好評でした!
本年ご都合のつかなかった馬術部OB/OGの皆様も、来年は是非お誘い併せてご来厩ください。
 
夏休み お子様騎乗会.jpg

文:山崎雅俊(同志社健蹄会 理事長・広報担当)

関西学生テニス選手権大会:テニス部

| トラックバック(0)
■関西学生テニス選手権大会:テニス部

◆試合結果◆
関西学生テニス選手権大会(8月8日~15日 江坂テニスセンター)男子シングルスにおいて佐野光(商4)が優勝、木村(スポ健3)がBest4に入りました。応援ありがとうございました。
 
男子シングルス   準決勝  佐野  6-3 6-1       秦(関学)
                  木村  3-6 6-2 2-6   杉森(関学)
 
             決勝  佐野  6-3 6-3       杉森(関学)
 
尚、京都新聞スポーツ担当記者に8月15日大会会場にて観戦、取材していただきました。
 

文:同志社大学体育会テニス部監督/山下 寛

インカレ戦績連絡:ソフトテニス部

| トラックバック(0)
■インカレ戦績連絡:ソフトテニス部

ご案内しておりましたように全日本学生ソフトテニス大会(大学対抗・選手権ダブルス&シングルス)が8月7日から12日まで長浜ドームを主会場に行われました。

◆試合結果◆
同志社大学は大学対抗の準決勝で優勝した早稲田大学に0-3で敗れました。(▽準決勝 早大3-0同大、立命大3-2日体大▽決勝 早大3-1立命大・早大は4連覇)結果は3位でしたが来季以降の覇権奪回に向けての足がかりになったととらえております。

個人戦シングルスは同志社大学勢がベスト4に3人食い込む大健闘を見せました。清水慶(経済・3年次生・後衛)が決勝で敗れ、惜しくも準優勝にとどまりました。3位は安部良輔(商・4年次生・後衛)と増田健人(法・2年次生・後衛)です。主将の越智大輔(商・4年次生・前衛)は準々決勝で増田との同士討ちに敗れてベスト8でした。ダブルスは全般に振るわず増田・柴田章平(スポーツ健康科学・3年次生・前衛)組がベスト8に入ったのが最高でした。西日本大学対抗の4連覇に続いて日本一の王座奪還に燃えて練習してきましたが、あと一歩及びませんでした。来季の躍進に向けて新チームは今月30日から京田辺コートで練習を再開します。今後ともよろしくご高配のほどをお願い申し上げます。

◆試合予定◆
4季連続32度目の優勝がかかった秋の関西学生リーグは9月20、21の両日に長浜ドームで開催されます。また結果はご報告申し上げます。


文:体育会ソフトテニス部コーチ/高橋寛

「琵琶湖スナイプ選手権」「琵琶湖470選手権」

| トラックバック(0)
■「琵琶湖スナイプ選手権」「琵琶湖470選手権」レース結果:ヨット部

8月7.8日の二日間、全日本予選を兼ねた、「琵琶湖スナイプ選手権」「琵琶湖470選手権」が大津市沖の琵琶湖で行われました。

学生と社会人が同じレースコースを走るレベルの高い大会です。重点強化クラブに選出していただいて初めての公式レースとなりました。今回は、個人戦でしたが部員一同、気を引き締めて試合に臨みました。

琵琶湖水域ではすでに学生のトップレベルにいる同志社にとって、社会人セーラーとのレースは、非常に有意義な経験でした。今回は、合計65艇が参加し、7レースが行われました。

◆レース結果
スナイプ級優勝 西村秀樹、岡本玲子組(ともに二回生)
470級 中岡弘章(四回生)、幸田達也(一回生)
※社会人セーラーを僅差で破り優勝しました。

■競技方法
琵琶湖の湖上に三角形のマークを浮かべコースをつくり、このコースを約50分かけて帆走(はんそう)し、着順の合計で勝敗を争います。

■種目
3枚の帆をもつ国際470級と二枚帆の国際スナイプ級の二つがあります。
ヨット競技は、艇の操作技術だけでなく、風の強弱や方向の変化を敏感に感じ取り予測する総合的な技術が勝敗を分けます。現在は、全日本インカレの最多優勝校として、今年11月に愛知県蒲郡で開催されるインカレに向けて練習中です。

 
470サイド下3艇.jpg
(優勝した470級第5レース 、トップ争いするブルーのスピン(帆)同志社艇3艇)


◆次のレースの告知

8月21,22日 近畿北陸学生ヨット選手権(個人戦)大会
8月27.28.29日 近畿北陸学生ヨット選手権(団体戦)大会
※全日本インカレの予選となるレースとなります。

・場所/ともに滋賀県大津市柳ケ崎ヨットハーバー

<観戦についての問い合わせ>
水上真吾(ヨット部OBOG会事務局) 080-5304-5971

リベンジ !

| トラックバック(0)
「リベンジ」
 
関西学生テニス選手権大会が8月8日から大坂靭公園テニスコートで開催されます。昨年おしくも準優勝の佐野光(商4)、井上愛(法2)は今年はもちろん優勝することを期待されています。(男子14名、女子9名が出場)応援よろしくお願い致します。
 
全日本都市対抗テニス大会が7月16日から山口県にて開催されました。京都代表として参加した佐野光(商4)は3位に入賞しました。応援有難うございました。
 
文:同志社大学体育会テニス部監督/山下 寛