トップページ > トピックス

【空手道部】第52回関西学生空手道個人選手権大会

| トラックバック(0)
日時:2018年4月29日
場所:兵庫県立総合体育館
主催:全日本空手道連盟

試合結果


男子組手:飯島勢(商1)3位、福本隆稀(商3)ベスト8
女子組手:尾立佳菜子(商2)優勝、住友優里(スポ4)準優勝、沖田理奈(スポ4)ベスト8、瀬戸口稀美(文情3)ベスト8、瀬戸口文音(文情1)ベスト8
男子形:舟久保絢哉(商3)準優勝、藤田心(スポ3)ベスト8
女子形:清水那月(スポ3)優勝、住友優里(スポ4)準優勝、南本愛良(スポ4)3位

大学空手道界、今シーズン最初の公式戦、第52回関西学生空手道個人選手権大会が兵庫県立総合体育館にて開催された。
同志社からは、新1回生の2名を含む16名が出場し、2種目(女子組手-61㎏尾立佳菜子・女子形清水那月)で優勝を収めた。

女子形決勝では、それぞれのブロックで予選1位通過した清水那月(スポ3)と住友優里(スポ4)の同志社対決。

結果は5-0で清水の勝利となった。

2018_0521_2.jpg
清水那月:スポ3

2018_0521_3.jpg
住友優里:スポ4


今大会、住友は組手の部でも決勝に上がり、近畿大学の藤田純里選手と対決。

両者共に攻め合うも、なかなかポイントにならず、試合中盤、中段突きが合い突きになり、わずかな差で藤田が先取し、続いて上段突きを決められ2-0。その後、相手をコーナーに追い詰め、見事な中段突きを決め1ポイントを返し、続けて上段突きを決め2-2の同点。試合時間も残りわずかとなったところで相手の上段突きが決まり3-2で試合終了となった。

形、組手ともに準優勝という好成績を収めたが、住友にとっては課題の残る試合となった。

2018_0521_4.jpg
そして、今大会初出場の飯島勢(商1)にも注目が置かれた。

飯島はー60kg級での出場。4回戦まで順調に勝ち上がり、準決勝で、2017年の世界アンダー21選手権大会組手ー60kg級で優勝した近畿大学の小崎友碁選手との対戦となった。
双方序盤から仕掛け合い、接近した後の離れ際に小崎の上段突きがきまり、先取を取られたが、その後すぐ、コーナーへつめて相手が蹴ってくるのと合わせて見事な上段突きを決め、同点となった。その後も両者引け目を取らない接戦となったが、4-1で小崎の勝利となった。

今後のさらなる活躍に期待したい。

2018_0521_5.jpg
飯島勢:商1

2018_0521_6.jpg
同志社大学体育会空手道部空洛会
広報部 永田恵未

【ソフトボール部】5/13 春季関西学生リーグ、1部昇格!

| トラックバック(0)
■雪辱果たし1部昇格!:ソフトボール部
第50回春季関西学生リーグ (2018年5月13日)
http://doshisha-atom.net/headline/result.php?linkno=33&no=2859
同志社スポーツアトムWEB

2018_0521_04.jpg

■激闘を制し期待のルーキーが優勝:弓道部
第57回京都学生弓道選手権大会 (2018年5月12日)
http://doshisha-atom.net/headline/result.php?linkno=20&no=2873
同志社スポーツアトムWEB

2018_0521_03.jpg

■近大に敗れ準優勝:アーチェリー部
第53回関西学生アーチェリーリーグ戦優勝決定戦 (2018年5月6日)
http://doshisha-atom.net/headline/result.php?linkno=12&no=2861
同志社スポーツアトムWEB

2018_0521_02.jpg

【ソフトテニス部】5/3関西学生春季リーグ3連覇達成!

| トラックバック(0)
■春季リーグ三連覇達成!!!:ソフトテニス部
平成30年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦 (2018年5月3日)
http://doshisha-atom.net/headline/result.php?linkno=32&no=2855
同志社スポーツアトムWEB

2018_0521_01.jpg

【卓球部】関西学生卓球リーグ女子、全勝優勝(9シーズンぶり)!

| トラックバック(0)
平成30年度春季 関西学生卓球リーグ戦が、4月28日から5月13日まで開催されました。
女子1部リーグで同志社大学が2016年秋季リーグ以来3シーズンぶり8回目の優勝(全勝)で王座奪回しました。

全勝同士の最終戦の相手は全日本大学ランクインチームで個人成績でも関西学生界で4人のトップ選手を擁し、昨年春・秋リーグとも敗れている神戸松陰女子大学でした。

結果、主軸の朝田茉依(商3)・塩見紗希(商2)と、倉嵜 文(社4)と赤川真生(経2)の活躍で勝利しました。
倉嵜・赤川は金星に値する勝利でした。

同志社は昨年エースの政本ひかり選手が卒業し部員も少ない中での、強豪1部リーグ各校との対戦でしたが全員の力で取りこぼすことなく全勝優勝することができました。

7戦全勝での優勝は、2013年秋リーグ以来9シーズンぶりです。

殊勲賞(優勝に貢献選手)・優秀選手賞(7戦全勝選手)に朝田茉依、ダブルスのベストペア賞(最多勝利ペア)に朝田茉依・塩見紗希ペアが選ばれました。

2018_0515_01.jpg
ベストペア賞

2018_0515_02.jpg
殊勲賞

2018_0515_03.jpg
優秀選手賞(7戦全勝選手)の朝田茉依

2018_0515_04.jpg
卓球部監督 久保 陽
写真提供:関西学生卓球連盟

【馬術部】「第49回関西学生新人馬術大会」でも団体準優勝!!

| トラックバック(0)
5月3~4日、「第53回全関西学生馬術大会」と同時開催の「第49回関西学生新人馬術大会」でも団体準優勝した。
本年新入の長野天祐は一日目の<新人馬場>では5位に甘んじた。二日目の<新人障害>では、長野と田中奈慧の2人馬が減点0でジャンプオフに進出(15人馬)。 田中奈慧は惜しくも1落下を喫したが、長野は巧みなコース取りでタイムレースを制し優勝した。

新人馬場


長野天祐(商1)&ジャックスパロウ   57.142% 5位
田中奈慧(心理2)&エキゾーストノート  56.713% 8位

新人障害


長野天佑(商1)&ミキノティータイム 減点0 (ジャンプオフ 31.58秒) 優勝


2018_0515_14.jpg
長野天佑(商1)&ミキノティータイム 新人障害 優勝

2018_0515_16.jpg
各地から駆けつけていただいた応援団と共に!


同志社大学馬術部総監督
市村 元一

【馬術部】「第53回全関西学生馬術大会」総合4連覇に向けて 2日目

| トラックバック(0)
(2日目)...で1・2位を独占しポイントを大きく稼ぎ、見事団体総合優勝し4連覇を遂げた!!
2日目の序盤は、前年優勝した<複合馬術><馬場馬術B>で連覇を目指したが、共に5位~6位に終わり、前年から大きくポイントを減らした。その為この時点で団体総合ポイントは各校接戦の状況で総合優勝の行方は混沌となった。

複合馬術


縄田雄飛(スポ健4)&ジャックスパロウ 総減点46.5 5位
(1日目:障害減点8、二日目:馬場減点38.5 総減点46.5)

馬場B


増渕美和(法3)&ジペット・ディ・グラル   57.8000%
  5位
荒木梨花(商4)&コスミックC      57.400%  6位

第8競技<MB障害>は本大会最高難度であったが、同志社から3人馬が出場。期待された1番手の荒木梨花は4落下を喫してしまう。この競技で上位を獲らなければ4連覇が危うくなる大変なプレッシャーが残る下級生2人に掛かってしまった。この二人とも馬とのコンビは1年に満たず、またMB障害の難度もほとんど経験が無かったが見事に減点0でゴールし、同志社2人馬、甲南1人馬のジャンプオフ対決となった。ジャンプオフでは第一走者の甲南大学が思わぬ経路違反で失権し、優勝決定戦は同志社同士となったが田中が減点0、高橋が惜しくも1落下し、この競技も田中蒼が制した。これにより同志社は1位(田中蒼)・2位(高橋勇人)・6位(荒木梨花)が確定し大量19ポイントを獲得、総合4連覇を決定させた。

MB障害

田中蒼(商2)&BIZザミーラ (減点0) 優勝 (ジャンプオフ 減点0)
高橋勇人(スポ健1)&スフィーダ (減点0) 2位 (ジャンプオフ 減点4)
荒木梨花(商4)&ミスティカル (減点16) 6位


2018_0515_10.jpg
田中蒼(商2)&BIZザミーラ MB障害 優勝
ジャンプオフでも見事減点0でゴールしMCに続いて優勝した。

2018_0515_11.jpg
高橋勇人(スポ健1)&スフィーダ MB障害 2位
ジャンプオフで惜しくも1落下し、惜しくも田中蒼に競り負けた。

2018_0515_12.jpg
荒木梨花(商4)&ミスティカル MB障害 6位
昨年この種目2位の実績を持つ人馬だが少し気負い過ぎたか4落下を喫した。

2018_0515_17.jpg
MB障害表彰式後にウィニングランする田中蒼&BIZザミーラ


第10競技は、10人馬が減点0の激戦となった。馬歴の浅い尾崎洸紀だが、2頭共に無過失でゴールし見事2位・4位に入賞した。

LB障害


尾崎洸紀(文3)&ミキノティータイム  45.98秒 2位
尾崎洸紀(文3)&エギゾーストノート  48.52秒 4位

2018_0515_13.jpg
尾崎洸紀(文3)&ミキノティータイム LB障害 2位

団体成績

優勝 同志社大学 66点
2位 立命館大学 44点
3位 関西大学 34点
4位 甲南大学 24点
5位 京都産業大学 23点


2018_0515_15.jpg
団体総合優勝(4連覇)し笑顔のチーム同志社

同志社大学馬術部総監督
市村 元一
第3競技<MD障害>には4人馬がエントリーしたが、荒木、縄田共に1落下し、甲南大学に1・2位を譲ってしまった。

MD障害

荒木梨花(商4)&メイショウジンム (減点4) 3位
縄田雄飛(スポ健4)&ホワイトベル (減点4) 4位


2018_0515_6.jpg
荒木梨花(4回生)&メイショウジンム MD障害3位入賞

2018_0515_7.jpg
縄田雄飛(4回生)&ホワイトベル MD障害4位入賞


第4競技<MC障害>はMDより難易度は高いが、1~2回生の活躍で上位をほぼ独占し大量のポイントを稼いだ。特に田中蒼&BIZザミーラ、高橋勇人&スフィーダの走行は安定感のあるパーフェクト走行で、今後の主戦力として大きく期待できる内容であった。

MC障害

田中蒼(商2)&BIZザミーラ (減点0、20.05秒) 優勝
高橋勇人(スポ健1)&スフィーダ (減点0,22.18秒) 3位
田中蒼(商2)&Cセリカ (減点0,26.24秒) 4位
伊藤千畝(社会1)&クワイトハッピー (減点0,26.81秒) 5位


2018_0515_8.jpg
田中蒼(商2)&BIZザミーラ MC障害優勝
LA障害では1反抗をとられたが、MCでは見事無過失でゴール。個人競技初優勝!

2018_0515_9.jpg
高橋勇人(スポ健1)&スフィーダ MC障害で3位入賞
LA障害でも減点0で走行し、安定感を見せる。

同志社大学馬術部総監督
市村 元一
平成30年5月3日~4日、三木ホースランドパークにて「第53回全関西学生馬術大会」が開催された。
本年は2015年全日本学生優勝メンバーが残る最後の年であり、また実力を高めてきた2回生や有力新入部員も加わり層の厚くなった<チーム同志社>の緒戦となりました。
しかし、MB障害で昨年優勝したコンエアー号が脚の故障で本大会欠場、クインターナ号は調整不足でMB障害欠場の状況となり、2年目を迎えた田中蒼や新入部員の高橋勇人・長野天祐・伊藤千畝・幣内結衣がどれだけチームに貢献できるかが注目ポイントとなりました。

また、大会初登場の馬匹<ジペット・ディ・グラル><BIZザミーラ><ゼレナVDL>を選手がどう乗りこなせるかもポイントの一つでした。
そして、何よりも2015年より連覇を続けている本大会で<4連覇>を成し遂げることです。

所属馬匹 全21頭を馬運車4台で大移動することになりましたが、これも<全日本学生優勝>を目指す本田監督やコーチ、部員の本大会優勝にかける強い思いの表れでした。

主要な競技成績


■(1日目)...障害3種目全てでポイントを獲得。4連覇に向けて大きく歩を進めた!

団体総合4連覇を目指す同志社にとって、第1競技<LA障害>には団体3チーム(14人馬)をエントリーし万全の体制で臨みました。一番手の同志社Aは減点0、178.79秒(上位3名合計)で慎重に走行。2番手の同志社Bはタイムを意識した積極走行により減点0、167.89秒で上位3チームを抜き一気に1位に躍り出る。最後の出番、本命の同志社Cは優勝を狙ったが少しのミスで減点4を喫してしまい、同志社Bの優勝が決定した。

LA障害団体

同志社B (減点0,167.89秒) 優勝
同志社A (減点0、178.79秒) 4位
同志社C (減点4) 5位


LA障害個人


荒木梨花(商4)&ミスティカル 減点0 3位


2018_0515_1.jpg
荒木梨花(商4)&ゼレナVDL LA団体優勝(同志社B)
ゼレナVDLは学生の試合に初登場、減点0で見事ゴールした。

2018_0515_2.jpg
伊藤千畝(社会1)&クワイトハッピー LA団体優勝(同志社B)
小柄ながら見事な走行で、減点0でゴール。

2018_0515_3.jpg
中村優太(商3)&エキゾーストノート LA団体優勝(同志社B)
少々力んだか、3落下し減点12を喫す。

2018_0515_4.jpg
尾崎洸紀(文3)&ミキノティータイム LA団体優勝(同志社B)
大学から始めたが見事減点0でゴールし優勝に貢献。

2018_0515_5.jpg
縄田雄飛(スポ健4)&ジャックスパロウ LA団体優勝(同志社B)
本年度主将の縄田は安定した走行で減点0でゴールした。


同志社大学馬術部総監督
市村 元一

月別 アーカイブ