トップページ > トピックス

2010年7月アーカイブ

近畿北陸学生ヨット女子選手権結果

| トラックバック(0)
7月3.4日の二日間にわたり、近畿北陸学生ヨット女子選手権が滋賀県大津市柳ケ崎ヨットハーバーで行われ、同志社からは、2クラスに各一艇が参加しました。

結果
スナイプ級  3位 岡本・好本・北野組(17点)
470級    4位 豊田・池田組(27点)

両艇とも、全日本学生ヨット女子選手権大会への出場が決定致しました。 


スナイプ女子選手.JPG

■ヨット競技と女子選手
1988年のソウルオリンピックに女子470級が採用されてから、体育会にも女子選手が本格的に入部してきました。

ヨットは、風のエネルギーを使ってセーリングする競技です。心地良い微風から台風並みの強風域まで、様々なコンディションで試合が行われます。ヨットは、体重別の競技ではありませんので、強風域では、体重と体力が必要になります。一方、微風~中間風では体力よりも技術、また体重の軽さが艇のスピードにとって有利になります。

現在、ヨット競技においては、女子選手の活躍が増えてきており、平均すると2割の女子選手が男子選手とともに競技を行っています。ヨット部でも29名の選手のうち7名が女子選手です。

詳しくは、ヨツト部ホームページ http://duyc.net/をご覧ください。


文:ヨット部OBOG会事務局/水上真吾

トライアスロン部、潮来全日本学生選抜大会で団体優勝の快挙

| トラックバック(0)
5月31日に全日本学生選抜大会が潮来で開催された。

この大会は、昨年の学生選手権を含む主要な大会で団体戦上位8チーム(1チーム5名出場)のみが出場することができる選抜大会であり、インカレの前哨戦として注目されている大会である。同志社からは上野(スポ健・3)、石橋(理工・3)、笠井(法・2)、丸岡(法・2)、三村(政策・2)の5名が部内の選考レースに勝ち残り出場することになった。

大学選抜の部は8大学40名が出場。スイムは利根川を1周回する1500m。水温は15℃とかなり低い中、9時にスタートをきった。スイムを得意とする石橋と上野がトップとの選手との距離をキープしながら30秒差の2位と3位で同時にスイムをフィニッシュ。スイムを苦手とする笠井・丸岡・三村も9位、11位、15位とトップと3分以内の好位置でバイクへ移った。
バイクは、平坦でコーナーも多く向かい風の強い40kmのコース。スイムをトップで終えた明治大学の選手がそのままトップを維持したままバイクをフィニッシュ。石橋・上野も順を1つ落とすものの3位・4位の好位置をキープ。笠井・丸岡・三村は順位を少しあげ10位以内でバイクをフィニッシュしランへ移る。
ランは利根川の平坦な河川敷を走る10kmのコース。東北大学の選手が怒涛の追い上げを見せ、首位になりそのまま優勝へ。石橋は最後まで粘りきり3位入賞。笠井・丸岡も順位を少し上げ、5位と6位に入賞した。三村はランラップ2位の快走を見せ8位まで順位を上げた。上野は終盤ペースが落ち、9位という結果となった。

総合結果としては全国選抜大会で同志社勢が10位以内に5名入るという層の厚さを十分に発揮し、同志社として10年ぶりの団体優勝という快挙を達成してくれた。インカレの前哨戦としては幸先のいいスタートを切ることができた。

◆試合結果◆
【個人戦】
image03.jpg











【個人戦】
image04.jpg




















image06.jpg


































文:トライアスロン部監督/良田智雄

接戦の末・・・惜しくも敗れる(応援に行こう「サッカー部」)

| トラックバック(0)

 (記録:同志社スポーツユニオン組織強化委員 佐野聡伸)


総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント1回戦(対戦相手仙台大学)

日時:平成22年7月4日(日)18:00キックオフ

場所:西京極総合運動公園 陸上競技場

応援参加 青年幹事:陸上ホッケー 牧本さん、応援団寺田さん、柔道部 佐野聡伸
    スポーツユニオン:藤原理事長、宇野原監督会幹事長、稲田応援団OB会長 ほか


当日は前日までの梅雨空が嘘のように涼しくも晴れ渡り、同志社大学のホームグラウンド
ともいえる西京極陸上競技場に東北地区予選優勝の仙台大学を迎え撃ちました。
対するわが同志社大学は6月はじめの関西学生選手権で14年ぶりに優勝し上位進出に期待が
かかり、部員の応援もチアリーダーも人数でも圧倒し、いやが上にも意気が上がります。
ところが、気負いがあったのか開始3分一瞬のすきを突かれ先制点を奪われます。
その後同志社が押し気味に試合を進めボールを支配し、決定的なチャンスを数度迎えますが
またカウンターをくらい前半0-2で終了。後半も先に点を取られてしまい、2点を返して
あと一歩まで追い込みますが時間切れで2-3で惜しくも敗れてしまいました。
後半は息つく間もなくチャンスの連続であと何分かあればと悔やまれました。
応援のほうはデットヒートもあり小旗メガホンでにぎやかに、家族もつれて行きましたが
みんな大盛り上がりの楽しい一日でした。
次はどの部の栄光に立ち会えるでしょうか、ぜひ皆様も友達、家族誘い合わせ次の「応援に行きましょう」!

サッカー応援1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー応援2.JPG

 

柔道部女子 関西学生女子柔道優勝大会三連覇

| トラックバック(0)
柔道部女子 関西学生女子柔道優勝大会三連覇

5月23日、尼崎市記念公園総合体育館に於いて、第18回 関西学生女子柔道優勝大会が開催されました。今大会は同志社女子柔道部にとって、全国大会出場の切符を手に入れるだけでなく、女子3人制悲願の3連覇の懸かった大会であり、選手達は厳しい練習にも耐えてきました。
 
3人制の試合は、3名の選手の点取り方式によるトーナメント戦で行われます。1回戦の相手は大阪教育大学。2-0で下し、力の差を見せつけ次へ駒を進めます。2回戦の相手は京都産業大学。実は今大会に先立ち5月2日に開催された京都学生女子柔道大会において、我々同志社女子柔道部は京都産業大学との試合に0-1で敗れ、悔しい思いをしました。3連覇のためには、同じ相手に二度は負けられません。橘沙織(スポーツ健康科学部3回生)が押さえ込みで勝利し、竹本舞(法学部4回生)は惜しくも引き分けとなりましたが、中野なつみ(スポーツ健康科学部1回生)の活躍もあり、2-0で勝利しました。決勝戦は関西大学。まずは橘が勝利し同志社によい流れを生みます。続く竹本は先に相手にポイントを取られますが、一本勝ち。最後は中野がきっちりとおさえ、3-0で勝利。見事優勝、悲願の3連覇を果たすことができました。
2010.7.1柔道女子三連覇_copy.jpg

我々柔道部は、女子も男子も切磋琢磨し合いながら日々稽古に励んでおります。同志社柔道部らしい、自主自立の精神を大切にすると共に、素晴らしい伝統に恥じぬよう取り組んで参ります。皆さん、応援よろしくお願いします。

応援に行こう 全日本大学サッカートーナメント1回戦

| トラックバック(0)
今回は6月はじめの関西学生選手権で14年ぶりに優勝したサッカー部が、
第34回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントに関西第一代表とし
て出場(2年連続)いたします。 上位進出が期待できそうです。
初戦に奮ってご参加ください!!
                ☆

日時:平成22年7月4日(日)18:00キックオフ
場所:西京極総合運動公園 陸上競技場
   (京都市右京区西京極新明町32 TEL.075-313-9131)
◆JR京都線「京都」駅下車
  →市バス「京都市スポーツセンター前」下車→徒歩約5分
◆阪急京都線「西京極」駅下車→徒歩約5分
 入場料金:無料(入場券は不要です。)
 対戦相手:仙台大学
 
観客席にて、青年幹事会メンバーが「同志社スポーツユニオン」の幟を
持っておりますのでそちらにお集まりください。